5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真・女神転生U☆自由魔界同盟Q 4身合体

1 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 09:51:17 ID:iVOHKQ9b
          ( \
          (\\
           ( \\             SHIN. DIGITAL DEVIL STORY
            (\\\
            (\\\\
            (\\\\\        真・女神転生U ☆自由魔界同盟Q
   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\| ||
    ̄( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \\
     ( ̄ ̄////⌒\  ∧Ω∧      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ̄(////⌒\\( ´∀`)    <   我は魔王モナファー
         (/(/// ̄ ノ⊃ つ      \_____________
 / /           /⌒| | |
     /  / /      ノ ノ ノ
              ミ☆ (__ノ ) Q彡

誰もが主役になれる、自分の人生。
正主人公だけが世界の事を考えている訳ではない。
ここは長編AA
真・女神転生U〜2chミレニアム〜 (Vol.2)
の更新をマターリと待ちながら、悪魔AA、小ネタの投稿
そして雑談などをする場所であります。

2 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 09:52:06 ID:iVOHKQ9b
関連スレ

本スレ 2chミレニアム〜 (Vol.2)
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1167657828/l50

前スレ 自由魔界同盟 3身合体
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1163760170/l50

過去ログが読める所
http://ms07b3.hp.infoseek.co.jp/dds/index.html

魔神転生2’ =SPIRAL MONASIS= 第弐界層
http://aa6.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1139856736/l50

真・女神転生 〜モナー戦争〜 RPG化計画 (RPGツクール2000)
http://o-tokage.hp.infoseek.co.jp/RPG/page/RPGtop.html

3 :エピソード131 1/15:2007/01/28(日) 09:52:42 ID:iVOHKQ9b

<モララビアの館>
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:;:;:::;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;::;;:;;::;;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;;;:;::;:;: /ハヽ ;;:;:;;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;::;; i'l/li|;;;; 只 :;:;::;:;:;:;:;:;:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;
;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;::;:;; |lllIIトLLLヒー、i! ;:;:;;:;::;;:;:;::::;;:;:;:;:;:;:;:;;:;::::::;:;;:;:;:;;:;:;:.::;:
;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,、,、__|lll| i`三三囲'i'il1_i!__i!,、:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;
;:;:;::;::;;:;;:;:;::;:;::; i囲x .!;;;IIロ|[| トrrrrトHlHlhihihi1:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:
:::: :::: :::: :::: :::: | []X]|[ IIロ|囲| | | |´l l l l|,,||囲|;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:: ::::: ::::: : :. ,,,|ト.LL.![[[ | ,;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,i,;,''";;,,  :::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::
:::::,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒゛"''⌒''' ⌒;:;"⌒^^ ;:;⌒ヾ⌒   ⌒^;;) :::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:
      トンカン、トンカン       ガガガガガ…

4 :エピソード131 2/15:2007/01/28(日) 09:53:17 ID:iVOHKQ9b

│モラ様!お帰りなさい!
│先日の本に基づいたプログラム
│完成しましたよ。
└───v─────v─────
               │でかしたぞ。
               └───v──
  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l            __
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ           '"o-o ヽ、
   /.|l−l|ヽ    /.|l−l|ヽ          ((゙"))ノノ l
   ∪〉=〈∪   ∪〉=〈∪   _/\_  リ´∇`リb |
    〈______〉     〈______〉   .\<0> /  u''u_ヽ从
     i_ll_i       .i_ll_i      |/\|    ~UU~

5 :エピソード131 3/15:2007/01/28(日) 09:53:54 ID:iVOHKQ9b

             │このプログラムは、どんな機能があるの?
             └─────────v─────────
│アイテムを整理整頓できるみたい。
└───v─────v──────
               │何に役立つんだ?
               └────v────
│さあ?色々試すかググって下さい。
└───v─────v──────
  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l            __
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ           '"o-o ヽ、
   /.|l−l|ヽ    /.|l−l|ヽ          ((゙"))ノノ l
   ∪〉=〈∪   ∪〉=〈∪   _/\_  リ´∇`リb |
    〈______〉     〈______〉   .\<0> / ⊂''u_ヽ从
     i_ll_i       .i_ll_i      |/\|    ~UU~

6 :エピソード131 4/15:2007/01/28(日) 09:54:36 ID:iVOHKQ9b

│あっそうだ、メデューサの姉恐怖症も
│克服させた方が良いな。
└───v────────────
        │うん、CALL…
        └───v───
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/ ⊂''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

7 :エピソード131 5/15:2007/01/28(日) 09:55:12 ID:iVOHKQ9b

     │…と言う訳で、ガンガレ!
     └─────v──────
│氏ねって事ですか?
└───v──────
       │な〜に、姉たちも気の弱いお前を
       │心配して、ワザと強く当たってるだけだ。
       └────v────────────

   /⌒l⌒ヽ                       . '"⌒ヽ ガンバ!
   | ,ノ゙"ヽ |              __.      | ノ"゙ヽ |      _____
   ノ l;゚ー゚l.l             '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
  ( /)⌒⌒)>           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   (.U(〉=〈     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   )ノ人_l     \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
.    i_/ l_j       |/\|   ~UU~               大 U .U 大

8 :エピソード131 6/15:2007/01/28(日) 09:55:49 ID:iVOHKQ9b

│メデューサ、部屋の掃除と洗濯
│あと、アレとコレとソレと…
│お・ね・が・い・ね(はぁと)
└──v──────v─────

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩   /⌒l⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l   .| ,ノ゙"ヽ |
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ   | l゚ー゚;l. ヽ
   /.|l−l|ヽ    /.|l−l|ヽ    (⊃⊂ニ ) )
   ∪〉=〈∪   ∪〉=〈∪    〉=〈) )
    〈______〉     〈______〉     .l_人ヾ
     i_ll_i       .i_ll_i      l_j l_j

9 :エピソード131 7/15:2007/01/28(日) 09:56:24 ID:iVOHKQ9b

               │御自分達でやって下さい!
               └─────v──────

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩    /⌒l⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l    .| ,ノ゙"ヽ |
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ    | l゚ー゚;l. ヽ
   /.|l−l|ヽ    /.|l−l|ヽ   ⊂ニ(⌒⌒(ヽ )
   ∪〉=〈∪   ∪〉=〈∪     〉=〈)U)
    〈______〉     〈______〉      l_人ヾ
     i_ll_i       .i_ll_i       i_/ l_j

10 :エピソード131 8/15:2007/01/28(日) 09:57:02 ID:iVOHKQ9b

                    │………
                    └──v───

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩    ./⌒l⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l.〈从从 l l    .| ,ノ゙"ヽ |
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リ リ゚ヮ゚リノリ    | l゚ー゚;l. ヽ
   /.|l−l|ヽ    /.|l−l|ヽ     (⊃⊂ニ ) )
   ∪〉=〈∪   ∪〉=〈∪     〉=〈) )
    〈______〉     〈______〉      .l_人ヾ
     i_ll_i       .i_ll_i       l_j l_j

11 :エピソード131 9/15:2007/01/28(日) 09:57:38 ID:iVOHKQ9b

                     人从人从人从人从人从人
                    <               >
                    < や、やっぱりダメ〜   >
                    <               >
                     ⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒Y

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩          /⌒l⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l.〈从从 l l          | ,ノ゙"ヽ |
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リ リ゚ヮ゚リノリ          ノ l;゚ー゚l l
   /.|l−l|ニ⊃⊂ニ|l−l|ヽ    ─── ( /)⌒⌒)つ
   ∪〉=〈  グッ! .〉=〈∪  ───    (.U(〉=〈
    〈______〉     〈______〉     ──   )ノ人_ヽ
     i_ll_i       .i_ll_i             (/  (/

12 :エピソード131 10/15:2007/01/28(日) 09:58:17 ID:iVOHKQ9b

            │強きもの、ステンノ!
            └────v─────
                          ブンブン
                 .∩=ニ  ニ=∩
        ∩=ニニ=∩  .l.〈从_三__从〉.l ∩=ニニ=∩
        .l l 从从〉.l   リ リ゚ヮ三ヮ゚リ リ .l.〈从从 l l
(( ⊂ニl⌒⊂ニリゝリ゚ヮ゚リニ⊃⊂ 三三三 ⊃⊂ニリ゚ヮ゚リノリニ⊃⌒lニつ ))
     ̄ ̄ ̄   ̄ ̄   / /三 \ \     ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
               (_(_ 三 _)_)       彡
         グリングリン

13 :エピソード131 11/15:2007/01/28(日) 09:58:56 ID:iVOHKQ9b

<トペ・アインツベルン>
                 ∩=ニニ=∩
  ∩=ニニ=∩        l l 从从〉l
  .l l 从从〉.l      (ヽ,ヘリゝリ゚ヮ゚リリ
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ     ⊂〈_(_(つーノつ
   (ニつニつ 彡
    \\ \   バッ!
     (_)_)

14 :エピソード131 12/15:2007/01/28(日) 09:59:35 ID:iVOHKQ9b

                │飛翔のエウリュアレ!
                └────v─────

         ───          .∩=ニニ=∩
          ───   ───  l l 从从〉l
      ───     ─── (ヽ,ヘリゝリ゚ヮ゚リリ
           ── ─── ⊂〈_(_(つーノつ

15 :エピソード131 13/15:2007/01/28(日) 10:00:14 ID:iVOHKQ9b

                            .∩=ニニ=∩
                       ──  l l 从从〉l   ドカッ!!  ミ
                         .(ヽ,ヘリゝリ゚ヮ゚リリ\从/(( (\    ミ
                    ──  ⊂〈_(_(つーノつ  そ  \/ヽ 
                                 /W'ヽ⊂ニ/_

16 :エピソード131 14/15:2007/01/28(日) 10:00:56 ID:iVOHKQ9b

                                     <吸血>
 うわぁぁぁぁぁ…                   ペロペロ…カプッ
     __                     チュウチュウ…        あああ・あ・あ・あ…
   . '" o-oヽ                                : ∩ :
   |☆((゙")ノノ                      .∩=ニニ=∩  : | | :  ∩=ニニ=∩
   | c;´∇`リ _/\_                  .l l ┏━━━━━━━━━━━━━
  .从/_u''u、 \.;<0>/               (ヽ,ヘリゝ┃KEEP OUT  KEEP OUT
    ~UU~    .|/\|              ⊂〈_(_(┗━━━━━━━━━━━━━

                                  HPダメージ :−8
                                  精神ダメージ:カンスト中

17 :エピソード131 15/15:2007/01/28(日) 10:20:05 ID:iVOHKQ9b

│さ、さてと、これからだけど
└───v────────
       │そうだな、モナ坂の
       │激しくドヴェルガーの
       │所だな。
       └───v──────
     __
   . '" o-oヽ  聞えな〜い、聞えな〜い
   |☆((゙")ノノ
   | c;´∇`リ _/\_       ヒィィィィ〜〜お姉さま達、お許しを〜〜
  .从/_u''u、 \<0>;./        あ・あ・あ・あ・あ…
    ~UU~    .|/\|

エピソード132へ

18 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 10:58:49 ID:M5+qbCED
スレ立て並びに更新乙であります!


19 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 11:12:13 ID:ebOr6Bog
( ・∀・)<エロイな

20 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 13:08:36 ID:pFcjYlBm
僕のSAN値も1D6減少しそうです

21 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/28(日) 21:19:54 ID:DW6LsSPZ
ってか助けてやれよw

22 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/29(月) 10:46:08 ID:5RxAEFpY
サキュバスと比べてこの双子は単に悪いだけかw

23 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/29(月) 11:38:41 ID:9qXvrSxw
エロいんじゃね?

24 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/29(月) 17:18:38 ID:Bw/a2wRU
エロすw

25 :エピソード132 1/17:2007/01/30(火) 21:24:16 ID:CvMJxaKo

<ろっぽんぎー>

       ,___,,..
      ./Wロロロロλl
     |ロロロロロロロζ|     .┌──、_,
       ξロロロロロ ;,,||     ,.l|____くz.
      . |ロ■!ロロロi.ζ|  l.   |##三三三三|
.       |ロロロロロi;,"||..,,..‖   |==========|
λ,  ,.ξ :::::;;,,:::::::;;;;;::::::::/ィ/Wu.!;,I三三三;#;;|
| └‐┘l|           |「「「「「「「|;,| ;;;;;::::::::;;;;;;:::::::;;::::,,,,
|「「「「;#《  ,,..,,...,.、   .|「「「「「「「|;,|     ___
|「「「「「「|//;く‐-=ヾ   |■「「「「「|;,|    トr‐イ ..::::::,,...
]「";;「「「〈#《〈〈,,,..丶\  |「「「「「「「|;,|
;;;::::::;;::::,,,|「「「「「「「「|l.  |「「「「■「|;,|   /‰F
     |■「「「「「「|l.   |「「「「「「「|;,| // ;;:V从ゝ
     |「「「「「「「#;l  :::;;;;;;;:::;;;;;:;;;;;:;;;:::;;,,,.. [:.μ::;;::;:へへ
     |「メ;;;「「「「「|l

26 :エピソード132 2/17:2007/01/30(火) 21:24:59 ID:CvMJxaKo

           │ちくしょうめ、あの妖精め!
           │すみませんキョウジさん、
           │危ない所を助けて頂いて…
           └─────v──────
│あんな、妖精ごときに
│遅れを取りやがって。
│テメーはしばらくここで休んでろ。
└──v───────────
              .'⌒⌒丶____             ハ_ハ
              (从 从 i|OO|;.|(( (V) ))      (__†___r〜
   ∧_∧       パ- ゚< ./|ww,!w|(ロ_ロ__)      (´∀` )
  ( ´∀`)      (/ \†∪   ∪/ \†ヽ      (/ \†ヽ
  (  <y> )      .〉=ニ== | | | 〉=ニ==∪ヽ     〉=ニ==∪ヽ
  | | |       .| | |(_(__)| | |〜'     | | ∧::∧
  (__)_)       (_(__)     (_(__)      (_(__ミ,,゚Å゚彡
                                        ~~~~

27 :エピソード132 3/17:2007/01/30(火) 21:25:38 ID:CvMJxaKo

   ∧_∧
  ( ´∀`)<lll三o]
  (  <y> つ    スッ…
  | | |
  (__)_)

28 :エピソード132 4/17:2007/01/30(火) 21:26:16 ID:CvMJxaKo

<SUMMON_モナ94L>

     ( \       / )
     (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
     (ニ(_(     )_)ニ)
      \ 0‐oー'ーノ彡、
         〉 全 〈 ヽつ
        | |> >
        (__)|_/
        i  i   i
         i   i
          i i

   ∧_∧  ヽ二V二l
  ( ´∀`)<lll≡〃  パカッ
  (  <y> つ
  | | |
  (__)_)

29 :エピソード132 5/17:2007/01/30(火) 21:26:54 ID:CvMJxaKo

│オイ、その首をモナ94Lに渡しな。
│モナ94Lは、それをセンターの
│アイツのもとへ届けるんだ。
└──v───────────

          ( \       / )     ハ_ハ
          (\ 〉.∧_∧ 〈 /)    .(__†___r〜
   ∧_∧   (ニ(_(     )_)ニ)    (´∀` ) て、天使様だぁ〜
  ( ´∀`)   \ 0‐oー'ーノ彡、   ⊂(/ \†ヽ
  (  <y> つ     〉 全 〈 ヽつ∧::∧  〉=ニ==∪ヽ
  | | |      | | |   ミ,,゚Å゚彡 | | |〜'
  (__)_)     (__)_)   ~~~~  (_(__)

30 :エピソード132 6/17:2007/01/30(火) 21:27:34 ID:CvMJxaKo

│お前らは、センターでは死亡扱いだ。
└──v─────────────
           │そんな!
           └──v───
│しばらくは、キングレオの面倒見てな!
│そのうち、俺が上手く取り計らってやる。
│じゃあな、あばよ!
└──v──────────────
              .'⌒⌒丶              ハ_ハ
              (从 从 i     (( (V) ))   (__†___r〜
   ∧_∧       パ- ゚< ./    .(ロ_ロ__)   (´∀` )
  ( ´∀`)      (/ \†ヽ    (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
  (  <y> )      .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  | | |       .| | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
  (__)_)       (_(__)    (_(__)   (_(__)

31 :エピソード132 7/17:2007/01/30(火) 21:28:12 ID:CvMJxaKo

<センタービル>

         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|

32 :エピソード132 8/17:2007/01/30(火) 21:28:52 ID:CvMJxaKo

   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::┌──────────────────┐:::::::l┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::│ザインめがファクトリーの開放などと称し、 │:::::::l┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::│悪戯にミレニアムで暴れまわっている。 .. │:::::::l┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::└───────v──────────-┘:::::::l┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
    |二二二二 ┃|二二┃|ニ/⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ ..ニ|┃二二 |┃ 二二二二|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|:: ( /∀)   (/∀ヽ)   (   ).... .::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::/ ヽ >   ( Y ノ   ノ   |┃..::.::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   /二二二二二ヽ二二二/   uu ヽ  ノ∪∪ヽ  (    ) 二/二二二/二二二二二ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;/.:::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;/.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;/::::::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ:::::::\;;;;;;;;;;;;

33 :エピソード132 9/17:2007/01/30(火) 21:29:31 ID:CvMJxaKo

│見過ごしていて良いのですか?
└──v───────────
     │今しばらくはな、いずれ始末をつける。
     └──────v──────────

      /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ
     ( /∀)   (/∀ヽ)   (   )
     / ヽ >   ( Y ノ   ノ   |
    /   uu ヽ  ノ∪∪ヽ  (    )

34 :エピソード132 10/17:2007/01/30(火) 21:30:10 ID:CvMJxaKo

│ギコダルフォンは?
│なにやら我らに隠れてコソコソと…
│目に余りますぞ。
└──v────────────
     │チッ…忌々しいが、ヤツめ!
     │「ガーディアンシステムを止めましょうか?」と
     │脅してきよった。
     │そんな事されたら、テンプルモナイツは使い物に
     │ならん。魔法が使えるのは「神の威光」なのだからな。
     └──────v────────────────

      /⌒ヽ    /⌒ヽ    /⌒ヽ
     ( /∀)   (/∀ヽ)   (   )
     / ヽ つ   ( Y ノ   ノ   |
    /   u  ヽ  ノ∪∪ヽ  (    )

35 :エピソード132 11/17:2007/01/30(火) 21:30:49 ID:CvMJxaKo

     │ヤツはミレニアムには実体化してこないハズ。
     │実際に動いているのは、ヤツの派に属する
     │下級天使、何とでも出来る。
     │それに…
     └──────v──────────────


            ./⌒ヽ
            (/∀ヽ)
      /⌒ヽ   /   ヽ   /⌒ヽ
     ( /∀)   |     |   (   )
     / ヽ >   |    |   ノ   |
    /   uu ヽ .|    |  (    )

36 :エピソード132 12/17:2007/01/30(火) 21:31:28 ID:CvMJxaKo

   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|::::::┌───────────────┐..::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|::::::│我らにこそ、神は味方している!  │..::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|::::::└───────────────┘..::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|:: /⌒ヽ    /⌒ヽ   /⌒ヽ    :|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::(/∀ヽ)   (/∀ヽ)  (/∀ヽ)    |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
    |二二二二 ┃|二二┃| /   ヽ   /   ヽ  /   ヽニ. |┃二二 |┃ 二二二二|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |   |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |  :: |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   /二二二二二ヽ二二二 .|     |    |    |.   |    |二二/二二二/二二二二二ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;/.:::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;/.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;/::::::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ:::::::\;;;;;;;;;;;;

37 :エピソード132 13/17:2007/01/30(火) 21:32:19 ID:CvMJxaKo

                      、 -‐ ‐ - . 、     呼ばれて飛び出て、
                     /          ".i 、   ジャジャジャジャーン!
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃./i             i ヽ  |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃i i              i i |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃i .i              .i i |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃i ノ.      .i.     ...i. .i /i┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::   iヽ'..  .   、ヾi /     ヽ/` i┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  .i.  〉、__ 、.,__,ゝメ,__,.、 -ェ'. ..i┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ...i  `'ー--‐''´i レ`'‐-‐'´ i  i┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::   . i´ヽ     ,   ヽ.,_, -‐'  ,ノ┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃ゝ.,iヽー ..入    ,k'     i .|┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃| i/  i´  `""`  ´yヽ  i ..|┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃| i . γ -ニ二ニ=-`' .ゝi.. |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|  '、    ー-‐''    ノ   l┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|   ゝ.,       .,t'`    |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|    `''ー - ‐'"      |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|:: /⌒ヽ    /⌒ヽ   /⌒ヽ    :|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::(/∀ヽ)   (/∀ヽ)  (/∀ヽ)    |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
    |二二二二 ┃|二二┃| /   ヽ   /   ヽ  /   ヽニ. |┃二二 |┃ 二二二二|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |   |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |  :: |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   /二二二二二ヽ二二二 .|     |    |    |.   |    |二二/二二二/二二二二二ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;/.:::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;/.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;/::::::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ:::::::\;;;;;;;;;;;;

38 :エピソード132 14/17:2007/01/30(火) 21:33:02 ID:CvMJxaKo

                       , 、 -‐ ‐ - . 、
                       /          ".i 、
                     ./i             i ヽ
                      i i              i i
                     i .i              .i i
                   i ノ       i      i .i /i
                  iヽ'      、ヾi /     ヽ/` i
                  i  〉、__ 、.,__,ゝメ,__,.、 -ェ'  i
                  .i  `'ー--‐''´i レ`'‐-‐'´ i  i
                   i´ヽ     ,   ヽ.,_, -‐'  ,ノ
                     ゝ.,iヽー ..入    ,k'     i
                    i/  i´  `""`  ´yヽ i
                     i . γ -ニ二ニ=-`' .ゝi
                        '、    ー-‐''    ノ
                           ゝ.,       .,t'`
                           `''ー - ‐'"
    あれ?受けてなーい!
    やはりこのセンスは、君たちには早すぎたようだ。
    でも、君たちの子供はきっと大好きになるよ。(byマーティ・マクフライ)

39 :エピソード132 15/17:2007/01/30(火) 21:33:43 ID:CvMJxaKo

        │おお、神よ!偉大なる我らの、支配者よ!         │
        │今こそ裁きの鉄槌を!                        │
        │正義がどこにあるかを、愚民共に解らせる時です!  .│
        └───────────────────────┘

   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|:: /⌒ヽ    /⌒ヽ   /⌒ヽ    :|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::(    )   (    )   (   )    |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
    |二二二二 ┃|二二┃| /   ヽ   /   ヽ  /   ヽニ. |┃二二 |┃ 二二二二|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |   |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |  :: |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   /二二二二二ヽ二二二 .|     |    |    |.   |    |二二/二二二/二二二二二ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;/.:::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;/.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;/::::::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ:::::::\;;;;;;;;;;;;

40 :エピソード132 16/17:2007/01/30(火) 21:34:28 ID:CvMJxaKo

                       , 、 -‐ ‐ - . 、
                       /          ".i 、
                     ./i             i ヽ
                      i i              i i
                     i .i              .i i
                   i ノ       i      i .i /i
                  iヽ'      、ヾi /     ヽ/` i
                  i  〉、__ 、.,__,ゝメ,__,.、 -ェ'  i
                  .i  `'ー--‐''´i レ`'‐-‐'´ i  i
                   i´ヽ     ,   ヽ.,_, -‐'  ,ノ
                     ゝ.,iヽー ..入    ,k'     i
                    i/  i´  `""`  ´yヽ i
                     i . γ -ニ二ニ=-`' .ゝi
                        '、    ー-‐''    ノ
                           ゝ.,       .,t'`
                           `''ー - ‐'"
    あのね、漏前ら
    俺に頼ってないで、自分でやったら?
    Heaven helps those who help themselves.
    って言うじゃな〜い?
    でも、このネタ古すぎですから…残念!!

41 :エピソード132 17/17:2007/01/30(火) 21:35:06 ID:CvMJxaKo

       │神は我らに言われたぞ!お前たちこそがやるべきだと。 │
       │他の誰でも無く、我々こそがやるべきだと!         │
       │神の意思に従い、正義を実行するのは我々なのだ!     |
       └────────────────────────┘

   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::  ┃|               |┃  ::|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|:: /⌒ヽ    /⌒ヽ   /⌒ヽ    :|┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::(/∀ヽ)   (/∀ヽ)  (/∀ヽ)    |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
    |二二二二 ┃|二二┃| /   ヽ   /   ヽ  /   ヽニ. |┃二二 |┃ 二二二二|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |   |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   |:::::::::::   ┃|:::::::::::┃|::|    |   |    |  |    |  :: |┃:::::::::::|┃   :::::::::::|
   /二二二二二ヽ二二二 .|     |    |    |.   |    |二二/二二二/二二二二二ヽ
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;/.:::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヽ:::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;/.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;/::::::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ:::::::\;;;;;;;;;;;;

エピソード133へ

42 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/30(火) 22:20:42 ID:w+/CYLJb
更新乙であります!


43 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/30(火) 22:28:31 ID:/j8YFOr0
うーむ。本格的に本スレとパラレルになってきたな。

44 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/31(水) 00:08:17 ID:wKG4X9oX
本家メガテンにもLNCでルートあるしな

>>37
こんなカリスマゼロのフェイク作っちゃったらそら唯ちゃん怒るわ
実際には限りなく地に近いとしてもww

45 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/31(水) 00:12:44 ID:EZnCMFUW
乙であります

元老に都合のいいことしか言わない唯ちゃんか
ゲームの偽唯一神もそんな感じだったんだろうな

46 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/31(水) 13:44:25 ID:I6w7oAXK
ギコダルフォンって誰だったっけ?

47 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/01/31(水) 16:26:57 ID:WSW3YyVh
前スレ読みたまえ。

48 :キャラ相関図(LAW中心):2007/01/31(水) 20:48:16 ID:k/Ee8vDY

 ┌────────→  唯ch ─────────→サタン
 │                 .││ (全ての裁きを命じる)
 │偽唯ch        ┌──┘└─────────┐
 │  ↑       .│(見捨てる)         .(信頼)│
 │  └────┐│┌──→ガナリエル───┐ .│
 │  (心の安息)..│↓│(離反)         .(協力)│ .│
 │       ミカエモナー               ↓ .↓
 │       ウリエモナー  ←────── ギコダルフォン
 │       ラヒャエル      (監視)      ↓(腹心)└──┬──────┬─────────┐
 │          ↓(支配)             ギコネ       │(捨駒)      │(マスター     .(捨駒)│
 │       2chミレニアム              ↓        . ↓            ↓ と部下?)       .↓
 │          ↓             エデンプロジェクト メルキセギコ 名もない女剣士←→マイch 造魔
 │      メシアプロジェクト                      ↓(監視)     ↑│ (師匠弟子) ↑   ↓
 └───────────────────────→   モララビア ←──┘│         .│魔界攻撃
              (???)                      ↑    (???).│(大厄災預言)│
                                         .↓(友情)      .│         .│(???)
                                      ティターにゃん2.←──┘         .↓
                                      フッサール隊長 ←──────→アキch
                                          ↓         (???)
                                       第参真2ch
既にメルキセギコはいないが…。
???の部分に秘密が!
ギコトロンどこ逝った!?

49 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/01(木) 18:37:52 ID:VHUndVTq
ザインってなんだ

50 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/01(木) 18:48:45 ID:AJOvNn+i
真Uのモヒ漢

51 :エピソード133 1/19:2007/02/01(木) 21:22:54 ID:clGinrNd

<センター>                                        /
─────────────────────────────────
|==| /´ ̄ ̄ ̄`\...|==|  |==| /´ ̄ ̄ ̄`\...|==|  |==| /´ ̄ ̄ ̄`\...|==|
|  |..=============..|  |  |  |..=============..|  |  |  |..=============..|  |
|  | | ̄| | ̄| | ̄| |  |  |  | | ̄| | ̄| | ̄| |  |  |  | | ̄| | ̄| | ̄| |  |
|  | |‖| |‖| |‖| |  |  |  | |‖| |‖| |‖| |  |  |  | |‖| |‖| |‖| |  |
|  | |‖| |‖| |‖| |  |  |  | |‖| |‖| |‖| |  |  |  | |‖| |‖| |‖| |  |
|  | |_| |_| |_| |  |  |  | |_| |_| |_| |  |  |  | |_| |_| |_| |  |
|==|__________|==|_|==|__________|==|_|==|__________|==|_

    (!)
    ∨
                   __
   ∞  ̄ ヽ         ,'´r==ミ、
   /l ソ)ソンリ)         l 〈(从从)〉
   | |(l|゚ ー゚ノi         从(l|゚ ヮ゚ノリ 〜♪
   | .(li<†>i)         ⊂li<†>iつ
   |__|</_l_〉            </_l_〉西
     .ヒヒ!            .ヒヒ!

52 :エピソード133 2/19:2007/02/01(木) 21:23:32 ID:clGinrNd

          │
   ∞  ̄ ヽ │ミ
   /l ソ)ソンリ)┼
   | |(l|゚ ー゚ノi∩ スッ…
   |.⊂li<†>iノ
   |__|</_l_〉
     .ヒヒ!

53 :エピソード133 3/19:2007/02/01(木) 21:24:07 ID:clGinrNd

     │だ〜れだ?
     └──v───

                   __ うみゃ〜〜
        ∞  ̄ ヽ    ,'´r==ミ、
        /l ソ)ソンリ)    l 〈(从从)〉
        | |(l|゚ ー゚ノi    从(l|`ヮ´ノリ
        |.⊂li<†>iつ┼─⊂li<†>iつ
        |__|</_l_〉 ザクッ… .</_l_〉酉
         (/ ヽ)       ヒヒ!

54 :エピソード133 4/19:2007/02/01(木) 21:24:44 ID:clGinrNd

          │何するですかぁ〜!
          └─────v────
│オー、ソーリー。
│指先で軽く突付くつもりが、
│ただのミスティクです。
└───v────────
                   __
   ∞  ̄ ヽ          r===`、
   /l ソ)ソンリ)         〈(从从)〉 l
   | |(l|゚ ー゚ノi          リ`ロ ´|l)从
   | .(li<†>i)         .⊂i<†>ilつ─┼
   |__|</_l_〉         酉〈_l_ヾ>
     .ヒヒ!            ヒヒ!

55 :エピソード133 5/19:2007/02/01(木) 21:25:21 ID:clGinrNd

│MAI、最近付合いが激悪ですし、
│そのくせ、家に帰るのも遅いし
│お母さんも心配してましてよ。
└───v──────────
          │ああ…うん、ごめんね。
          │最近ちょっと色々あって。
          └─────v─────
                   __
   ∞  ̄ ヽ          r===`、
   /l ソ)ソンリ)         〈(从从)〉 l
   | |(l|゚ ー゚ノi          リ、゚д゚|l)从
   | .(li<†>i)         .⊂i<†>il)
   |__|</_l_〉         酉〈_l_ヾ>
     .ヒヒ!            ヒヒ!

56 :エピソード133 6/19:2007/02/01(木) 21:25:56 ID:clGinrNd

│それより、今週から始まる
│「天使異聞録ペルモナ」は
│ちゃんとウオッチして下さいませ。
└───v───────────
        │遂に放送だね、おめでとう。
        │エルーが主役演じてるんだもんね
        │家族揃って、絶対見るよ!
        └───────v───────
                   __
   ∞  ̄ ヽ          r===`、
   /l ソ)ソンリ)         〈(从从)〉 l
   | |(l|゚ ー゚ノi          リ、゚ヮ ゚|l)从
   | .(li<†>iつ        ⊂i<†>il)
   |__|</_l_〉         酉〈_l_ヾ>
     .ヒヒ!            ヒヒ!

57 :エピソード133 7/19:2007/02/01(木) 21:26:32 ID:clGinrNd

│それで、MAIにお願いがあるんですが、
│MAIのコンパクト貸して頂けません?
│小道具として使いたいんです。
└───v─────────────
          │でも、これは大事なものだし。
          └─────v───────
│デザインを移したら、すぐに
│返しますわ。ほんの1週間程。
│私くし達、親友でしょ。
└───v────────
                   __
   ∞  ̄ ヽ          r===`、
   /l ソ)ソンリ)         〈(从从)〉 l
   | |(l|゚ ー゚ノi          リ、゚д゚|l)从
   | .(li<†>i)         .⊂i<†>il)
   |__|</_l_〉         酉〈_l_ヾ>
     .ヒヒ!            ヒヒ!

58 :エピソード133 8/19:2007/02/01(木) 21:27:07 ID:clGinrNd

 ::::::::::::::::: _______________   ▲
 :::::::::::..: ||  / /                    ||  □]
 ::::::.: :   ||/ /                      ||   ▼  _____
 :::: :   || / __              ./ ||       |::: ___:::::|
        || ,'´r==ミ、   `ヽ '"⌒ ヽ  /  ||       |::::| 喫茶 l:::|
        || l 〈(从从)〉   ((从ハ )ミ§..    ||       |::::|アフロ .l:::|
        || 从(l|゚ ヮ゚ノリ    i、‐ ゚ リbハ>      l|       |::::|___|:::|
 ____|| ⊂li<†>iつ   ⊂〈丱i )    /.  ||       |◎ :::::::::::::::::..!
  (⌒;;;)| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| (⌒;;)  ̄| ̄ ||:::::::::::::::::::::::: |
 (  ;;;⌒;;)| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄(⌒;;;;;;  ;;) ̄ |:::::::::::::::::::::::: |
  , .,.;;;;( ,.,;;;;,) | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄(⌒;;`;´;`  ,;;;;.,. ,;;;;)___|:::::::::::::::::::::::: |
 三三三三三i/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三三三三三三i/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

59 :エピソード133 9/19:2007/02/01(木) 21:27:43 ID:clGinrNd

 │その本はマイちゃんが男子から
 │没収したものなのです。
 └─────v─────────────
              │「伝説巨乳 偉出夫ん」ですか。
              │いわゆる、得炉本ってやつですね。
              └───────v───────
          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉           ((从ハ )ミ§
     / /从(l|`ヮノリ  c▽  ̄ ̄▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\l⌒l⌒i⊂) . ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ⌒(( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

60 :エピソード133 10/19:2007/02/01(木) 21:28:18 ID:clGinrNd

              │マイちゃんの学校は女子校でしたよね?
              └───────v─────────
 │隣の学校の生徒のものです。
 │えっちなのは逝けないと思いますぅ。
 │あ、これはお姉さまの台詞でしたね。
 └─────v──────────
                  │何故、私の台詞です?
                  └────v─────
    │中のヒトが…
    └───v────
                  │中のヒトなどいません!
                  └────v─────
          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉           ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚ ヮノリ  c▽  ̄ ̄▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\l⌒l⌒i⊂) . ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ⌒(( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

61 :エピソード133 11/19:2007/02/01(木) 21:28:57 ID:clGinrNd

               │マイちゃんぐらいの歳の男の子には
               │命の次位に大切な宝物だし、後で返して
               │あげなさい。
               └───────v──────────
│う〜…そんなに大切な物ですか?
└──────v─────────
               │お金よりもですね、本屋さんでは
               │売ってくれないので、落ちているのを
               │拾ったりと…結構苦労してるんですよ。
               └───────v─────────
          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉     / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚д゚ノリ  c▽≡∋\    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴      ▽⊂〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄||'"┴  (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

62 :エピソード133 12/19:2007/02/01(木) 21:29:34 ID:clGinrNd

               │そうそう、道に落ちてる得炉本って妙に
               │エッチに見えるんですよね。
               │本屋で同じ物を買い求めて、ワクワクしながら
               │開けた時のあのショボーン感といったら…
               └───────v────────────
│マイちゃんには理解できない話ですぅ。
└──────v──────────

          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉     / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚д゚ノリ  c▽≡∋ ▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

63 :エピソード133 13/19:2007/02/01(木) 21:30:09 ID:clGinrNd

│そうだ、今更だけどお姉さまの
│名前を教えて下さいな。
└──────v─────────
             │名前ですか…私は「名もない女剣士」です。
             └────────v──────────
│変わった名前ですね。
└──────v───
             │ちょっと訳ありで、真名は出せないのです。
             └────────v──────────
          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉    / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚ ヮノリ  c▽≡∋ \    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉つ†>iつ...../┴      ▽⊂〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄||'"┴  (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

64 :エピソード133 14/19:2007/02/01(木) 21:30:45 ID:clGinrNd

│それじゃあ、マイちゃんが付けちゃいます。
│  ゴロンタ!
└──────v───────────
                     │そうしますか。
                     └───v───

          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉    / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚ ヮ゚ノリ .c▽ ≡∋ .▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)   ⊂li<†>iつ./┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

65 :エピソード133 15/19:2007/02/01(木) 21:31:21 ID:clGinrNd

│お姉さま、ここはマイちゃんがタンコブ
│作ってお姉さまが「聞こえなーい♪」って
│ところですよ。
└──────v──────────
                  │そういうものですか?
                  └────v─────
 │ではもう一度!
 └─────v──

          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉     / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚д゚ノリ  c▽≡∋ ▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

66 :エピソード133 16/19:2007/02/01(木) 21:32:00 ID:clGinrNd

│  ずんどこべ!
└──────v───
                     │そうしますか。
                     └───v───

          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉    / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚ ヮ゚ノリ .c▽ ≡∋ .▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)   ⊂li<†>iつ./┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

67 :エピソード133 17/19:2007/02/01(木) 21:32:36 ID:clGinrNd

│お姉さま、マイちゃんの事
│嫌いですかぁ〜?
└──────v──────
                  │何も泣かなくても。
                  │名前ですか…セイ…
                  └────v─────

          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉     / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|T。Tノリ  c▽≡∋ ▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

68 :エピソード133 18/19:2007/02/01(木) 21:33:16 ID:clGinrNd

   │セイばー?
   └───v──
                  │セイ…ヤ。
                  │セイヤと呼んで下さい。
                  │漢字だと聖夜です。
                  └─────v─────
 │セイヤ、喰いタンも聖也ですよぅ。
 └─────v────────
          __
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ
      / .l 〈(从从)〉    / ̄/    ((从ハ )ミ§
     / /从(l|゚ ヮ゚ノリ .c▽ ≡∋ .▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)   ⊂li<†>iつ./┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

69 :エピソード133 19/19:2007/02/01(木) 21:33:55 ID:clGinrNd

            人从人从人从人从人从人从人从人从人从人从人
           <                              >
           < MAI、大変ですわ!                 >
           < あなたのコンパクト、取られてしまいましたわ! >
           <                              >
            YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y
                               r  ̄ ∞
                             .(ソ)ソンリ lヽ
                              i、゚O゚|l)| | ─
          __                  .⊂i<†>ilつ| ──
        __'´r==ミ、           `ヽ '"⌒ ヽ〈_l_ヾ>|__|  ─
      / .l 〈(从从)〉     / ̄/    ((从ハ )ミ§ヽ)
     / /从(l|゚ヮ゚ノリ  c▽≡∋ ▽    i、‐ ゚ リbハ>,\
    | ̄)  〉li<†>iつ  /┴    ┴\  〈丱i )  ( ̄|
    |  )/⌒~) ))    ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄   (( (⌒\( .|
    |   ̄ ̄)(_ノノ    ||      ||      しし( ̄ ̄ .|

エピソード134へ

70 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/01(木) 21:38:09 ID:mDoXWR9I
更新乙であります!


71 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/02(金) 00:04:11 ID:2ySFabN2
セイバーは本名じゃないだろw

72 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/02(金) 10:20:09 ID:wCjD312B
セーファーでおk

73 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/02(金) 10:39:56 ID:Qb7GfAdo
>>40
こっちが偽者か?

74 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 01:01:52 ID:1DQ5QqKf
>>73
本物じゃないかな。

言動が違うっぽいしな

75 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 01:14:20 ID:K9arhWyh
元老院のとこにいるのはニセ

76 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 12:38:52 ID:kBmFJfnz
>>75
やっぱりか
口調が違うもん

77 :エピソード134 1/19:2007/02/03(土) 20:00:55 ID:A64yBAPL

              │…で、盗んだ連中というのは?
              └───────v──────
   │聖ラヒャエル教会付属中学校、
   │通称「アヒャ厨」の連中ですぅ!
   └───────v───────

               __
   ∞  ̄ ヽ     ,'´r==ミ、     γ"⌒ ヽ'"
   /l ソ)ソンリ)     l 〈(从从)〉   §ミ〃ノノ))
   | |(l|゚ ー゚ノi    ○(l| `0´ノ○   <人cリ゚ ‐ノ!
   | .(li<†>i)     \_li<†>i/     (.^ 傘)
   |__|</_l_〉       </_l_〉      /三非ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!      .7ッ‐++_,ゝ

78 :エピソード134 2/19:2007/02/03(土) 20:01:35 ID:A64yBAPL

<空き地>

;;, ,;;ww,,;;,,w,;;, ,;;,www,;;, ,;;,ww,;;, ,;;,w.. / ̄ ̄ ̄ /|ww,;;, ,;;,ww,;;,..,,;;,,
,,;;,,www,;;, ,;;,www,;;, ,;;,www,;;, ,;;,w /       /.  |,;;, ,;;,www,;;,..,,;;,,www,;;
           ____ /     /  , ゙||
  ww,;;, ,;;,w  /.    ./||| ̄ ̄ ̄ ̄|.  / ||;, ,;;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;
      .  /      ./  |||____|/   ||
      / ___/   ||.||     ||    /|wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;
wWw,;;, ,;;, || ̄ ̄ ̄~||    /|||     ||   /  |
      ||     ||   /  |||     ||/    |
;, ,wWw,;;;, ||   / ||/    || ̄ ̄ ̄ ̄|    /, ,;;wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;
      | ̄ ̄ ̄ ̄|    /.|        |.  /
      |        |.  /  |____|/wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;
      |____|/
wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw
,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;, ,;;,w,;;,.. ,;;,wWw,;;, ,;;,wWw,;;,

79 :エピソード134 3/19:2007/02/03(土) 20:02:25 ID:A64yBAPL

              │あれが敵の拠点、秘密基地って
              │やつですか?
              └───────v──────
        │えー秘密基地!?
        └────v───
│秘密基地が許されるのは
│小学生までですわ!
└──v──────────
             キモーイ
 キャハハハハハ
               __
   ∞  ̄ ヽ     ,'´r==ミ、     γ"⌒ ヽ'"
   /l ソ)ソンリ)     l 〈(从从)〉   §ミ〃ノノ))
   | |(l|゚ ヮ゚ノi    .从(l|゚ ヮ゚ノリ    <人cリ゚ ‐ノ!
   | .(li<†>i)      (li<†>i)      (.^ 傘)
   |__|</_l_〉       </_l_〉      /三非ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!      .7ッ‐++_,ゝ

80 :エピソード134 4/19:2007/02/03(土) 20:03:14 ID:A64yBAPL

     │マイのやつ今頃慌ててるだろうな。
     └──────v────────
│モラウン、やっぱり止そうぜ
│マイが可哀想だ。
└─v──────────
              │感心できるやり方ではないな。
              └─────v────────
            (〇=ノノ))
            (・∀・,,)
          ○⊂ へ▽∩)__
            (_) _丿 ../
  / 尚ヽ         (_)  ̄ ̄| .|
  |ニニニ@          |愛媛ミカン |/ (((((((
  (=´∀`)         ̄ ̄ ̄ ̄  (O__O-)
(G(. 〈l-l〉†)               ( ノ1>† )
  | | |                | | |
  (__)_)               (_(__)

81 :エピソード134 5/19:2007/02/03(土) 20:03:59 ID:A64yBAPL

 │何言ってんだよ、大事な得炉本取られたんだぞ!
 │こっちが被害者だぞ!
 │モナ条、お前もアイツは生意気だって言ってただろ。
 └───────v─────────────
              │確かに、生意気だ。
              │オレの事を金持ちのバカ息子と
              │思っていやがる。
              └─────v────────
  / 尚ヽ
  |ニニニ@     (〇=ノノ))      (((((((
  (=´∀`)     (,,・∀・)      (O__O-)
(G(. 〈l-l〉†)    (  ▽†つ     ( ノ1>† )
  | | |    .| | |      | | |
  (__)_)    (__)_)     (_(__)

82 :エピソード134 6/19:2007/02/03(土) 20:04:36 ID:A64yBAPL

     │モナークお前、アイツにストーカー扱い
     │されてるんだろ?
     └─────v───────────
│こっそり携帯のメアド調べて、
│「君と僕は結ばれる運命なんだ」って
│100回ぐらいメールしただけなのに…。
└─v──────────────
              │フッ、ストーカーめ。
              └─────v────
  / 尚ヽ
  |ニニニ@    (〇=ノノ))      (((((((
  (=´∀`)     (・∀・,,)      (O__O-)
(G(. 〈l-l〉†)   ⊂ ▽† )      ( ノ1>† )
  | | |    | | |      | | |
  (__)_)    .(_(__)     (_(__)

83 :エピソード134 7/19:2007/02/03(土) 20:05:13 ID:A64yBAPL

 │このコンパクトをネタにして、マイを虐めたおしてやる!
 │例えば、そうだな…
 │は、恥かしいセリフを言わせて録音するとか。
 │あと…パ、パンチラさせて写真に撮るとか。
 │上制服、下ブルマで町内一周させるとか。
 └───────v───────────────

  / 尚ヽ          ハズカシィ〜
  |ニニニ@    (〇=ノノ))      (((((((
  (=´∀`)     (////,,)      (O__O-)
(G(. 〈l-l〉†)  ○⊂ ▽† )      ( ノ1>† )
  | | |    | | |      | | |
  (__)_)    .(_(__)     (_(__)

84 :エピソード134 8/19:2007/02/03(土) 20:05:55 ID:A64yBAPL

│ねぇ〜アヤセ見張り疲れたよ〜。
│誰か代わってよぉ〜。
└───v──────────

  ( §⌒i⌒§ )
   ) ) ⌒⌒ ( (
  ((d、・∀・ノb))
   ( <V>†)
   <_/_l_ヽ_>
   (__)_)

85 :エピソード134 9/19:2007/02/03(土) 20:06:36 ID:A64yBAPL

              │まだ、5分も経ってないだろ。
              └─────v───────
│ぶ〜〜。
└───v───

  ( §⌒i⌒§ )   / 尚ヽ
   ) ) ⌒⌒ ( (   |ニニニ@    (〇=ノノ))      (((((((
  ((d、・ 3・ノb))   (´∀`=)     (・∀・,,)      (O__O-)
   ( <V>†)    (. 〈l-l〉†)G)  ⊂ ▽† )      ( ノ1>† )
   <_/_l_ヽ_>    | | |    | | |      | | |
   (__)_)    (_(__)    .(_(__)     (_(__)

86 :エピソード134 10/19:2007/02/03(土) 20:07:12 ID:A64yBAPL

              │さっきの続きだが、マイを裸に
              │引ん剥いて、売り飛ばす所から…
              └─────v─────────
     │そんな事言ってねぇ〜
     │流石にそれは犯罪だろ。
     └─────v─────
              │大丈夫だ、昔万引きで店を一件潰した事が
              │有ったが、揉み消してもらった。
              └─────v─────────────
│金持ちのバカ息子め。
└───v──────
  / 尚ヽ
  |ニニニ@     (〇=ノノ))      (((((((
  (=´∀`)     (;・∀・)      (O__O-)
(G(. 〈l-l〉†)    (  ▽†つ    ⊂ ノ1>† )
  | | |    .| | |      | | |
  (__)_)    (__)_)     (_(__)


87 :エピソード134 11/19:2007/02/03(土) 20:07:50 ID:A64yBAPL

 |_______.|
 || ( §⌒i⌒§ ) .||
 ||  ) ) ⌒⌒ ( ( ||
 || ((d、・∀・ノb)) || < ただ外を見てるのって退屈だな〜。
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

88 :エピソード134 12/19:2007/02/03(土) 20:08:28 ID:A64yBAPL

   ヽ  | / /
     ヽ l //
  ―― ◇ ―――
    // | ヽ   ヒュュュュュ…

89 :エピソード134 13/19:2007/02/03(土) 20:09:07 ID:A64yBAPL

 ┌─────┐
 │  .ヽ l // │
 │    ◇    │ヒュュュュュ…
 └─────┘
  ( §⌒i⌒§ )
   ) ) ⌒⌒ ( (
  ((d、・∀・ノb)) < ねぇ〜何か飛んで来たよ。
   ( <V>†)
   <_/_l_ヽ_>
   (__)_)

90 :エピソード134 14/19:2007/02/03(土) 20:09:44 ID:A64yBAPL

      ヽ/ ``     ..  ‐┼┐ヽ                 /
       !_    ッ     │亅      ーーー      /ヘノ
        、′     、 ’、  ′     ’      ;  、
          . ’      ’、   ′ ’   . ・
        、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
           ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
     ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
  ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・
  、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ
       、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
       ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,
 ‘: ;゜+° ′、:::::. ::: ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´
        `:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ

91 :エピソード134 15/19:2007/02/03(土) 20:10:25 ID:A64yBAPL

                  │悪は滅びました。
                  └────v───
               __
   ∞  ̄ ヽ     ,'´r==ミ、     γ"⌒ ヽ'"
   /l ソ)ソンリ)     l 〈(从从)〉   §ミ〃ノノ))
   | |(l;゚ ゚ノi    .从(l|;゚ ゚ノリ    <人cリ゚ ‐ノ!
   | .(li<†>i)      (li<†>i)      (.^ 傘)^て)
   |__|</_l_〉       </_l_〉      /三非ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!      .7ッ‐++_,ゝ

92 :エピソード134 16/19:2007/02/03(土) 20:11:24 ID:A64yBAPL

              │攻城戦で大切なのは、隠密行動です。
              │それが不可能な場合は出来るだけ
              │相手を混乱させる事。
              │ここは試験に出ますよ。
              └───────v─────────
               __
   ∞  ̄ ヽ     ,'´r==ミ、    `ヽ '"⌒ ヽ
   /l ソ)ソンリ)     l 〈(从从)〉    ((从ハ )ミ§
   | |(;゚∀゚ノi    .从(;゚∀゚ノリ     i、‐ ゚ リbハ>
   | .(li<†>i)      (li<†>i)    dニ~(傘 ^.)
   |__|</_l_〉       </_l_〉      ./非三ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!       7ッ++ィ_,ゝ

93 :エピソード134 17/19:2007/02/03(土) 20:12:07 ID:A64yBAPL

│ねえMAI、そちらのお方って…?
└───v──────────
       │聖夜さん、マイちゃんの
       │師匠の剣士様です。
       └─────v─────
│剣士って言うのはもっと、
│何て言うか正々堂々と戦うって
│いうイメージがありましたが…。
└───v──────────
              │なに甘えた事を言っているのです!
              └───────v───────
               __
   ∞  ̄ ヽ      r===`、    `ヽ '"⌒ ヽ
   /l ソ)ソンリ)     〈(从从)〉 l    ((从ハ )ミ§
   | |(;゚∀゚ノi      リ゚∀゚;.)从     i、‐ ゚ リbハ>
   | .(li<†>i)      (i<†>i|)    ⊂~(傘 ^.)
   |__|</_l_〉       〈_l_ヾ>      /非三ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!       7ッ++ィ_,ゝ

94 :エピソード134 18/19:2007/02/03(土) 20:12:53 ID:A64yBAPL

           │正々堂々?スポーツならそうでしょう。
           │しかしこれは戦争です!
           │バックアタックや不意打ちを受けたからと
           │敵に文句を言うのですか?
           │そんな事で、生き残れると思っているのですか?
           │甘ったれるのもいい加減にしなさい!
           └─────────v───────────
               __
   ∞  ̄ ヽ     ,'´r==ミ、    `ヽ '"⌒ ヽ
   /l ソ)ソンリ)     l 〈(从从)〉    ((从ハ )ミ§
   | |(l|;゚-゚ノi     从(l|;゚-゚ノリ     i、O ゚ リbハ>
   | .(li<†>i)      (li<†>i)      (傘 ^.)
   |__|</_l_〉       </_l_〉      ./非三ヽ
     .ヒヒ!        ヒヒ!       7ッ++ィ_,ゝ

95 :エピソード134 19/19:2007/02/03(土) 20:13:41 ID:A64yBAPL

│素直にコンパクトを返せば
│命までは取りません。
└───v────────
          │ひっ、ギャンブラーJさん!
          │た、助けて〜〜〜!
          └────v───────
   γ"⌒ ヽ'"
  §ミ〃ノノ))
  <人cリ゚ ‐ノ!
    く,^y傘)~つ<
    /三非ヽ '\\  (〇=ノノ))
    7ッ‐++_,ゝ  \_l⊂(+∀+⊂ ⌒ヽつ

エピソード135へ

96 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 20:23:18 ID:K9arhWyh
乙であります

問答無用ヒドス
ってかコンパクト壊さない程度にしなされよセイb・・・剣士氏

97 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 21:31:02 ID:bOFconLL
更新乙であります!


98 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/03(土) 22:26:52 ID:Iwcwc42A
モナークというとこいつを思い出す。

    ,,,,,,,,,,,,,,,
  〜二二二
   ( ´∀`)
   (    )
    |  |  |
   (__)_)

セ…聖夜もいるんだから出演希望!


99 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/04(日) 00:50:33 ID:Tr/cKgfY
いいかげんにセイバー

100 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 10:15:07 ID:S8JeDG0I
理不尽なキャラが多いなぁ
馬鹿

101 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 20:06:14 ID:mgJupU3f
そりゃ馬鹿さ

だが、愛すべき馬鹿と、>>100のようなただの馬鹿は違うんだ

102 :エピソード135 1/17:2007/02/05(月) 20:38:40 ID:Y+KLRyub

                  │や〜れ、やれ。子供の喧嘩に
                  │大人が出てくるとはな。
                  └───────v──────
│あなたもでしょ?
│第一、私はマイちゃんとそんなに
│歳は離れていませんよ。
└────v─────────

  γ"⌒ ヽ'"    '7                 __
 §ミ〃ノノ))  .//                 .(ミミ彡ミl
 <人cリ゚ ‐ノ!.、//                   .(´∀` )
   く,^y傘)~つ<                     (つ≡(=O=◇
   /三非〆      (〇=ノノ))            |⌒|`~ |
   7ッ‐++_,ゝ    ⊂(+∀+⊂ ⌒ヽつ       (_(__)

103 :エピソード135 2/17:2007/02/05(月) 20:39:27 ID:Y+KLRyub

                  │この造魔ギャンブラーJ様と
                  │やり合おうっていうつもりか?
                  └───────v──────
│造魔?
│造魔は皆、魔界攻略に向かったと
│聞きましたが?
│こんな所で遊んでて良いのですか?
└────v───────────
                  │オレ様は特別に本拠地の守りを
                  │仰せつかっているんだ!
                  └───────v──────
│つまり役立たずなので、待機を
│命じられたと。
└────v──────────

  γ"⌒ ヽ'"    '7                 __
 §ミ〃ノノ))  .//                 .(ミミ彡ミl 「`j   / 尚ヽ
 <人cリ゚ ‐ノ!.、//          (〇=ノノ))    .(´∀` )Ο   |ニニニ@
   く,^y傘)~つ<            (・∀・,,)   ⊂〈l-l〉( 〃)   (´∀`=)
   /三非〆              (  つつ    |  (_O__)    とl-lと )G)
   7ッ‐++_,ゝ             ( ̄__)__)    (_(__)    (__(_つ

104 :エピソード135 3/17:2007/02/05(月) 20:40:04 ID:Y+KLRyub

  人从人从人从人从人从人从人从人从人从人从人
 <                              >
 <      トサカにきたぜ!              >
 <                              >
  YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y
          /:|.              /:|
        /  .:::|            /  :::|
        |  ...:::::|           /u  ::::|
       i  ノ (   ̄ ̄⌒゙゙^――/   ::::::::|
      /_,, ⌒  u   . _        ::::::::::::\
      /  \\゙.l |  / ::// ̄● ̄ ̄/  ::::::::\
      |● ::::::|  . | | / :::: /   :::::::::://u  :::::::\
     /i,.\_:::::::|    u::::: /   ::::::::://     :::::::::\
    / \( (\|.  ::::::.   // ̄) )           ::::::::ヘ
    / u  ) )_ ^  ^  ̄ ̄ ,,、( (       i し./ :::::::::|
   / / /__,,____,/ ̄ \  ))u      ノ (  ::::::::::::|
   |  ヽ |.. | /└└└└\../\((\     '~ヽ   :::::::|
   | ) し ∨.|llllllllllllllllllllllllllllllll∨lllll| ) /  /     :::::::::::::|
   |  ⌒ | |.|llllllllllll;/⌒/⌒  〕         ::u::::::::::::::|
   \  | |.|lllllllll;   ./ .   . |        ::::::::::::::::::::/
     .|  | |.|llllll|′  /    . |  u .|     :::::::::::/
     .| | |.|llll|    |     .∧〔   /   u:::::::::::::|
      ヽ}.∧lll    |    ../ /  /   :::::::::::::::::\
       i/| \┌┌┌┌┌ /. / /:::     :::::::::::::::::i
      ( ゙゙^^¨^¨゙゙¨  ̄ ̄ ̄| i/::::::::::: u          i
        ヽー─¬ー〜ー――i | :::::::::::::

105 :エピソード135 4/17:2007/02/05(月) 20:40:41 ID:Y+KLRyub

                  │天使、モナエンジェル様!
                  │来て下さい!
                  └───────v──────

  γ"⌒ ヽ'"    '7                __
 §ミ〃ノノ))  .//                (ミミ彡ミl 「`j    / 尚ヽ
 <人cリ゚ ‐ノ!.、//          (〇=ノノ))   (´∀`#)Ο    |ニニニ@
   く,^y傘)~つ<            (・∀・,,)    ヽ づ〃)    (´∀`=)
   /三非〆              (  つつ    〉(_O__).、    とl-lと )G)
   7ッ‐++_,ゝ             ( ̄__)__)    (__,/⌒\_)   (__(_つ

106 :エピソード135 5/17:2007/02/05(月) 20:41:18 ID:Y+KLRyub

         ̄  /           ̄  /
         ̄  /  ────      /
        _/           _/
                                   あれ?
  γ"⌒ ヽ'"    '7                __
 §ミ〃ノノ))  .//                (ミミ彡ミl 「`j    / 尚ヽ
 <人cリ゚ ‐ノ!.、//          (〇=ノノ))   (´∀` )Ο    |ニニニ@
   く,^y傘)~つ<            (,,・∀・)    ヽ づ〃)    (´∀`=)
   /三非〆              (  つつ    〉(_O__).、    とl-lと )G)
   7ッ‐++_,ゝ             ( ̄__)__)    (__,/⌒\_)   (__(_つ

107 :エピソード135 6/17:2007/02/05(月) 20:41:57 ID:Y+KLRyub

                   _
         _/'⌒'ヽ    //\
        〃\(●..●)フ //\. \ヾヽ
      ((((⌒ 〉、冊/< と)   | | ))) アアァァァ…
        ミミニ三三三三三三三二彡' 

108 :エピソード135 7/17:2007/02/05(月) 20:42:35 ID:Y+KLRyub

                   _
         _/'⌒'ヽ    //\     │な、なんだ破壊神シネバノボグ?
         \(●..●)フ //\. \   │こんなの呼んでないぞ…
        (⌒ 〉、冊/< と)   | | .│ダメだ、こんなの扱えねぇ…
        ノ 〈`ー〈 /ニ//   /_/  └───v───────────
        ヽ 、 \ノ //、           __
         l 、_ `ノニつ ヽ          (ミミ彡ミl 「`j
         ヽ  ( //  ,ゝ         (´∀`;.)Ο
         ノ   ,_ ̄( ノ           ヽ づ〃)
        `ヽ、__(ノ 〉'⌒             〉(_O__).、
       ((( し'´ヽ__)  ))) アアァァァ…     (__,/⌒\_)
        ミミニ三三 彡'

109 :エピソード135 8/17:2007/02/05(月) 20:43:12 ID:Y+KLRyub

    │お前らに、こんな時の対処法を
    │教えてやる。
    │こんな時は
    └───────v──────
< グルルルル…
          __                          (§⌒i⌒§ )
         l彡ミミ彡)「`j          / 尚ヽ    (((((((  ) ⌒⌒ ( (
        ( ´∀`)Ο  (〇=ノノ))    |ニニニ@   (O__O-)  (d、∀・ノb))
         ヽ づ〃)    (・∀・,,)    (´∀`=)  ( ノ1>† )  ( <V>† )
          〉(_O__).、  と▽と )   とl-lと )G) | | |  <_/_l_ヽ_>
         (__,/⌒\_)  (__(__ ̄)   (__(_つ  (_(__)  (_(__)

110 :エピソード135 9/17:2007/02/05(月) 20:43:49 ID:Y+KLRyub

                                         │全力でにげるのさ!
                                         └─────v────

                                       (§⌒i⌒§)   __ 
                          / 尚ヽ    )))))))  ) )⌒⌒ (   l彡ミミ彡)
                 (〇=ノノ))    |ニニニ@   (;O__O)  ((d、・Дノb)  (,;´∀`)
                 (;・∀・)    (;´∀`)  ( ノ1>†)  ( <V>†)   と   ⌒lJ
                 と▽と )   とl-lと )G) | | |  <_/_l_ヽ_>  /, て_)
                 (__(__ ̄)   (__(_つ  (__)_)  (__)_) (__)

111 :エピソード135 10/17:2007/02/05(月) 20:44:28 ID:Y+KLRyub

 グオォォォォォ!!!
              _
    _/'⌒'ヽ    //\
    \(●..●)フ //\. \
   (⌒ 〉、冊/< と)   | |   た、助けて!
   ノ 〈`ー〈 /ニ//   /_/            お母ちゃ〜ん!
   ヽ 、 \ノ //、       ジョォォォォ…
    l 、_ `ノニつ ヽ              / 尚ヽ   (((((((   §⌒i⌒§ )
    ヽ  ( //  ,ゝ    (〇=ノノ))    |ニニニ@   .(O__O;)   ) ⌒⌒ ( (
    ノ   ,_ ̄( ノ     (・∀・;)   (´∀`;)  ( ノ1>† )   (d、д・ノb)) やだ、アヤセもう帰る〜
   `ヽ、__(ノ 〉'⌒      と▽と )   とl-lと )G) | | |  ,, へ,, へ⊂)
     し'´ヽ__)         (__(__ ̄)   (__(_つ  (_(__)  (_(__)_丿 ジョォォォォ…
              ⊂_   _⊃ ⊂__   __⊃⊂__   __⊃⊂__   __⊃
                ⊂__⊃    ⊂__⊃   ⊂__⊃   ⊂__⊃

112 :エピソード135 11/17:2007/02/05(月) 20:45:09 ID:Y+KLRyub

<一刀両断>
                         _
               ._/'⌒'ヽ    //\   ザシュッ…!
               .\(●..●)フ //\. \
              (⌒ 〉、冊/< と)   | |
              ノ 〈`ー〈 /ニ//   /_/ ―  ── '7
              ヽ 、 \ノ //、           .//
 _ _ _ ___    ,,,l 、_ `ノニつ ヽ         .//
               `゙``~^``````゛¨=      、/γ"⌒ ヽ'"
_ _           ,,,.....,,....,,,,,,,.....,,.,・∴.    (\§ミ〃ノノ))
      _ - ― = ̄ ヽ  ( //  ,ゝ:,     〆 ヽ、^ヽcl!゚ ‐ノl.
  ̄ ̄  _――=', ・ノ   ,_ ̄( ノ ;,; ⌒`)    メy、傘)^て)
 ̄ ̄ ̄    ̄ ̄   ̄"`ヽ、__(ノ 〉'⌒ "  ;;;,⌒`)≡ λ〃ヌ~⌒ヽ
                し'´ヽ__)   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ー'" ̄ ^ー゙

113 :エピソード135 12/17:2007/02/05(月) 20:45:52 ID:Y+KLRyub

│さて、改めて問いますが、
│素直にコンパクトを返しますか?
└───v───────────
         │か、か、か、返す!返します!
         │いや、返させてください!
         └─────v───────

  γ"⌒ ヽ'"    '7
 §ミ〃ノノ))  .//             / 尚ヽ   (((((((   §⌒i⌒§ )
 <人cリ゚ ‐ノ!.、//     (〇=ノノ))    |ニニニ@   .(O__O;)   ) ⌒⌒ ( (
   く,^y傘)~つ<        (・∀・;)   (´∀`;)  ( ノ1>† )   (d、д・ノb))
   /三非〆       ○⊂▽と )   とl-lと )G) | | |  ,, へ,, へ⊂)
   7ッ‐++_,ゝ         (__(__ ̄)   (__(_つ  (_(__)  (_(__)_丿

114 :エピソード135 13/17:2007/02/05(月) 20:46:39 ID:Y+KLRyub

                      │し、しかし、先にマイに本を取られた
                      │って事情も考慮して欲しいと思う訳で…。
                      └──────v──────────
         │ああ、恥かしいセリフ言わせる
         │野望が…
         └─────v───────
  γ"⌒ ヽ'"
 §ミ〃ノノ))                 / 尚ヽ   (((((((   §⌒i⌒§ )
 <人cリ゚ ‐ノ!         (〇=ノノ))    |ニニニ@   .(O__O;)   ) ⌒⌒ ( (
   く,^y傘)          (・∀・;)   (´∀`;) .⊂ ノ1>† )   (d、д・ノb))
   /三非ヽ          u▽と )   とl-lと )G) | | |  ,, へ,, へ⊂)
   7ッ‐++_,ゝ         (__(__ ̄)   (__(_つ  (_(__)  (_(__)_丿

115 :エピソード135 14/17:2007/02/05(月) 20:47:16 ID:Y+KLRyub

│恥かしいセリフ?
│周期表18族の覚え方
│変な姉ちゃんアレしてコレしてセックル乱交
│He  Ne   Ar   Kr    Xe   Rn
└───v────────────────
       │周期表17族の覚え方
       │ふっくらブラジャ−愛の跡
       │F  Cl  Br    I At
       └─────v─────
                │ここは為になるインターネットですね。
                └─────v──────────
               __
   ∞  ̄ ヽ      r===`、  γ"⌒ ヽ'"
   /l ソ)ソンリ)     〈(从从)〉 l §ミ〃ノノ))              ハズカシィ〜
   | |(l|゚ ヮ゚ノi      リ゚ヮ ゚|l)从 <人cリ゚ ‐ノ!         (〇=ノノ))
   | .(li<†>i)      (i<†>i|)   く,^y傘)          (////,,)
   |__|</_l_〉       〈_l_ヾ>    /三非ヽ          ∩∩ )
     .ヒヒ!        ヒヒ!    7ッ‐++_,ゝ         (__(__ ̄)

116 :エピソード135 15/17:2007/02/05(月) 20:47:52 ID:Y+KLRyub

│では、こちらからも返しましょう。
│あなた達が欲しいのは、
│「巨乳だけど、顔がイマイチの写真集」と
│「美人だけど、胸がイマイチの写真集」と
│いったいどちらですか?
└─────v───────────

      γ"⌒ ヽ'"
     §ミ( ハ从))
     <ハcl!゚ ‐゚ノl
    □⊂y、傘)^つ□
       /三非ヽ
       7ッ‐++_,ゝ

117 :エピソード135 16/17:2007/02/05(月) 20:48:31 ID:Y+KLRyub

            │巨乳の方!  .│オレも!
            └───v── └──v───
                           │当然巨乳だ! ...│貧乳なんてチョベリバ!
                           └───v─── └──v────────
│あなた達は正直者ですね。
└───v────────

  γ"⌒ ヽ'"
 §ミ〃ノノ))                 / 尚ヽ    (((((((   §⌒i⌒§ )
 <人cリ゚ ‐ノ!         (〇=ノノ))   |ニニニ@   (O__O-)   ) ⌒⌒ ( (
□⊂,^y傘)~つ□       .(・∀・,,)    (´∀`=)  .( ノ1>† )   (d、∀・ノb))
   /三非ヽ         ⊂▽と )    とl-lと )G) | | |  ,, へ,, へ⊂)
   7ッ‐++_,ゝ         (__(__ ̄)   (__(_つ  .(_(__)  (_(__)_丿

118 :エピソード135 17/17:2007/02/05(月) 20:49:10 ID:Y+KLRyub

               │でも、なんかムカつくから
               │返してあげません。
               └─────v──────
        や〜いションベンたれ〜
              __
    r  ̄ ∞       r===`、   `ヽ '"⌒#ヽ
   ((((()〉lヽ   〈(从从)〉 l    ((从ハ )ミ§
   i、゚ー ゚|l)| |    リ゚ヮ ゚|l)从    i、‐ ゚ リbハ>        (〇=ノノ))
  ⊂i<†>ilつ|   ⊂i<†>ilつ     (傘 ^て)          (TдT,) ヒデェ〜
   〈_l_ヾ>|__|    .〈_l_ヾ>      /非三ヽ          ⊂▽と )
    ヒヒ!        ヒヒ!      7ッ++ィ_,ゝ          (__(__ ̄)

エピソード136へ

119 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 20:54:57 ID:h5HtqZCT
逆恨みだぁーw

120 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 22:14:21 ID:Axbt7cmo
更新乙であります!

121 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 23:11:17 ID:R9XtYbbB
マーク、南条くん、ブラウン、アヤセは懐かしいなぁ(ノ∀`)

122 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 23:13:09 ID:ZRSSS2Dz
セッチャがばれてチャーリー
unkもらしてブラウン
こんなあだ名だったら俺は学校いかないZE

123 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/05(月) 23:32:19 ID:RSiQ8RkK
更新乙!

変なね〜ちゃんある夜狂ったようにセックスの連続
変なね〜ちゃんある夜暗い所でセックスの連続
ふっくらブラジャー愛するあたし
で覚えましたwww

>117のよい子たちへ
つ『T-パフェ小田切まい16才』


124 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 00:09:30 ID:s2mi4byN
漏れだったら「美人だけど、胸がイマイチの写真集」
を選ぶけどなぁ・・・

125 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 00:17:43 ID:9B0M9xUb
俺は「森三中の大島の写真集」を迷わず選ぶ。

126 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 01:42:00 ID:V2AlWSaT
>>124

ヒンヌー教へようこそ

127 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 11:16:25 ID:l8y4ghFw
もとはといえばエロ本取り上げなければコンパクト取られずに済んだのに

なんで取り上げたの?

128 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 12:17:26 ID:ojqGEJHe
乙女心

129 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/06(火) 20:38:43 ID:Lnzdmyd7
>>127
☆<まぁ、アレですわ。マイちゃんは正義感が強い真面目っ子って
   いうか委員ちょタイプというかそんな感じなんですわ。
   女子ロッカーを荒らしたキングレオに、自分の実力も考えず
   向かっていったりもしてますし。
   未成年がエッチ本を持ってるのは、「悪」なんでしょう。
   おまけにここは厳格なメシア教の本拠地、次代を担う
   連中がこんなではイカンというわけです。
   さらに丁度、女子の精神年齢の成長が男子のそれを越えてる
   時期でもあるので、秘密基地ごっこしてるモラウン達が
   みっともなく見えているのも一因ですわ。

130 :エピソード136 1/14:2007/02/07(水) 20:48:39 ID:IHsIxu4O

<モナ坂__郊外>
                   _,,, -‐''三]
           , -―一''''""~ _, -‐/::::\
          / --一'''"~ ̄   /:::::['i']::::\
        /         ,/ii[]:::[_,!_]::[];、\
       /         ./ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \__
     /         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ >_ヽ
    /-―====r-===三'' 、-―――――――‐<  .|~~
   ---------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」 |  .___
   | [iiii] [iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|三三 |鍛冶屋|
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-〜〜-―へ`~~   ̄~||~ ̄

131 :エピソード136 2/14:2007/02/07(水) 20:49:19 ID:IHsIxu4O

            │ おーい!
            └──v───
│はて…誰じゃったかのう?
└──v────────
        │もうそのボケはいいって!
        │これを見てくれ!
        └─────v──────
                                 . '"⌒ヽ
   r+                    __       | ノ"゙ヽ |      ._____
  ( ゚∪゚)                  '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
 〈( ζζ)〉               ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | W | \/\   ◆_/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   ||~||  /  /    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД \/       .|/\|   ~UU~              大 U .U 大

132 :エピソード136 3/14:2007/02/07(水) 20:49:58 ID:IHsIxu4O

│ふむ、これが何か?
└──v───────
      │ヒヒヒエロカネだが…
      └────v─────
│なんじゃと!
└──v────
                             . '"⌒ヽ
   r+                __       | ノ"゙ヽ |      ._____
  ( ゚∪゚) ◆           '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
 〈( ζζ)ノ          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | W |     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   ||~||     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД      .|/\|   ~UU~              大 U .U 大

133 :エピソード136 4/14:2007/02/07(水) 20:50:40 ID:IHsIxu4O

                    │ねぇ、他の鍛冶屋さんに頼んだ方が
                    │良くない?
                    └──────v─────────
        │そうだな、ヒヒヒエロカネを
        │知らないみたいだしな。
        └───v────────
│何を言っておる、ヒヒヒエロカネは
│伝説の金属、実物を見た事なくて
│当然じゃ!
└──v────────────
                             . '"⌒ヽ
   r+               __       | ノ"゙ヽ |      ._____
 \( ゚∪゚)ノ            . '" o-oヽ /\ |(゚ー゚リ |ノ\   |◎ |
  ( ζζ)           .|☆((゙")ノノ.レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   .| W |     ._/\_  | cリ´∇`リ    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    ||~||     .\ <0>/ 从/_u''u、   (_(_/、_ソ     .○〈=∧=〉○
   ДД      |/\|    ~UU~              大 U .U 大

134 :エピソード136 5/14:2007/02/07(水) 20:51:22 ID:IHsIxu4O

 │しばらく待っておれ、究極の弓を
 │造ってやるぞ!
 └──────v───────
                     │なぜ弓…?
                     └──v──
                          │剣にして下さい。
                          └───v────
           r+/\                  __
          (゚∪゚ )ノ\/\            '"o-o ヽ、
          (ζζ) ./  /           .((゙"))ノノ l
          | W | .\/      _/\_ .リ´∇`リb |
           ||~||           \<0> /  .u''u_ヽ从
          ДД            |/\|   ~UU~
    _◆_
    >  <

135 :エピソード136 6/14:2007/02/07(水) 20:52:00 ID:IHsIxu4O

 FULLMOON ○

      │しばらくって、どれくらいかな?
      └─────v──────
                │月齢を進めるか、イベントをこなすかね。
                └──────v──────────
│手近な所で月齢を進めよう。
└────v───────
                       . '"⌒ヽ
               __      | ノ"゙ヽ |        _____ しかし、月が一周するには
             . '" o-oヽ /\ |(゚ー゚リ |ノ\   |◎ |   本当は一ヶ月かかるんだよ
             |☆((゙")ノノ.レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_  | cリ´∇`リ    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/ 从/_u''u、   (_(_/、_ソ     .○〈=∧=〉○
       |/\|    ~UU~              大 U .U 大

136 :エピソード136 7/14:2007/02/07(水) 20:52:36 ID:IHsIxu4O

 HALFMOON (l

│ファクトリーで、反乱が
│起きてるらしいわ。
└──v───────

                              . '"⌒ヽ
  .'⌒⌒丶              __       | ノ"゙ヽ |      _____
 ′从 从)              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 ヽゝ゚ ‐゚ν            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
. (| |∀| |)     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  /___ゝ     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  (_)___)       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

137 :エピソード136 8/14:2007/02/07(水) 20:53:12 ID:IHsIxu4O

 NEWMOON ●

│紙袋を被った男が、ろっぽんぎーから
│モナ新宿の方へ移動したらしい。
└──v─────────────
                              . '"⌒ヽ
                     __         | ノ"゙ヽ |      _____
 П_П              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 ( ・∀・)            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
 (    )     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
 | | |      \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
 (__)_)       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

138 :エピソード136 9/14:2007/02/07(水) 20:53:48 ID:IHsIxu4O

 6/8MOON ()

│犯人は、ヤスだ!(ネタばれ)
└──v──────────
                               . '"⌒ヽ
   ,,,,,,,,,,,,,,,               __ .      | ノ"゙ヽ |      _____
 〜二二二              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
  ( ´∀`)            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
  (    )     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   |  |  |      .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  (__)_)       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

139 :エピソード136 10/14:2007/02/07(水) 20:54:24 ID:IHsIxu4O

 FULLMOON ○

       │そろそろ出来た?
       └────v────
│出来るか!
│まだ一周しかしとらんじゃろが!
└──v───────────
                             . '"⌒ヽ
   r+               __       | ノ"゙ヽ |      ._____
 \(#゚∪゚)ノ              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
  ( ζζ)          .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   .| W |     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    ||~||     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД      .|/\|   ~UU~              大 U .U 大

140 :エピソード136 11/14:2007/02/07(水) 20:55:06 ID:IHsIxu4O

<モナ新宿>
          _     _
         ././|  ./.;;ヾ
         | ̄| ロ|  | ̄| ロ|
         |「「| ロ|  |「「|: .;|
         |■| ./ ̄|「「| ロ|
         |「「| l二二|「「| ロ|
         |「「|: .;|  |「「| ロ|
         |「「| ロ|  |■| ロ|

141 :エピソード136 12/14:2007/02/07(水) 20:55:42 ID:IHsIxu4O

│モナ新宿で不穏な動きがあるらしい。
│ぶっ潰してやるぜ。ひゃひゃひゃ!
└───v────────────
              .'⌒⌒丶              ハ_ハ
    ____      (从 从 i     (( (V) ))    (__†___r〜
    |OO| |      パ- ゚< ./    .(ロ_ロ__)   (´∀` )
    |ww,!w|     (/ \†ヽ    (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
    (    )     .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ  〉=ニ==∪ヽ
    | | |      | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    (_(__)     .(_(__)    .(_(__)   (_(__)

142 :エピソード136 13/14:2007/02/07(水) 20:56:22 ID:IHsIxu4O

 フロストのくせに生意気よ!
             __
            r===`、    .│ちょうど良い、あのガキと
           〈(ハルヒ)〉 l    .│妖精を人質にしよう。
           .リ、゚ヮ ゚|l)从   └───v───────
  ヒホッ…     ⊂li市ilつ        ____ 
    へ-o-へ  ヒ!_l_ヾ>        | l   |
   ⊂(+∀+⊂ ⌒ヽつヒ!        .|w!ww,|
                       (    )
                       | | |
                       (_(__)

143 :エピソード136 14/14:2007/02/07(水) 20:57:00 ID:IHsIxu4O

                │何よ、何か用なの?
                └────v─────
                        │ん?お前、センターにいたガキ…?
                        │いや、別人か。あっちは光、お前の
                        │は闇の心で満ちている。
                        │ヒャハハ、お前とは仲良くやれそうだ!
                        └──────v──────────
    ∧                  __
   / ヽ               ,'´r==ミ、      ____
  <====> ヒーホー          l 〈(ハルヒ)〉       |OO| |
  ( (゚ww))              从(l|゚ ヮ゚ノリ     |ww,!w|
  m A ⌒ ̄ノ             .(li市il)      (    )
  旦 ヽ   /  へ-o-へ       </_l_〉      | | |
     \|ヽノ ⊂(+∀+⊂ ⌒ヽつ   ヒヒ!       (_(__)

エピソード137へ

144 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/07(水) 20:57:13 ID:Ykql2mrw
更新乙であります!

145 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/07(水) 21:07:14 ID:TeAY5+s3
まさか本当にモナーク出してくれるとはw

146 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/07(水) 23:35:52 ID:xGKVSAJ+
月が出た!

んでもってハルヒって

147 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/08(木) 00:25:14 ID:/UBryGuU
いやアキだろ

148 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/08(木) 21:04:57 ID:x9BMz4OM
アキだけど、前髪がハルヒです。


149 :エピソード137 1/17:2007/02/09(金) 20:59:45 ID:2Jsq1y7c

<モナ新宿>

      │紙袋を被った男ってのが
      │気になるね
      └─────v──────
│それでモナ新宿に
│来た訳ですが。
└────v────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

150 :エピソード137 2/17:2007/02/09(金) 21:00:27 ID:2Jsq1y7c

│ちょうど良いところに、あなた達に
│頼みたい事があったんです。
└───v───────────

    ,'"⌒@                       . '"⌒ヽ
   ,| ノ゙"ヽヽ                __       | ノ"゙ヽ |      _____ 期待されてる予感!
 (\ノノ゚ O゚ノ/)            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 (__⊂) ) )つ__)          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
 . /ヽ_)  レヾ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  レ//,,i,, ヾ~〉    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  ~ ~~しソ~~~       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

151 :エピソード137 3/17:2007/02/09(金) 21:01:02 ID:2Jsq1y7c

│実は、妖精とヒトの子を人質に取られて
│我々の秘密を喋れと脅迫されてるんです。
└───v──────────────
       │秘密って、なに?
       └─────v───
│たとえあなた達でも、
│まだ明かせません。
└───v─────

    ,'"⌒@                       . '"⌒ヽ
   ,| ノ゙"ヽヽ                __       | ノ"゙ヽ |      _____
 (\ノノ゚ O゚ノ/)            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎*|
 (__⊂) ) )つ__)          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
 . /ヽ_)  レヾ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  レ//,,i,, ヾ~〉    .\<0>*/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  ~ ~~しソ~~~       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

152 :エピソード137 4/17:2007/02/09(金) 21:01:38 ID:2Jsq1y7c

│私を名指しで、説明に来るようにと
│要求しています…って、君たちは!
└───v────────────

    ∧,,∧
   ミ,, ゚Д゚ミ
    (ミ 〉.F〈ミ)
    |ミ|__|ミ
    ∪ ∪

153 :エピソード137 5/17:2007/02/09(金) 21:02:14 ID:2Jsq1y7c

       人从人从人从人从人从人从人从人从人从人从人
      <                              >
      <    フッサール隊長!               >
      <                              >
       YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

154 :エピソード137 6/17:2007/02/09(金) 21:02:50 ID:2Jsq1y7c

    ∧,,∧     パパリン!
   ミ,;゚Д゚ミ     _____           (´⌒(´
    (ミ 〉.F〈ミ)  ⊂|◎ |⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
    |ミ|__|ミ        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
    ∪ ∪

155 :エピソード137 7/17:2007/02/09(金) 21:03:26 ID:2Jsq1y7c

   ∧,,∧
  ミ,;゚Д゚ミ     .| | ガッ
  と 〉.F〈ミ)   | |
    Y/ノ    人
     /__|ミ    <  >___
   _/し' //. V|◎;|)^)
  (_フ彡   ⊂[ y  >
            |====|
           〈=∧=〉
            U .U

156 :エピソード137 8/17:2007/02/09(金) 21:04:06 ID:2Jsq1y7c

│知り合いなの?
│先に積もる話をしてからにしましょう。
└───v────────────

    ,'"⌒@                       . '"⌒ヽ
   ,| ノ゙"ヽヽ                __       | ノ"゙ヽ |
 (\ノノ゚ ー゚ノ/)            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 (__⊂) ) )つ__)          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 . /ヽ_)  レヾ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
  レ//,,i,, ヾ~〉    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
  ~ ~~しソ~~~       |/\|   ~UU~

 >それぞれ、これまでの事を色々話した。

157 :エピソード137 9/17:2007/02/09(金) 21:04:41 ID:2Jsq1y7c

      │そうか、あの女剣士が助けて
      │くれたのか。
      └─────v───────
│はい、今彼女の預言…
│最悪の事態を避けようと
│動いています。
└──v────────
                               . '"⌒ヽ
                      __         | ノ"゙ヽ |      _____
    ∧,,∧              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   ミ,, ゚Д゚ミ           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
    (ミ 〉.F〈ミつ   ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |ミ|__|ミ    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ∪ ∪       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

158 :エピソード137 10/17:2007/02/09(金) 21:05:18 ID:2Jsq1y7c

│秘密は守らなければなりません。
│妖精達は…もう…あきらめています。
│でも、ヒトの子の方は…。
└────v───────────
        │私も…あきらめています。
        │私の事は気にしないで下さい。
        └─────v───────

    ,'"⌒@
   ,| ノ゙"ヽヽ
 (\ノノ゚ -゚ノ/)        ∧,,∧
 (__⊂) ) )つ__)       ミ゚Д゚ ,,ミ
 . /ヽ_)  レヾ        ミ〉F.〈 ミ)
  レ//,,i,, ヾ~〉       ミ|__|ミ|
  ~ ~~しソ~~~         ∪∪

159 :エピソード137 11/17:2007/02/09(金) 21:05:54 ID:2Jsq1y7c

│その子供はフッサール隊長の娘なのです。
│あの子は、フッサール隊長が自分達を
│捨ててセンターで暮らしていたと勘違いして
│恨んでいます。
└───v──────────────

    ,'"⌒@                       . '"⌒ヽ
   ,| ノ゙"ヽヽ                __       | ノ"゙ヽ |      _____
 (\ノノ゚ O゚ノ/)            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 (__⊂) ) )つ__)          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
 . /ヽ_)  レヾ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  レ//,,i,, ヾ~〉    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  ~ ~~しソ~~~       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

160 :エピソード137 12/17:2007/02/09(金) 21:06:29 ID:2Jsq1y7c

│家族が安全なセンターで暮らせるようにと働いて来たけど、
│妻は、あの子の母は先日、死んでしまった。
│ずっと病気をわずらっていたらしい。
│あの子が私を恨むのは当然だろう…。
│安全でなくても、地下世界で家族一緒に暮らすべきだった…。
└───v──────────────────────

     ∧,,∧
    ミ゚Д゚ ,,ミ
    ミ〉F.〈 ミ)
    ミ|__|ミ|
     ∪∪

161 :エピソード137 13/17:2007/02/09(金) 21:07:06 ID:2Jsq1y7c

│フッサール隊長、やはり行くべきです。
└────v───────────
        │本当は私も…でもダメです…
        │秘密は…多くのヒトの未来が…
        └─────v────────

    ,'"⌒@
   ,| ノ゙"ヽヽ
 (\ノノ゚ -゚ノ/)        ∧,,∧
 (__⊂) ) )つ__)       ミ゚Д゚ ,,ミ
 . /ヽ_)  レヾ        ミ〉F.〈 ミ)
  レ//,,i,, ヾ~〉       ミ|__|ミ|
  ~ ~~しソ~~~         ∪∪

162 :エピソード137 14/17:2007/02/09(金) 21:07:41 ID:2Jsq1y7c

                │行くべきだよ。
                └───v───
   │ベタだが、これで娘と
   │和解出来るかもしれんぞ!
   └───────v─────
│しかし、秘密を守らないと…
└────v────────
           │今秘密を守っても、それで相手が
           │あきらめるとも思えないよ。
           └──────v────────
                               . '"⌒ヽ
                      __         | ノ"゙ヽ |      _____
    ∧,,∧              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   ミ,, ゚Д゚ミ           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
    (ミ 〉.F〈ミつ   ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |ミ|__|ミ    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ∪ ∪       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

163 :エピソード137 15/17:2007/02/09(金) 21:08:18 ID:2Jsq1y7c

    │なら、相手を倒してしまおう。
    │ワタシ達も協力するぞ。
    └──────v──────
│………
└──v──
                               . '"⌒ヽ
                      __         | ノ"゙ヽ |      _____
    ∧,,∧              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   ミ,, ゚Д゚ミ           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
    (ミ 〉.F〈ミつ   ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |ミ|__|ミ    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ∪ ∪       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

164 :エピソード137 16/17:2007/02/09(金) 21:10:01 ID:2Jsq1y7c

│フッサール隊長、彼らにお願いしましょう。
└────v─────────────
        │はい…女王も本当は妖精達を
        │助けたかったのでしょう。
        └─────v────────

    ,'"⌒@
   ,| ノ゙"ヽヽ
 (\ノノ゚ ヮ゚ノ/)       ∧,,∧
 (__⊂) ) )つ__)       ミ゚Д゚ ,,ミ
 . /ヽ_)  レヾ        ミ〉F.〈 ミ)
  レ//,,i,, ヾ~〉       ミ|__|ミ|
  ~ ~~しソ~~~         ∪∪

165 :エピソード137 17/17:2007/02/09(金) 21:10:58 ID:2Jsq1y7c

│相手は今、モナ新宿郊外の
│廃ビルにいます。
│キングレオって名前です。
└──v──────────
         │キングレオ!
         └───v───
                               . '"⌒ヽ
                      __         | ノ"゙ヽ |      _____
    ∧,,∧              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   ミ,, ゚Д゚ミ           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
    (ミ 〉.F〈ミつ   ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |ミ|__|ミ    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ∪ ∪       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

エピソード138へ

166 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/09(金) 21:11:15 ID:jSa4mM6I
更新乙です
リアルで見れて幸せキタワー.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆.
○るぽもしてないのにガッされるパペカワイソスw

167 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 01:31:33 ID:9SmUXhaz
ということはマイちゃんも隊長の…

168 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 07:06:21 ID:/nVZijbR
更新乙であります!

169 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 14:04:10 ID:DTc/KR8G
フッサール隊長!久々の出番だー。

>>167
普通に考えればそうだが、貧乳剣士が「娘さんは妖精のなんとか兄弟と友達になっている」
とわざわざアキの方に限定していたところを考えると・・・どうなんだろう?


170 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 17:24:56 ID:j/m0YUFI
                      -  ―  ───   '7
                ∧_∧            //
 _ _ _ ___    ,,, ( ;´Д`).          //
               `゙``~^```゛¨=     、/γ"⌒ ヽ'"
_ _           ,,,.....,,....,,,,  ,・∴   (\§ミ〃ノノ))
      _ - ― = ̄ (>>169   ̄`:,    〆 ヽ、^ヽcl!゚ ‐ノl
  ̄ ̄  _――=', ・ |  |  |丶 ;,; ⌒`)    メy、傘)^て)
 ̄ ̄ ̄    ̄ ̄   ̄"'(___)_) "  ;;;,⌒`)≡ λ〃ヌ~⌒ヽ
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~ー'" ̄ ^ー゙
 胸のことなど、気にしてません。ええ、気にしてませんとも!

171 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 18:16:27 ID:4TTOm9lg
娘はマキなんじゃないか?

172 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/10(土) 20:59:49 ID:b9/J/5dp
いいなー>>169いいなー

173 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 02:46:23 ID:LnLyR5jo
キングレオをぶっ飛ばせ!

174 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 02:49:25 ID:xjyX/aIe
おいらペルソナ全然知らんから、キングレオって言われてもDQ4しか思い浮かばんわ。

175 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 03:34:55 ID:g4dtuDrr
キングレオって何で出た誰だっけ?

176 :エピソード138 1/15:2007/02/11(日) 10:20:41 ID:Nc8dGeVr

<モナ新宿郊外__廃ビル>

   :w;;;
   |ロロ#;、_,
   |ロロロ#《
   |#;.lロロ|:|
   |ロロロロ|:|
   |";;lロロ|:|
  ,;;;lロロロロ|:|;;;
 ,,,;;;::::::;;::::;;;:::;;;;;,,,

177 :エピソード138 2/15:2007/02/11(日) 10:21:22 ID:Nc8dGeVr

 .______
 |\/       \|
 |   __     . |
 |  r===`、  .|
 | 〈(ハルヒ)〉 l  .| 来ないよ、きっと…
 | リ、゚- ゚|l)从  ;i)
 |/|.li市il)   |
 ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

178 :エピソード138 3/15:2007/02/11(日) 10:21:58 ID:Nc8dGeVr

    │来るわけないよ、あんなヤツ!
    └─────v────────
             │おかしなヤツだなお前は。
             │お前が、名指ししたんだろ?
             └─────v───────
 .______
 |/     ヽ/|
 |         | __
 |        ,'´r==ミ、         ____
 |        .l 〈(ハルヒ)〉        |OO| |___
 |        从(l|゚ ロ゚ノリ        |ww,!w| / |
 |        .|\|(li市il)        へ   )/ .|
 ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ </_l_〉        (_) i'''i ̄,,,,,,/
           ヒヒ!         (_)|| ̄ ̄
                         ̄ ̄

179 :エピソード138 4/15:2007/02/11(日) 10:22:37 ID:Nc8dGeVr

          │別にオレはどっちでもいいんだよ。
          │来なけりゃ、別の方法をとるだけだ。
          └─────v──────────
 .______
 |/     ヽ/|
 |         | __
 |        ,'´r==ミ、
 |        .l 〈(ハルヒ)〉          ___
 |        从(l|゚ ロ゚ノリ  ____    /   / |
 |        .|\|(li市il)  | |OO|   ./   / .|
 ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ </_l_〉   lwl,ww| i'''i--i'''i ̄,,,,,,/
           ヒヒ!   .(    )  ̄ ̄|| ̄ ̄
                | | |     ̄ ̄
                (__)_)

180 :エピソード138 5/15:2007/02/11(日) 10:23:16 ID:Nc8dGeVr

          │アキちゃん、本当はお父さんに
          │来て欲しいんだよね。
          └──────O───────
 .______         o
 |/     ヽ/|        o
 |     __ ..|
 |   ,'´   '、.|
 |   .l     .l.|               ___
 |   从从从从.l              ./   / |
 |   .(li l il)\|     へo--へ   /   / .|
 ' ̄ ̄ 〈_l__l_〉 ̄      (∀・,,)  i'''i--i'''i ̄,,,,,,/
      ヒヒ!         WWW    ̄ ̄|| ̄ ̄
                (  (,/)     ̄ ̄
                ∪∪

181 :エピソード138 6/15:2007/02/11(日) 10:24:04 ID:Nc8dGeVr

 .______
 |\/       \|
 |   __     . |
 |  r===`、  .|
 | 〈(ハルヒ)〉 l  .| あっ!
 | リ、゚o ゚|l)从  ;i)
 |/|.li市il)   |
 ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

182 :エピソード138 7/15:2007/02/11(日) 10:24:41 ID:Nc8dGeVr

                   :w;;;
                   |ロロ#;、_,
                   |ロロロ#《
                   |#;.lロロ|:|
                   |ロロロロ|:|
                   |";;lロロ|:|
                  ,;;;lロロロロ|:|;;;
                 ,,,;;;::::::;;::::;;;:::;;;;;,,,
               ∧
               / ヽ
             <====>
     ∧,,∧     ((((゚w) < あそこ、あそこだホ〜
     ミ   ミ   ヽ ̄⌒ Am
\_  (ミ〉 〈 ミ)   ヽ   /旦
  /  ミ|__|ミ|    ヽ /|/
\|    ∪ ∪

183 :エピソード138 8/15:2007/02/11(日) 10:25:21 ID:Nc8dGeVr

 .______
 |\/       \|
 |   __     . |
 |  r===`、 ._|
 | 〈(ハルヒ)〉 llO.| 来たか。
 | リ、゚- ゚|l)从|w;i)
 |/|.li市il) (  |
 ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

184 :エピソード138 9/15:2007/02/11(日) 10:25:59 ID:Nc8dGeVr

          │おい、スモーキーズ!
          │お客さんだ、ホールまで出迎えろ!
          └─────v──────────
 .______
 |/     ヽ/|
 |     __ ..|
 |   ,'´   '、.|
 |   .l     .l.|               ___
 |   从从从从.l       ____    /   / |
 |   .(li l il)\|       .| |OO|   /   / .|
 ' ̄ ̄ 〈_l__l_〉 ̄       lwl,ww| i'''i--i'''i ̄,,,,,,/
      ヒヒ!        .(    )  ̄ ̄|| ̄ ̄
                | | |     ̄ ̄
                (__)_)

185 :エピソード138 10/15:2007/02/11(日) 10:26:35 ID:Nc8dGeVr

  | ::::::|   |                              |:::|   |
\| ::::::|   |                              |:::|   | /
  \ ::|,______|______________________|;;;|   /
‖ |::::::|   l─ ─── ─── ── ──── ─ ────|:::|   |  /
\ |::::::|   i    / /     / /     / /      / / |:::|   |/
  \ | ,,,,..;;; ..                              |:::|   l  /
\  l: | l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二||   l/
  \l: |ヽ_______________________/:|   i ̄ ̄
 ̄ ̄ |   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/''|:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |____________________________,|:::|   |
  | ::::::|  /                               |:::|   |
  |____:|/                                 、|______,|
     __
   . '" o-oヽ   ∧,,∧
   |☆((゙")ノノ ミ,, ゚Д゚ミ
   | cリ´∇`リ  (ミ 〉.F〈ミ) ._/\_
  .从/_u''u、  |ミ|__|ミ \ <0>/ < いかにも敵が襲って来そうな
    ~UU~    ∪ ∪   .|/\|    場所だな。

186 :エピソード138 11/15:2007/02/11(日) 10:27:15 ID:Nc8dGeVr

          │よし、止まれ。
          │そこで武器を捨て…フッサール隊長!
          └─────v──────────

                     ハ_ハ
               \   (__†___r〜
              ,.'⌒⌒丶(´∀`__)
         \   (从 从 i\    (( (V) ))
           \  パ‐ ゚< ./ .\   (ロ_ロ__)
            >⊂ニ/ \†ヽ  >⊂ニ/ \†ヽ
               〉=ニ==∪ \   〉=ニ==∪ \
              〈 〈\ \〜′  〈 〈\ \〜′ 
              (_) (_)    (_) (_)

187 :エピソード138 12/15:2007/02/11(日) 10:27:52 ID:Nc8dGeVr

          │シックル、ディナー、キューイチ!
          │3人とも無事だったか!
          └─────v─────────
                    │隊長も、お元気そうで。
                    │あの、ヴァルハラは?
                    │オレ達の家族は?
                    └─────v─────
           │うむ…ヴァルハラは…
           └────v─────
                          .'⌒⌒丶              ハ_ハ
     __                   (从 从 i    (( (V) ))    (__†___r〜
   . '" o-oヽ           ∧,,∧    パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)   .(´∀` )
   |☆((゙")ノノ         ミ,, ゚Д゚ミ とニ/ \†ヽ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ 〉.F〈ミつ .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  .从/_u''u、 \ <0>/   |ミ|__|ミ  | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪   (_(__)    .(_(__)   (_(__)

188 :エピソード138 13/15:2007/02/11(日) 10:28:29 ID:Nc8dGeVr

                    │消失!?そんな…
                    └─────v─────
          │ザイン君に調べてもらった。
          │原因は全く不明だが消失は事実だ。
          └─────v──────────
                                  │僕達の家は、家族は?
                                  └───────v───
          │残念だが…期待は出来ない。
          └─────v───────
                          .'⌒⌒丶              ハ_ハ
     __                   (从 从 i    (( (V) ))    (__†___r〜
   . '" o-oヽ           ∧,,∧    パO゚< ./    (ロ_ロ;.)   .(´∀`;.)
   |☆((゙")ノノ         ミ,, ゚Д゚ミ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ 〉.F〈ミ)  .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  .从/_u''u、 \ <0>/   |ミ|__|ミ  | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪   (_(__)    .(_(__)   (_(__)

189 :エピソード138 14/15:2007/02/11(日) 10:29:10 ID:Nc8dGeVr

│ザインって今ファクトリーで
│反乱を起こしてるヒト?
└───v────────
      │ファクトリーを開放するとか
      │なんとか言ってるみたいだが。
      └───v──────────
            │彼もセンターのやり方には疑問が
            │あったみたいだ。
            └────v──────────
                          .'⌒⌒丶              ハ_ハ
     __                   (从 从 i    (( (V) ))    (__†___r〜
   . '" o-oヽ           ∧,,∧    パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)   .(´∀` )
   |☆((゙")ノノ         ミ゚Д゚ ,,ミ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ〉F.〈 ミ)  .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  .从/_u''u、 \ <0>/   ミ|__|ミ|   | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪   (_(__)    .(_(__)   (_(__)



190 :エピソード138 15/15:2007/02/11(日) 10:29:54 ID:Nc8dGeVr

                │隊長、オレ達も仲間に加えてください。
                │隊長がいたからこそ、センターに従って
                │いたんです。
                └───────v─────────
                        │センターになんて未練はありません。
                        └───────v────────
        │コンピュータに強い君達がいれば
        │大助かりだ。こちらこそ頼む!
        └───────v───────
                          .'⌒⌒丶              ハ_ハ
     __                   (从 从 i    (( (V) ))    (__†___r〜
   . '" o-oヽ           ∧,,∧    パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)   .(´∀` )
   |☆((゙")ノノ         ミ,, ゚Д゚ミ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ 〉.F〈ミ)  .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  .从/_u''u、 \ <0>/   |ミ|__|ミ  | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪   (_(__)    .(_(__)   (_(__)

エピソード139へ

>>174-175
キングレオ、この辺りで
ttp://www8.atwiki.jp/storyteller/pages/334.html

191 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 10:42:19 ID:hFpupKjn
うお!
更新はやっ!
乙であります!

192 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 11:31:18 ID:9RG/dS3r
更新乙です!

193 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/11(日) 13:36:43 ID:0oczq3k4
>>190
読むのがめんどくせー

194 :エピソード139 1/15:2007/02/13(火) 20:56:33 ID:JRgDoNQv

   人从人从人从人从
  <           >
  <  あ!危ない! >
  <           >
   YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒Y

    (!)
     V            エッ?     .'⌒⌒丶             ハ_ハ
     __                   (从 从 i    (( (V) ))    (__†___r〜
   . '" o-oヽ           ∧,,∧    パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)   .(´∀` )
   |☆((゙")ノノ         ミ゚Д゚ ,,ミ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ   (/ \†ヽ
   | cリ´O`リ ._/\_   (ミ 〉.F〈ミ)  .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
  .从/_u''つ  \ <0>/   |ミ|__|ミ  | | |〜'   | | |〜'  | | |〜'
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪   (_(__)    .(_(__)   (_(__)

195 :エピソード139 2/15:2007/02/13(火) 20:57:26 ID:JRgDoNQv

                                   <マハマグナス>
                                                 / ̄ヾヽ ///
                                                / /ll  〈 ヽ /
     __                                   ///  |    ヽ |
   . '" o-oヽ           ∧,,∧                          ヾ、   )ノ
   |☆((゙")ノノ         ミ,;゚Д゚ミ               / ̄ ̄ ̄\     -―" \\  ハ_ハ  ヒエッ
   | cリ´O`リ ._/\_   ( つ F〈ミつ  .'⌒⌒丶 //  / ヽ_    ^ヽ ドカドカ!    〜(___†__)
  .从/_u''つ  \ <0>/   |ミ|__|ミ  (从 从 i       |        llノ       (⌒ー--(;´∀`)
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪  ⊂パO ゚<⊂ ⌒ヽつ  `ー、ll___ノ       (⌒) ⌒__つノつ
                                    ミ ___
                          ウワッ!        (  ) )         / ̄ヽ
                                       \ ` `(( (V) ))   ヽ__ノ
                                        `⊂ (__ロ_ロ)⊃ ヒィ

196 :エピソード139 3/15:2007/02/13(火) 20:58:08 ID:JRgDoNQv

│い、岩…?
└──v───
      │これは、失われた地変系魔法
      │マハマグナス!
      └────v─────────

     __
   . '" o-oヽ            ∧,,∧ 大丈夫か!
   |☆((゙")ノノ          ミ,;゚Д゚ミ
   | c;´∇`リ _/\_    ( つ F〈ミつ .'⌒⌒丶
  .从/_u''u、 \.;<0>/    |ミ|__|ミ (从 从 i
    ~UU~    .|/\|     ∪ ∪ ⊂パO ゚<⊂ ⌒ヽつ

197 :エピソード139 4/15:2007/02/13(火) 20:58:47 ID:JRgDoNQv

 │寝返ったか、まあいいや。
 │1人で来いとは言わなかったが、
 │また大勢連れて来やがったな。
 └─────v──────────
                   __
       ____        r===`、
       |OO| |      〈(ハルヒ)〉 l へo--へ
       |ww,!w|      リ、゚- ゚|l)从  (∀・,,)
       (    )      (li市il)   WWW
       | | |       〈_l_ヾ>   (  (,/)
       (_(__)       ヒヒ!    ∪∪

198 :エピソード139 5/15:2007/02/13(火) 20:59:29 ID:JRgDoNQv

              人从人从人从
             <        >
             <  アキ!  >
             <        >
              Y⌒Y⌒YY⌒Y
     __
   . '" o-oヽ           ∧,,∧
   |☆((゙")ノノ         ミ,, ゚Д゚ミ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ 〉.F〈ミつ
  .从/_u''u、 \ <0>/   |ミ|__|ミ
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪

199 :エピソード139 6/15:2007/02/13(火) 21:00:11 ID:JRgDoNQv

 │お前の娘だってな。
 │オレ様が美味しくいただきますた。
 │ギャハッハッハッハッハッ!
 └─────v──────────
                   __
       ____        r===`、
       |OO| |      〈(ハルヒ)〉 l へo--へ
       |ww,!w|      リ、゚- ゚|l)从  (∀・,,)
      ⊂    つ      .(li市il)   WWW
       | | |       〈_l_ヾ>   (  (,/)
       (_(__)       ヒヒ!    ∪∪

200 :エピソード139 7/15:2007/02/13(火) 21:00:54 ID:JRgDoNQv

    │モチツケ、ただのハッタリだ。
    │こちらの冷静さを失くす作戦だ!
    └──────v────────
     __
   . '" o-oヽ           ∧,,∧ クッ…!
   |☆((゙")ノノ         ミ,#゚Д゚ミ
   | cリ´∇`リ   _/\_ (ミ 〉.F〈ミつ
  .从/_u''u、   \ <0>/ |ミ|__|ミ
    ~UU~      .|/\|  ∪ ∪

201 :エピソード139 8/15:2007/02/13(火) 21:01:34 ID:JRgDoNQv

    │お前がキングレオか!
    │魔界での虐殺と放火…
    │フサロウスやシラネーヨまで…
    │忘れたとは言わさんぞ!
    │この放火魔め!
    └────v─────────
     __
   . '" o-oヽ           ∧,,∧
   |☆((゙")ノノ         ミ,, ゚Д゚ミ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ 〉.F〈ミ)
  .从/_u''u、 \ <0>/   |ミ|__|ミ
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪

202 :エピソード139 9/15:2007/02/13(火) 21:02:17 ID:JRgDoNQv

 │あ〜?
 │そもそも憶えてもいね〜よ。
 │お前は憶えてるのか、今までに殺した
 │害虫の数なんて。
 └─────v──────────
                   __
       ____        r===`、
 ホジホジ… |OO| |      〈(ハルヒ)〉 l へo--へ
      /ア|ww,!w|      リ、゚- ゚|l)从  (∀・,,)
      ヽ     .)      (li市il)   WWW
       | | |       〈_l_ヾ>   (  (,/)
       (_(__)       ヒヒ!    ∪∪

203 :エピソード139 10/15:2007/02/13(火) 21:02:55 ID:JRgDoNQv

│ギコフーリンの兄貴の事も
│覚えて無いとぬかすつもりか?
└──v───────────
             '"⌒ ヽ ヘイジョウシン…
    _____        |#ノ"゙ヽ|       __
    |#◎|   ./\| リ゚ー゚)|ノ\ . '"#o-oヽ レイセイニ…
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_ モチツケモチツケ…
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \.#<0>/
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

204 :エピソード139 11/15:2007/02/13(火) 21:03:34 ID:JRgDoNQv

   │隊長、ここはワタシ達に!
   └─────v──────
              │頼みます!
              └───v──
     __
   . '" o-oヽ           ∧,,∧
   |☆((゙")ノノ         ミ゚Д゚ ,,ミ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ〉F.〈 ミ)
  .从/_u''u、 \ <0>/   ミ|__|ミ|
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪

205 :エピソード139 11/15:2007/02/13(火) 21:06:35 ID:JRgDoNQv
204×
205○

 │なに!てめ〜ら、あの妖精の関係者か!
 │オレに大怪我させたアイツの…
 │丁度いい、先ずお前らを始末してやる!
 └─────v────────────
                   __
       ____        r===`、
       |OO|#.|      〈(ハルヒ)〉 l へo--へ
       |ww,!w|      リ、゚- ゚|l)从  (∀・,,)
     (((m     )      (li市il)   WWW
       | | |       〈_l_ヾ>   (  (,/)
       (_(__)       ヒヒ!    ∪∪

206 :エピソード139 12/15:2007/02/13(火) 21:07:19 ID:JRgDoNQv

   │隊長、ここはワタシ達に!
   └─────v──────
              │頼みます!
              └───v──
     __
   . '" o-oヽ           ∧,,∧
   |☆((゙")ノノ         ミ゚Д゚ ,,ミ
   | cリ´∇`リ _/\_   (ミ〉F.〈 ミ)
  .从/_u''u、 \ <0>/   ミ|__|ミ|
    ~UU~    .|/\|    ∪ ∪

207 :エピソード139 13/15:2007/02/13(火) 21:07:56 ID:JRgDoNQv

>造魔キングレオが現れた!
                       ____
                       |OO| |
                       |ww,!w|
                      ⊂    つ
                       | | |
                       (_(__)


     .'"⌒ヽ
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リ゚)ノ\   . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

208 :エピソード139 14/15:2007/02/13(火) 21:08:50 ID:JRgDoNQv

<サバト>
                                  .从火从  火
                                从( ´∀` )//
                       ____.      ノ/⌒    从
                       |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
                    M   |ww,!w|       〉 y 从
                   煤@ ⊂    つ     从 / 炎从
                    W | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从

 >悪霊インフェルモナが1体現れた!

209 :エピソード139 15/15:2007/02/13(火) 21:10:02 ID:JRgDoNQv

              │予想通りの火炎系。
              └────v─────
      │実にわかりやすい。
      └────v────
                             . '"⌒ヽ
    _____                 __       | ノ"゙ヽ| フッ、私が輝くときね!
    | ◎|              . '" o-oヽ /\| リ゚ー゚)|ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ.レ' VV| l. ) )⊃ヽ!
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | cリ´∇`リ    ∪), 'ヾヽ
 ○〈=∧=〉○   .\ <0>/ 从/_u''u、     (__,.へ_)_)
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

エピソード140へ

途中で間違えたヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

210 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/13(火) 21:14:29 ID:d9FdPFtl
更新乙であります!


211 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/14(水) 11:26:43 ID:6LuJGx6B
更新乙ですよ〜

失敗はご愛嬌w

212 :エピソード140 1/17:2007/02/15(木) 20:40:24 ID:XE9IjtRP

                                  .从火从  火
                                从( ´∀` )//
                       ____.      ノ/⌒    从
                       |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
                       |ww,!w|       〉 y 从
                      ⊂    つ     从 / 炎从
                       | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从
                  *.∧
                 <lXl>
                 / ∨* キラキラ…
         \∧/  .//:
         <  >
     .'"⌒ヽ/∨\  <マハブフーラ>
     |  ノノ∩                         ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

213 :エピソード140 2/17:2007/02/15(木) 20:41:12 ID:XE9IjtRP

                          <炎の壁>
                                  .从火从  火
                                从( ´∀` )//
                       ____.      ノ/⌒    从
                       |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
         ゴォォォォォ!       |ww,!w|       〉 y 从
            从从从从从从 ⊂    つ     从 / 炎从
            从从从从从从  | | |      人 || 从从
            从从从从从从  (_(__)     .炎从炎从
            从从∩从从从
            从⊂lOl⊃从从 ジュッ…
            从从∪从从从
            从从从从从从

214 :エピソード140 3/17:2007/02/15(木) 20:41:48 ID:XE9IjtRP

       人从人从人从人从人从人从人从人从人从人从人从人
      <                                 >
      <  ヒャッヒャッヒャッヒャッ、氷結対策はバッチリよ!  >
      <                                 >
       Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y

                                  .从火从  火
                                从( ´∀` )//
                       ____.      ノ/⌒    从
                       |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
                       |ww,!w|       〉 y 从
                      ⊂    つ     从 / 炎从
                       | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从

215 :エピソード140 4/17:2007/02/15(木) 20:42:25 ID:XE9IjtRP

    │性格はアレだが、馬鹿ではないな。
    └──────v────────
                               . '"⌒ヽ
    _____                 __        | ノ"゙ヽ |
    | ◎|              . '" o-oヽ  /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ  レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | cリ´∇`リ     /ソ丶.(∪
 ○〈=∧=〉○   .\ <0>/ 从/_u''u、    (_(_/、_ソ
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

216 :エピソード140 5/17:2007/02/15(木) 20:43:01 ID:XE9IjtRP

                         /
                       // バチバチ    .从火从  火
                       \\       从( ´∀` )//
                  グワッ! ____.      ノ/⌒    从
                   >   |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
                   >   |ww,!w|       〉 y 从
                      ⊂    つ     从 / 炎从
                       | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从


     .'"⌒ヽ                          <ジオ>
     |  ノノ                          ____ 
 /\ |  リノノ\   . '" ⌒ ヽ              (^(.|   |.)^)
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            《<   >》
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ○.|====| ○
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  大〈=∧=〉大
               ~UU~        |/\|     U U

217 :エピソード140 6/17:2007/02/15(木) 20:43:39 ID:XE9IjtRP

<SWORD>

                                        /
                                  .从火从/火
                                从( ´∀///
                       ____.      ノ/⌒/  从
                       |OO| |   ⊂ニi|/-'ー炎从
                       |ww,!w|     / 〉 y 从
                      ⊂    つ  / 从 / 炎从
                       | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从

              /´⌒ヽ
         // /  ☆)
        ┌─⊂/   /ノ  ザシュッッッッッッッ…
            ノハ从ノハ〉
           (/   ヽ)

218 :エピソード140 7/17:2007/02/15(木) 20:44:18 ID:XE9IjtRP

                    <サバト>
         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从        |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从      M  |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从    煤@ ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从      W | | |      人 || 从从
        炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从

 >悪霊インフェルモナが1体現れた!

219 :エピソード140 8/17:2007/02/15(木) 20:44:55 ID:XE9IjtRP

    │チッ、物量作戦か!
    └──────v─────
│なんて卑怯な!
└──v───────
          │まぁ私達も4人がかりだけどね。
          └───────v──────
                               . '"⌒ヽ
    _____                 __        | ノ"゙ヽ |
    | ◎|              . '" o-oヽ  /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ  レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | cリ´∇`リ     /ソ丶.(∪
 ○〈=∧=〉○   .\ <0>/ 从/_u''u、    (_(_/、_ソ
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

220 :エピソード140 9/17:2007/02/15(木) 20:45:31 ID:XE9IjtRP

 <ファイアブレス>

         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从         |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从         |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从       ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从         | | |      人 || 从从
        炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从
         .:;'     ..:;    .:   ';. 
           ,. ;'  .:   ,.   :.   .;'          )ヽ.:   ';.
                 )ヽ     (';;:.          (';:.:;( 
   ノ(,:;ノ(        (ゝノ;:.:;(     );;::;.           .;:;:;;) 
   (;;;:; .'"⌒ヽ   )ヽノレ,);;::.. ..::ゝノ(,,.:;'...::;;:;:;;)   )ヽ   ,);;::.. ..::ゝ
     |  ノノ (,:;';;;:;:;:::....              ;';;;:;:  ヾ ____....::::;:;:;:;;;;( ゴォォォォォ
 /\ |  リノノ\   . '" ⌒ ヽ  ;'...::;;:;:;         .  |  | .....::::;:;:;:;;)
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃.:::;:;:;;;;ゝ
     )  !へ    |  lcリ+ノ  ;:;:;;;;  _/\_  ‖ |====| ‖ ...:::;:;;;;li
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○..::;:;;;li|
               ~UU~ ;:;:;;;;     |/\|   大 U .U 大;;;'''''゙゙´

221 :エピソード140 10/17:2007/02/15(木) 20:46:12 ID:XE9IjtRP

         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从         |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从         |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从       ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从      + | | |      人 || 从从
        炎从炎从   +     * .(_(__)     .炎从炎从
                    ○
                   *  ヽ キラッ
     .'"⌒ヽ               \    デカイの逝くぞ!
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ  <メギド>  从 ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\Σ て‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /W. ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

222 :エピソード140 11/17:2007/02/15(木) 20:46:55 ID:XE9IjtRP

                __,,:::========:::,,__  ズウゥゥゥゥゥゥン
             ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
           ..‐´      ゙          `‐..
        从/                    \    从火从  火
       ノ,:'´                       ヽ.从( ´∀` )//
.     .⊂ニ.'             +           ヽ从ー'ー炎从
.      /  ....         +     *           ゙:   y 从
.      ;゙ 从 /   :                       ゙;/炎从
     / .人 || 从        *    .| |          ;, 从从
     i ; 炎从炎从 :...         (_(__)      ;l从炎从
      :::;;;;...                        ...;;;;::: 
        :::;;;;...                     ...;;;;:::
          '''''''::::::;;;;;,,,,,,,,,,,,,..    ..,,,,,,,,,,,;;;;;::::::'''''''
                   ''''''''''''''''''

223 :エピソード140 12/17:2007/02/15(木) 20:47:36 ID:XE9IjtRP

         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从     はぁはぁ       ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从        ____   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从          |OO| |       〉 y 从
        从 / 炎从        |ww,!w|      从 / 炎从
        人 || 从从        ⊂ (⌒⊂)     人 || 从从
        炎从炎从         (_| i_)     .炎从炎从
                         ー

     .'"⌒ヽ
     |  ノノ             大分こたえてるな!  ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

224 :エピソード140 13/17:2007/02/15(木) 20:48:13 ID:XE9IjtRP

         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从                 ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从        ____   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从          |OO| |       〉 y 从
        从 / 炎从        |ww,!w|      从 / 炎从
        人 || 从从      +⊂ (⌒⊂)     人 || 从从
        炎从炎从   +     * .(_| i_)     .炎从炎从
                    ○    ー
                   * | キラッ
     .'"⌒ヽ            |
     |  ノノ  <メギド>   | もういっちょう!    ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              . |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ从    _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从  .っ  >  . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~ W        |/\|   大 U .U 大

225 :エピソード140 14/17:2007/02/15(木) 20:48:56 ID:XE9IjtRP

                __,,:::========:::,,__  ズウゥゥゥゥゥゥン
             ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
           ..‐´      ゙          `‐..
        从/                    \    从火从  火
       ノ,:'´                       ヽ.从( ´∀` )//
.     .⊂ニ.'             +           ヽ从ー'ー炎从
.      /  ....         +     *           ゙:   y 从
.      ;゙ 从 /   :                       ゙;/炎从
     / .人 || 从        *  ⊂   ⊂)         ;, 从从
     i ; 炎从炎从 :...         (_| i_)       ;l从炎从
      :::;;;;...                 ー      ...;;;;::: 
        :::;;;;...                     ...;;;;:::
          '''''''::::::;;;;;,,,,,,,,,,,,,..    ..,,,,,,,,,,,;;;;;::::::'''''''
                   ''''''''''''''''''

226 :エピソード140 15/17:2007/02/15(木) 20:49:36 ID:XE9IjtRP

 >悪霊インフェルモナを2体倒した!
                       ____ くそったれ…!
                          |OO| |
                          |ww,!w|
                      ⊂ (⌒⊂)
                       (_| i_)
                         ー

     .'"⌒ヽ
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

227 :エピソード140 16/17:2007/02/15(木) 20:50:24 ID:XE9IjtRP

    │もう後が無いぞ、キングレオ!
    └──────v──────
                             . '"⌒ヽ
    _____                 __       | ノ"゙ヽ|
    | ◎|              . '" o-oヽ /\| リ゚ー゚)|ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ.レ' VV| l. ) )⊃ヽ!
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | cリ´∇`リ    ∪), 'ヾヽ
 ○〈=∧=〉○   .\ <0>/ 从/_u''u、     (__,.へ_)_)
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

228 :エピソード140 17/17:2007/02/15(木) 20:51:10 ID:XE9IjtRP

            │しゃ〜ねぇ、本気で逝くか!
            └───────v──────
                       ____
                          |OO| |
                          |ww,!w|
                      ⊂ (⌒⊂)
                       (_| i_)
                         ー

エピソード141へ

229 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/15(木) 21:31:14 ID:rZkuJusW
更新乙であります!

230 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/15(木) 23:29:05 ID:GBftgfut
キングレオの本気汁wktk

231 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/16(金) 00:04:16 ID:LO/QysnL
乙であります

パペが・・・真面目に戦っている・・・ジオだけど

232 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/16(金) 21:30:57 ID:MlXCmYGE
http://www.ngk.co.jp/info/gallery/tv/2006/index.html
こいつがパペマペシにしか見えなくなった

233 :エピソード141 1/18:2007/02/17(土) 20:43:42 ID:tWbiHEku

       <龍の眼光>
                       ____
                         |OO| |
                    .M  |ww,!w|
                  煤@ ⊂ (⌒⊂)
                    W  (_| i_)
                         ー

     .'"⌒ヽ
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

234 :エピソード141 2/18:2007/02/17(土) 20:44:20 ID:tWbiHEku

                       □ □ □ □
                       大 大 大 大 ピロピロリン…

                       ____
                          |OO| |
                          |ww,!w|
                      ⊂ (⌒⊂)
                       (_| i_)
                         ー

235 :エピソード141 3/18:2007/02/17(土) 20:44:55 ID:tWbiHEku

       <ディアラハン>

                       ※ □ □ □
                       ※ 大 大 大
                       ____
                :        |OO| |  :  パァァァァァ…
                :   .M  |ww,!w|  :
                : 煤@ ⊂ (⌒⊂)  :
                :   W  (_| i_)  :
                :        ー    :

236 :エピソード141 4/18:2007/02/17(土) 20:45:33 ID:tWbiHEku

             <サバト>
                          ※ □ □
                          ※ 大 大
                                  .从火从  火
                                从( ´∀` )//
                       ____.      ノ/⌒    从
                       |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
                    M   |ww,!w|       〉 y 从
                   煤@ ⊂    つ     从 / 炎从
                    W | | |      人 || 从从
                       (_(__)     .炎从炎从

 >悪霊インフェルモナが1体現れた!

237 :エピソード141 5/18:2007/02/17(土) 20:46:08 ID:tWbiHEku

              <サバト>
                            ※ □
                            ※ 大
         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从        |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从      M  |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从    煤@ ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从      W | | |      人 || 从从
        炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从

 >悪霊インフェルモナが1体現れた!

238 :エピソード141 6/18:2007/02/17(土) 20:46:57 ID:tWbiHEku

              <ラクカジャ>
                               ※
                               ※
         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
 /     ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从   \
(     .⊂ニ从ー'ー炎从        |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从    \
 \       .〉 y 从      M  |ww,!w|       〉 y 从      )
   \    从 / 炎从    煤@ ⊂    つ     从 / 炎从    /
    \   人 || 从从      W | | |      人 || 从从   /
   \\\ 炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从  ///

239 :エピソード141 7/18:2007/02/17(土) 20:47:36 ID:tWbiHEku

                │さぁ、仕切り直しだ。
                │ギャハッハッ!
                └─────v────
         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从         |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从         |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从       ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从         | | |      人 || 从从
        炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从

     .'"⌒ヽ
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

240 :エピソード141 8/18:2007/02/17(土) 20:48:19 ID:tWbiHEku

    │このままではMP消費合戦だな。
    └──────v───────
│これは、ヤバイのでは?
└──v────────
          │どうする?仲魔呼んで手数を増やす?
          └───────v─────────
                               . '"⌒ヽ
    _____                 __        | ノ"゙ヽ |
    |;◎|                 . '" o-oヽ  /\ |(゚ー゚; |ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ  レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | c;´∇`リ     /ソ丶.(∪
 ○〈=∧=〉○   .\.;<0>/ 从/_u''u、    (_(_/、_ソ
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

241 :エピソード141 9/18:2007/02/17(土) 20:48:54 ID:tWbiHEku

│オイ、君たち!
│そいつは、キングレオは物理攻撃に弱い!
│魔法より剣か銃だ!
└──────v───────────

       .'⌒⌒丶
      ′从 从)
      ヽゝ゚ O゚ν
       ハ†/ \つ
      ∪==ニ=〈
       / / ) .)
      .(_)(_)

242 :エピソード141 10/18:2007/02/17(土) 20:49:29 ID:tWbiHEku

          │剣技…イメージ…イメージ…イメージ…
          │あっ、なんだか出来そう。
          └───────v─────────
                        │どうしたの、聖ちゃん?
                        └─────v─────

                               . '"⌒ヽ
    _____                 __        | ノ"゙ヽ |
    | ◎|              . '" o-oヽ  /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 ⊂[  y ]⊃           |☆((゙")ノノ  レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 ‖ |====| ‖   ._/\_  | cリ´∇`リ     /ソ丶.(∪
 ○〈=∧=〉○   .\ <0>/ 从/_u''u、    (_(_/、_ソ
 大 U  U 大     |/\|    ~UU~

243 :エピソード141 11/18:2007/02/17(土) 20:50:07 ID:tWbiHEku

              │何、ごちゃごちゃ言ってやがる!
              └──────v───────
         从火从  火                  从火从  火
        从( ´∀` )//                 从( ´∀` )//
        ノ/⌒    从        ____.     ノ/⌒    从
      .⊂ニ从ー'ー炎从         |OO| |   ⊂ニ从ー'ー炎从
          〉 y 从         |ww,!w|       〉 y 从
        从 / 炎从       ⊂    つ     从 / 炎从
        人 || 从从         | | |      人 || 从从
        炎从炎从         (_(__)     .炎从炎从

     .'"⌒ヽ
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

244 :エピソード141 12/18:2007/02/17(土) 20:50:57 ID:tWbiHEku

見よう見まね <刹那五月雨撃>

               /      グワ〜             /
         从火从/火                  从火从/火
        从( ´∀///                 从( ´∀///
        ノ/⌒/  从        .____     .ノ/⌒/  从
      .⊂ニi|/-'ー炎从         |OO| /  ⊂ニi|/-'ー炎从
       / 〉 y 从         |ww/|     / 〉 y 从
      / 从 / 炎从       .⊂ /  つ  / 从 / 炎从  ザシュッッッッ…
        人 || 从从         / | |      人 || 从从
        炎从炎从       /(_(__)     .炎从炎从
  ザシュッッッッ…
                     ザシュッッッッ…
              /´⌒ヽ
         // /  ☆) ハッ!
        ┌─⊂/   /ノ
            ノハ从ノハ〉
           (/   ヽ)

245 :エピソード141 13/18:2007/02/17(土) 20:51:38 ID:tWbiHEku

                __,,:::========:::,,__  ズウゥゥゥゥゥゥン
             ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
           ..‐´      ゙          `‐..
        从/                    \    从火从  火
       ノ,:'´                       ヽ.从( ´∀` )//
.     .⊂ニ.'             +           ヽ从ー'ー炎从
.      /  ....         +     *           ゙:   y 从
.      ;゙ 从 /   :                       ゙;/炎从
     / .人 || 从        *    .| |          ;, 从从
     i ; 炎从炎从 :...         (_(__)      ;l从炎从
      :::;;;;...                        ...;;;;:::
        :::;;;;...                     ...;;;;:::
          '''''''::::::;;;;;,,,,,,,,,,,,,..    ..,,,,,,,,,,,;;;;;::::::'''''''
                   ''''''''''''''''''
     .'"⌒ヽ                   それ!
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ  <メギド>  从 ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\Σ て‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /W. ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

246 :エピソード141 14/18:2007/02/17(土) 20:52:15 ID:tWbiHEku

                       ____ やべぇ…体力が…
                          |OO|;.l
                          |ww,!w|   はぁはぁ…
                      ⊂ (⌒⊂)
                       (_| i_)
                         ー

247 :エピソード141 15/18:2007/02/17(土) 20:52:51 ID:tWbiHEku

<逃亡>

                            ____ 憶えてやがれ!
                       ─    | |OO|
                        _   |wl,ww|
                      ─── (  つつ
                       ─   人 ヽノ
                           (__(__)

248 :エピソード141 16/18:2007/02/17(土) 20:57:51 ID:tWbiHEku

│逃がすかよ!
│槍、槍を貸して!
└──v──────
                              . '"⌒ヽ
    _____               __.       | ノ"゙ヽ |
    | ◎|              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 ⊂[  y ]⊃          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
 ‖ |====| ‖   ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
 ○〈=∧=〉○   .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
 大 U  U 大     |/\|   ~UU~

249 :エピソード141 17/18:2007/02/17(土) 20:58:43 ID:tWbiHEku

  │ゲイ…
  └──v─
        /
       /∩
     ∩ ◎| |
    /| ̄ly ノ
  /  |====|
     〈=∧=〉
      U  U

250 :エピソード141 18/18:2007/02/17(土) 20:59:29 ID:tWbiHEku

    人从人从人
   <       >
   < ボルク! >
   <       >
    Y⌒YY⌒Y⌒
      _____        シュッ!!
      | ◎|
 ⊂U⌒~  ]つ    ──==≡ ────→
   〈=/ ̄
    ∪

 >パペマペシは「投擲S」のスキルを使い切った!

エピソード142へ

251 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 21:01:13 ID:8vwd/DBI
更新乙です
パペが兄さんの忘れ形見を…
ってかまた役に立ったわぁ

252 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 21:16:38 ID:DB1ZB25R
聖はそのうち飛天御剣流も使いこなせるに違いない。

253 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 21:32:29 ID:Hmf2EktG
乙であります!

254 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 22:18:58 ID:h6i7BrzJ
切なさ乱れ撃ちは弓技のような気がしたが別にそんなことはなかったぜ!★乙!

255 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 22:22:03 ID:h74rZw1V
乙であります

せつなさみだれうちキタ━(゚∀゚)━!
使いきりスキルがこんなとこで役に立つとは
っていうかパペ役に立ちすぎだ!大丈夫か!正気にもどれ!

256 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/17(土) 23:50:00 ID:H+tD80LT
パペwwwww

257 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/18(日) 03:06:18 ID:HcoJ4Pc4
見よう見まねってそんな技があったのか

258 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/18(日) 12:15:12 ID:P9wiBfdF
パペ・・・中の人コソ〜リ入れ替わってないか?変だぞw

259 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/18(日) 23:15:44 ID:Uy7QevYM
>>258
きっと投擲が外れたりするんだよ…ww


いや、流れ的にないよね?


260 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/19(月) 15:43:11 ID:0pD4XTTG
普段チャラけてても決めるところは決める
ギコフーリンのそういう精神を受け継いだと解釈したい

261 :エピソード142 1/20:2007/02/19(月) 21:09:34 ID:BQsWW6yM
                                         ____|
│狙いが外れて服に刺さった。                      |OO|;.|┬┴
└──v─────────                        .|ww,!w|┴┬
      │でも捕まえられたじゃない。            ────ゝ   )─
      └─────v──────                〈 〈 〈∪─
                                         ヽ_)、_)|┬
             '"⌒ ヽ.                              |┴
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ 
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \ <0>/
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

262 :エピソード142 2/20:2007/02/19(月) 21:10:16 ID:BQsWW6yM

      │なんだよ、オレが自分の為に大勢殺したのが
      │許せないって言うんのかよ?
      │ハッ!お前らだって散々殺してきてんだろが!
      └─────v──────────────
              ____
              |OO| |
              |ww,!w|
          ───ゝ   )
              〈 〈 〈∪
              ヽ_)、_)

263 :エピソード142 3/20:2007/02/19(月) 21:10:55 ID:BQsWW6yM

│お前は殺すのが目的だろ!
│ワタシ達はそうじゃない!
└───v─────────
      │神の為になら、虐殺も許されるって?
      │世界を救う為なら、虐殺も許されるって?
      │ギャハハ、やってる事は同じなんだよ!
      └─────v───────────
  │ち、違う!
  └──v──
         │違わねぇ!
         └───v──
              ____
                |OO| |
   _/\_     |ww,!w|
   \ <0>/ .───ゝ   )
    .|/\|      〈 〈 〈∪
              ヽ_)、_)

264 :エピソード142 4/20:2007/02/19(月) 21:11:34 ID:BQsWW6yM

      │そうだよ、目的は違ってもやってる事は同じかもしれない。
      │でも、あなたも「自分の為に殺してきた」って言ってるなら、
      │私達が「自分の為にあなたを殺す」のも受け入れられるよね。
      │自分がするのはいいが、されるのは嫌だなんて言わないよね?
      └──────────v────────────────

             '"⌒ ヽ.
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ 
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、
 大 U  U 大              ~UU~

265 :エピソード142 5/20:2007/02/19(月) 21:12:13 ID:BQsWW6yM

      │…ああ、殺せよ。
      │で、どうする?指を1本1本引き千切るか?
      │殺しと蘇生を繰り返し、苦痛を与え続けるか?
      └─────v──────────────
              ____
              |OO| |
              |ww,!w|
          ───ゝ   )
              〈 〈 〈∪
              ヽ_)、_)

266 :エピソード142 6/20:2007/02/19(月) 21:12:52 ID:BQsWW6yM

             │モララビア、魔界での事はあなたが
             │一番の当事者だけど、
             │私に任せてくれる?
             └──────v─────────
             '"⌒ ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ 
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_ コクッ…
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \<0> /
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

267 :エピソード142 7/20:2007/02/19(月) 21:13:32 ID:BQsWW6yM

                                         ____|
                                         |OO| |┬┴
                                         |ww,!w|┴┬
                                     ───ゝ   )
                                         〈 〈 〈∪
                                         ヽ_)、_)|┬
             '"⌒ ヽ.                              |┴
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ  ムドオン!
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''っ、   \ <0>/
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

268 :エピソード142 8/20:2007/02/19(月) 21:14:10 ID:BQsWW6yM

              ____
              |OO| |
              |ww,!w|
          ───ゝ   )
              〈 〈 〈∪
              ヽ_)、_)

 か、馬鹿な…呪殺だと?
 何故そんなあっさり殺すんだ?
 もっと、いたぶって、苦痛を与えないのか?
 …目的は違っても、やってる事は同じ殺戮…
 …やってる事は同じ殺戮でも…殺し方は違う…

269 :エピソード142 9/20:2007/02/19(月) 21:14:49 ID:BQsWW6yM

                       │お前ら…あますぎるよ…
                       │…そんなんじゃ…生き残れねぇ…よ…
                       │いいか…もっと非情に…な…れ…
                       │でないと…世界なんて…変えられ…な…
                       └────────────v─────
                                         ____|
                                         |OO| |┬┴
                                         |ww,!w|┴┬
                                     ───ゝ   )
                                         〈 〈 〈∪
                                         ヽ_)、_)|┬
             '"⌒ ヽ.                              |┴
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''っ、   \ <0>/
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

 >造魔キングレオを倒した!

270 :エピソード142 10/20:2007/02/19(月) 21:15:36 ID:BQsWW6yM

                │あまい…かな。
                └───v────
                      │ヤツが言ったことは、本質を突いている…
                      │「神の為」に虐殺してるのがLAW
                      │「自分の為」に虐殺してるのがCHAOS
                      │どちらも目的の為に手段を選ばない。
                      │ワタシ達も同じだが…同じでであってはならない。
                      └──────v──────────────
       │争いの無い世界を創る為に殺すのって
       │矛盾してるけど、それをしなけけりゃ
       │世界は変えられない。
       │でも出来るなら、手段も選びたいね。
       └──────────v──────

             '"⌒ ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ 
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \<0> /
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

271 :エピソード142 11/20:2007/02/19(月) 21:16:21 ID:BQsWW6yM

│呪殺が効くなら、戦闘であんなに苦労しなくても
│良かったのに…。
└──v─────────────────
            │あの服、呪殺無効だったの、それが破れたから。
            └────────v────────────
         │大手柄よ。
         └───v──
                │本人は知らないうちに、事件の手掛かりを
                │つかんでいるワトソンタイプだな、漏前は。
                └──────────v────────
               . '"⌒ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ |      __
    | ◎|    /\ |(゚ー゚リ |ノ\  '"o-o ヽ、
 ⊂[  y ]⊃ レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ((゙"))ノノ l
 ‖ |====| ‖    /ソ丶.(∪     リ´∇`リb |  _/\_ 古畑なら今泉くん
 ○〈=∧=〉○   (_(_/、_ソ       u''u_ヽ从  \<0> /
 大 U  U 大               ~UU~     |/\|

272 :エピソード142 12/20:2007/02/19(月) 21:16:59 ID:BQsWW6yM

   │さっきの剣技はアレ?「技を閃いた」ってやつ?
   └───────v─────────────
               │前に見たのを思い出してたら、使えたの。
               └─────v────────────
      │これもモラ様も力なの?
      └─────v─────
                │ワタシにそんな力は無い、聖の固有スキルかもな。
                └───────────v──────────

              . '"⌒ヽ
    _____        | ノ"゙ヽ|      __
    | ◎|     ./\| リ゚ー゚)|ノ\  '"o-o ヽ、
 ⊂[  y ]⊃  レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ((゙"))ノノ l
 ‖ |====| ‖     .∪), 'ヾヽ    リ´∇`リb |  _/\_
 ○〈=∧=〉○      (__,.へ_)_)   .u''u_ヽ从  \<0> /
 大 U  U 大               ~UU~    . |/\|

273 :エピソード142 13/20:2007/02/19(月) 21:17:40 ID:BQsWW6yM

   人从人从人从人从人从人从人从人从人从人
  <                           >
  <  兄者! 弟者! 兄者! 弟者!     >
  <                           >
   YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒Y
             ∧
             / ヽ
           <====>へo--へ ヒホヒホ!
            ((((゚w)∩(∀・,,)
          ヽ ̄⌒ AmヽWWW
           ヽ   /旦 (  (,/)
           ヽ /|/   ∪∪

274 :エピソード142 14/20:2007/02/19(月) 21:18:18 ID:BQsWW6yM

│アキ…無事でよかった。
└───v───────
      │ふんだ!
      │私達を捨てて、センターでのうのうと
      │暮らしていたくせに、今更…
      │どうせ、あの女やマイと仲良く暮らしていたんでしょ!
      └─────v────────────────

              __
             ,'´r==ミ、
    ∧,,∧     l 〈(ハルヒ)〉 プイッ!
   ミ,, ゚Д゚ミ     从(l|゚ ロ゚ノリ
    (ミつF〈ミつ    (l市il)
    |ミ|__|ミ      〈_l_ヾ>
    ∪ ∪       ヒヒ!

275 :エピソード142 15/20:2007/02/19(月) 21:18:55 ID:BQsWW6yM

   │なんだと、お前!隊長は!
   └─────v──────
│まぁモチツケよ。
└───v─────
          .'⌒⌒丶
   (( (V) ))  ′从 从)
   (__ロ_ロ) ヽゝ゚ ロ゚ν
   ハ†/ \つ ハ†/ \つ
   ∪==ニ=〈 ∪==ニ=〈
   | | |   / / ) .)
   (__)_) (_)(_)

276 :エピソード142 16/20:2007/02/19(月) 21:19:38 ID:BQsWW6yM

│いいかい、お嬢ちゃん。
│オレ達はヴァルハラのスラムでハッカーをやっていた。
│ある日センターの中央コンピューターに侵入して逮捕された。
│処刑される所を隊長が「彼らのお陰でセキュリティの不備が
│解った。」「逆に彼らにセキュリティ強化させよう。」と言って
│かばってくれたんだ。
└───v──────────────────────

             __
   (( (V) ))    r===`、
   (__ロ_ロ)  〈(ハルヒ)〉 l
   ハ†/ \)   リ、゚- ゚|l)从
   ∪==ニ=〈    (l市il)
   | | |    〈_l_ヾ>
   (__)_)    ヒヒ!

277 :エピソード142 17/20:2007/02/19(月) 21:20:18 ID:BQsWW6yM

│僕達はそれで助かったんだよ。
│まぁ、それは実行はされず、
│僕達は隊長の部下として働くことのなったんだ。
└───v─────────────────
      │コンピューター部門の連中は、自分達のプライドが
      │傷つけられたと、隊長を逆恨みして隊長を左遷しようと
      │したんだ。
      └──────v─────────────────

    ハ_ハ       .'⌒⌒丶
  〜(___†__)     ′从 从)
   ( ´∀`)     ヽゝ゚ ロ゚ν
   ハ†/ \つ     ハ†/ \つ
   ∪==ニ=〈     ∪==ニ=〈
   | | |      | | |
   (__)_)     (__)_)

278 :エピソード142 18/20:2007/02/19(月) 21:20:57 ID:BQsWW6yM

│隊長が、自分の幸せや出世だけを
│考えるヒトなら、もっと出世してるよ。
│オレ達の事なんて、放って置けば良かったんだよ。
│隊長はいつも、残してきた家族を心配していた。
│それは、まぎれも無い事実だよ。
└───v──────────────────
             __
   (( (V) ))    r===`、
   (__ロ_ロ)  〈(ハルヒ)〉 l
   ハ†/ \)   リ、゚- ゚|l)从
   ∪==ニ=〈    (l市il)
   | | |    〈_l_ヾ>
   (__)_)    ヒヒ!

279 :エピソード142 19/20:2007/02/19(月) 21:21:38 ID:BQsWW6yM

                 人从人从人从人从人从人从
                <                 >
                <  うるさい!うるさ〜い! >
                <                 >
                 Y⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY
 人从人从人从人从人从人从
<                 >
< アキちゃん、待ってよ〜  >
<                 >
 Y⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY
         ∧                    __
         / ヽ                  ,'´r==ミ、
       <====>  へ--oへ         l 〈(ハルヒ)〉
  ──   ((((゚w)    (,,・∀)        ○(l| `0´ノ○
      ヽ ̄⌒ Am   WWW    ──  \_li市i/
 ──   ヽ   /旦   (つ  つ     ── </_l_〉
  ──  ヽ /|/    (/∪          (/ (/

280 :エピソード142 20/20:2007/02/19(月) 21:22:18 ID:BQsWW6yM

   │あの娘も本当は解ってるんでしょうね、
   │おじ様の人柄は。
   └───────v─────────
               │でも今まで、隊長を恨む事で生きてきたから、
               │それを認めると、今までの自分の生き方そのものを
               │否定することになるしね…。
               └──────v───────────────
│まぁ、親子喧嘩は犬も
│喰わないって言うし。
└──v────────
                         │それ、夫婦喧嘩。
                         │ワタシ達がへたに口を出すより、
                         │時が解決するのを待とう。
                         └──────v────────
              . '"⌒ヽ
    _____        | ノ"゙ヽ|      __
    | ◎|     ./\| リ゚ー゚)|ノ\  '"o-o ヽ、
 ⊂[  y ]⊃  レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ((゙"))ノノ l
 ‖ |====| ‖     .∪), 'ヾヽ    リ´∇`リb |  _/\_
 ○〈=∧=〉○      (__,.へ_)_)   .u''u_ヽ从  \<0> /
 大 U  U 大               ~UU~    . |/\|

エピソード143へ

281 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/19(月) 21:52:24 ID:USxnOxsP
GJ!!

282 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/19(月) 22:32:12 ID:+PTaYzev
おいらのした予想。
パペが投げた槍は外れるけど、槍があたった何か(道ばたの標識とか頭上の看板)が
倒れて来て、レオを直撃。

…まあ、予想は外れたけど、やはりボケははずさないなw
でも服だけ貫通って、実は逆に凄いんじゃん?

283 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/19(月) 23:58:46 ID:6IOFAPUL
乙であります

神の為のLAWと自分の為のCHAOS
でも、モラさまが言ってるのってどっちもDARKだよね

284 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 02:19:31 ID:LU5NZou8
>283
そういう属性談義はヨソでやるんだ相棒。
スレが荒れる元になる。

285 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 06:44:40 ID:XUQEf0ex
どっちでもいいけど
追い出すほどのことじゃないだろ

286 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 07:09:16 ID:tZ4jLK8E
更新乙であります!

287 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 14:54:44 ID:jTgWZ5it
パペも大分良いキャラになってきたなw

キングレオも確信を突いてくるけど、良いやつだったのかも

288 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 15:45:43 ID:Op7w2ANr
昔は良い奴だったのかもな

289 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/20(火) 18:51:11 ID:OE8nFN7t
更新乙です!

290 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/21(水) 12:52:10 ID:33LOM3Qk
☆←この人ってなんなの?
天才?

291 :エピソード143 1/18:2007/02/21(水) 20:54:45 ID:bLSo5Bym

<センター>

│しっかりなさいませ、
│折角コンパクトを持って来て
│あげましたのに。
└───v─────────
      │しょうがね〜じゃん、あんなアレな剣士
      │連れて来たんじゃ…
      │それより、デートの約束は?
      └──────v──────────
│仕事も満足に出来ない
│ヒトはお呼びじゃありませんわ。
└───v──────────

   ∞  ̄ ヽ
   /l ソ)ソンリ)     (〇=ノノ))
   | |(l|゚ ー゚ノi       (・∀・;)
   | .(li<†>i)      ⊂ ▽† )
   |__|</_l_〉       | | |
     .ヒヒ!       (_(__)

292 :エピソード143 2/18:2007/02/21(水) 20:55:21 ID:bLSo5Bym

<エルーの部屋>

     ∞  ̄ ヽ
     /l ソ)ソンリ)
     | |(l|゚ ー゚ノi
   __|__(つ|| ̄ ̄|_ カタカタ…
    |\  ヾ||――|\\
    |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
   .\|_____|三|

293 :エピソード143 3/18:2007/02/21(水) 20:55:57 ID:bLSo5Bym

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 天使異聞録のエルーは可愛いハァハァ
 ┃
 ┃1:通行人├\:20XX/6/15 ID:er786Tkue
 ┃  エルーの魅力について語ろう!
 ┃
 ┃5:通行人├\:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  うんうん、ハァハァだね
 ┃
 ┃6:通行人├\:20XX/6/20 ID:ipa3mh0/9
 ┃  1=5
 ┃
 ┃7:通行人├\:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  違うわ、ボケ

294 :エピソード143 4/18:2007/02/21(水) 20:56:33 ID:bLSo5Bym

│スレが余り、伸びていませんわ。
└───v──────────

     ∞  ̄ ヽ
     /l ソ)ソンリ)
     | |(l|゚ ロ゚ノi
   __|__(li<|| ̄ ̄|_
    |\ ヾ!||――|\\
    |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
   .\|_____|三|

295 :エピソード143 5/18:2007/02/21(水) 20:57:07 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃8:通行人├\:20XX/6/20 ID:k19ss600i
 ┃  エルーって人気あるの?
 ┃

296 :エピソード143 6/18:2007/02/21(水) 20:57:43 ID:bLSo5Bym

     ∞  ̄ ヽ
     /l ソ)ソンリ) ムッ!
     | |(l|゚ ロ゚ノi
   __|__(つ|| ̄ ̄|_ 

297 :エピソード143 7/18:2007/02/21(水) 20:58:19 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃9:通行人├\:20XX/6/20 ID:r7iue/o0h
 ┃  某ネット上の聖十字白百合学園
 ┃  中等部人気投票結果
 ┃
 ┃   1位 エルー(157票)
 ┃   .2位 マイ  .(121票)
 ┃
   カタカタ…

298 :エピソード143 8/18:2007/02/21(水) 20:58:53 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃10:通行人├\:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  エルー断トツだな
 ┃
 ┃11:通行人├\:20XX/6/20 ID:k19ss600i
 ┃  ああ、でもこれエルーはファンクラブの
 ┃  組織票が入ってるらしいぜ。
 ┃  50票ぐらい。
 ┃
 ┃12:通行人├\:20XX/6/20 ID:ipa3mh0/9
 ┃  らしいな、漏れも聞いた
 ┃

299 :エピソード143 9/18:2007/02/21(水) 20:59:31 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃13:通行人├\:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  マイのどこがいいんだよ(;`O´)o
 ┃  あの、ペチャパイ!
 ┃
 ┃14:通行人├\:20XX/6/20 ID:r7iue/o0h
 ┃  マイは実は腹黒。
 ┃
 ┃15:通行人├\:20XX/6/20 ID:jigu74f8p
 ┃  普通っぽいとこ
 ┃
 ┃16:通行人├\:20XX/6/20 ID:ipa3mh0/9
 ┃  妹にしたい
 ┃
 ┃17:通行人├\:20XX/6/20 ID:k19ss600i
 ┃  キツイ言葉でせめられたい…(;´Д`)ハァハァ
 ┃  
   ダダダダダ…

300 :エピソード143 10/18:2007/02/21(水) 21:00:08 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃30:通行人├\:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  でもオレこの前マイのヤツに得炉本取られたんだぞ!
 ┃
 ┃31:通行人├\:20XX/6/20 ID:d8k0u4noo
 ┃  通報しました
 ┃  テンプルモナイツに逮捕されてください
 ┃
 ┃32:通行人├\:20XX/6/20 ID:k19ss600i
 ┃  30お前、得炉本って…
 ┃  思想矯正隊に捕まるぞ。
 ┃  3年は矯正施設だな。
 ┃
 ┃33:通行人├\:20XX/6/20 ID:ipa3mh0/9
 ┃  30、今すぐ名前欄にfusianasanと入れるんだ!
 ┃  そうすればセキュリティが強化されるぞ!
 ┃  早くしないとタイーホされるぞ!
 ┃
 ┃34:市民ID00789HL65:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  これで大丈夫なのか
 ┃

301 :エピソード143 11/18:2007/02/21(水) 21:00:44 ID:bLSo5Bym
 ┃
 ┃35:通行人├\:20XX/6/20 ID:ipa3mh0/9
 ┃  市民ID検索
 ┃  名前:モラウン
 ┃
 ┃36:市民ID00789HL65:20XX/6/20 ID:mor19a1un
 ┃  きたね〜騙したのか
 ┃
 ┃37:通行人├\:20XX/6/20 ID:d8k0u4noo
 ┃  バカは放っておいて、マイのことだけど

302 :エピソード143 12/18:2007/02/21(水) 21:01:19 ID:bLSo5Bym

│………(マイの話ばかり)
└───v─────────

     ∞  ̄ ヽ
     /l ソ)ソンリ)
     | |(l|゚ ペノi
   __|__(つ|| ̄ ̄|_

303 :エピソード143 13/18:2007/02/21(水) 21:01:54 ID:bLSo5Bym

F5 F5 F5 F5 F5 F5 F5

     ∞  ̄ ヽ
     /l ソ)ソンリ)三○
     | |(l|゚ ロ゚ノi三○
   __|__(三○|| ̄ ̄|_ ガタガタガタガタ…

304 :エピソード143 14/18:2007/02/21(水) 21:02:33 ID:bLSo5Bym

                           ___
..⌒ヽ           ' ⌒ヽ           /.|:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||         |  |:::::::::::|
乂乂||          |乂乂||   ___|_|:::::::::::|____
乂乂||          |乂乂||  /|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄            ̄ ̄  i  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      _____         .|/ ̄ ̄ ̄../|:::::::::::| ̄ ̄ ̄/
     ||L L | L L ||        ̄ ̄ ̄ ̄|  |:::::::::::| ̄ ̄ ̄
     ||L L | L L ||               |  |:::::::::::|
     ||L L | L L ||_________ .|  |:::::::::::|
===========l| L L l================= i  |:::::::::::|
二二二二二二ヽ   iヽ二二二二二二二二i  |:::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   ヽ ∞  ̄ ヽ_____.i  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /l ソ)ソンリ) _____|  |:::::::::::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.....| |(l|゚ ー゚ノi._______|  |:::::::::::|__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |.....| .( (S)::::::i\  ....|  |:::::::::::|  \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .\ ....\|:::::::::::|    \
                      |   .\    ̄ ̄
     ┌───────^──────────
     │OH、ゴッドお許しください。
     │私くし、親友に嫉妬しました。
     │「氏ねばいいのに」とか「陵辱されろ」とか
     │思ってしまいました。
     │この罪深き私くしを、お許し下さい。

305 :エピソード143 15/18:2007/02/21(水) 21:03:10 ID:bLSo5Bym

     : : :    . ; ,丶;`.ノ i i           i |l
     : : i   : : , ヽ .ノ ソ i i       i_ _  __|l
     i i i   : : ; 、ノ ソ ゝi l            i ||
     i i l   i i ヽ ノ ゝ ノ l |             i ||
     l i :   i i ノ ソ.乂 ヘ| |             i ||
     l i :   | |.乂乂乂乂| |        , ----- 、
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      . 二二二二 二 i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∞  ̄ ヽ
   /l ソ)ソンリ)              ∧_∧
   | |(l|゚ ー゚ノi              (´∀` )
   | .(li<†>i)              ( η  つ ̄~/
   |__|</_l_〉               |__ハ__|≡∋
     .ヒヒ!               (_(__)
          ┌───────^─────
          │全ての罪は、許されましタ。
          │安心なさイ。
┌───^────
│神父様。

306 :エピソード143 16/18:2007/02/21(水) 21:03:53 ID:bLSo5Bym

       │宜しいですカ、その行いが神の為のものなラ、
       │何をしても許されるのでス。
       │世間的に悪事であってもでス。
       └────────v──────────
│はい、そうですね神父様。
└───v────────

   ∞  ̄ ヽ
   /l ソ)ソンリ)           ∧_∧
   | |(l|゚ ー゚ノi           (´∀` )
   | .(li<†>i)           ( η  つ ̄~/
   |__|</_l_〉            |__ハ__|≡∋
     .ヒヒ!            (_(__)

307 :エピソード143 17/18:2007/02/21(水) 21:04:49 ID:bLSo5Bym

    │気を落ち着けテ、私の目を見なさイ!
    └────────v────────
│はい。
└───v───

   ∞  ̄ ヽ
   /l ソ)ソンリ)        ∧_∧
   | |(l|゚ ー゚ノi        (´∀` )
   | .(li<†>i)        ( η  つ ̄~/
   |__|</_l_〉         |__ハ__|≡∋
     .ヒヒ!         (_(__)

       / ̄ / ̄\ ̄\    / ̄ / ̄\ ̄\
      <    (  ●。 )   >  <    (  ●。 )   >
       \_ \_/_/    \_ \_/_/

308 :エピソード143 18/18:2007/02/21(水) 21:06:46 ID:bLSo5Bym

    │さあ、あなたはもう私の下僕でス。
    │マイという少女の側にいる剣士の事を
    │話なしさイ。
    │彼女の名と、特技ハ?
    └────────v─────────
│名前は、聖夜。
│剣術は見ましたが、他は知りません。
└───v────────────
      │ククク…ではこれからマイに引っ付いて
      │彼女の事を色々聞き出しなさイ。
      │そして、エデンの事もでス。
      └───────v─────────
   ∞  ̄ ヽ
   /l ソ)ソンリ)        ∧_∧
   | |(l| - -ノi        (´∀` )
   | .(li<†>i)        ( η  つ ̄~/
   |__|</_l_〉         |__ハ__|≡∋
     .ヒヒ!         (_(__)

エピソード144へ

309 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/21(水) 23:57:25 ID:xP+H5PC+
更新乙であります!

310 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/22(木) 01:29:00 ID:B5Pp3SFa
乙です!
F5攻撃ワロス

311 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/22(木) 07:15:22 ID:K7l87orm
モラウン達の黒幕はエルーだったのかw
更新乙であります!


312 :エピソード144 1/17:2007/02/23(金) 21:22:40 ID:BWfAYS1W

<センター>

     │今日はマイちゃんに珍しい物をあげます。
     │「本物の鶏の卵」のゆで卵です。
     └────────v─────────
│本物のニワトリ?
└───v──────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|゚ ヮ゚ノリ      O i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ       ⊂〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

313 :エピソード144 2/17:2007/02/23(金) 21:23:19 ID:BWfAYS1W

     │ミレニアムの食材は全て代用品ばかりです。
     │牛の代わりに、デミなんでや。
     │キャベツの代わりに、緑丸。
     │唐揚げの肉はぞぬどな。
     └────────v──────────
│あ、これ凄く美味しいですぅ。
│どこで手に入るんですか?
└───v─────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|゚ ヮ゚ノリO       i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

314 :エピソード144 3/17:2007/02/23(金) 21:23:56 ID:BWfAYS1W

     │センターのとある場所に、全ての動物が
     │1つがいづつ、植物の種が1袋づつ
     │生きたまま冷凍保存されています。
     │世の中が平和になったら、増やせるように。
     └────────v──────────
│そんな貴重な卵、
│食べちゃっていいんですか?
└───v─────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|.゚д゚ノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

315 :エピソード144 4/17:2007/02/23(金) 21:24:32 ID:BWfAYS1W

     │鶏はまぁ結構いるので、何羽かは放し飼いにして
     │育てられています。
     │それは親鳥が温めずに放置していた卵です。
     │マイちゃん、私の固有スキル「イメージトレース」は
     │本来、来るべき日の為に存在するのです。
     └────────v─────────────
│それは、どういう事ですかぁ?
└───v─────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|゚ ヮ゚ノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

316 :エピソード144 5/17:2007/02/23(金) 21:25:08 ID:BWfAYS1W

      ___ AA     ___ AA
   *〜/    ⊂ ・・ P *〜/    ⊂ ・・ P
      |  オス (_∀)  .|  メス (_∀)
     U U ̄ ̄U U     U U ̄ ̄U U
            __ AA
         *〜/   ⊂ ・・ P
            | 子供(_∀)
           U U ̄U U

 1つがいづつの親から子供が産まれても、
 数が増えるのには、何百年もかかります。
 むしろ、増える前に絶滅する危険が高いです。

317 :エピソード144 6/17:2007/02/23(金) 21:25:42 ID:BWfAYS1W

      ___ AA     ___ AA     .___ AA     ___ AA
   *〜/    ⊂ ・・ P *〜/    ⊂ ・・ P *〜/    ⊂ ・・ P *〜/    ⊂ ・・ P
      |  オス (_∀)  .|  メス (_∀)   |  オス (_∀)  .|  メス (_∀)
     U U ̄ ̄U U     U U ̄ ̄U U     U U ̄ ̄U U     U U ̄ ̄U U
            __ AA                   __ AA
         *〜/   ⊂ ・・ P              *〜/   ⊂ ・・ P
            | 子供(_∀)                | 子供(_∀)
           U U ̄U U                  .U U ̄U U

 イメージトレースで親をコピーすれば、子供の数も多くなり
 絶滅の危険は減り、増える可能性がずっと増えます。

318 :エピソード144 7/17:2007/02/23(金) 21:26:18 ID:BWfAYS1W

│でもそうすると、産まれる子供は
│遺伝的にみんな同じになるんじゃ
│ないですかぁ?
└───v───────────
      │意外と難しい事を知っていますね。●ヽ(´・ω・`)ノ●
      │同じ親から産まれた兄弟でも、   ●ヽ(・ω・` )ノ●
      │遺伝子は異なります。         ●(ω・`ノ●
      │一卵性の双子なら同じですが。     (・`ノ● )
      └────────v──────   (●  )●
     __                      ●ヽ(   )ノ●
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ        ●(   ´)ノ●
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§        (   ´ノ●
   从(l| ゚д∩        i、‐ ゚ リbハ>        ( ノ● )
    (liニつ          〈丱i )           ●,´・ω)
     </_l_〉          i二ヽ         ●ヽ( ´・ω・)ノ●
     ヒヒ!           ヒヒi          ●ヽ(´・ω・`)ノ●

319 :エピソード144 8/17:2007/02/23(金) 21:26:52 ID:BWfAYS1W

     │一卵性の双子は遺伝子はまったく同じでも
     │育った環境によって、性格は随分変わりますね。
     │マイちゃん達のように…。
     └────────v─────────────
│お姉さま、知っているんですか
│アキちゃんの事…
└───v─────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|-дノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

320 :エピソード144 9/17:2007/02/23(金) 21:27:29 ID:BWfAYS1W

          [><]`、
    ∧,,∧  〈(从从)〉 l
   ミ,, ゚Д゚ミ  リ、゚ヮ ゚|l)W       / \ ィ/Wu、
    (ミ 〉.F〈ミつ⊂i]-[:::l)        \   ΓΓ│
    |ミ|__|ミ  〈lん_ハゝ    ┌и::  ;;;;;;;;::..::;;;;;;;;;;;
    ∪ ∪    ヒヒ!

 フッサール隊長と、マキさんは恋人同士。
 荒廃した地下世界で二人寄り添うように生きていました。

321 :エピソード144 10/17:2007/02/23(金) 21:28:04 ID:BWfAYS1W

       ヽY〃"'
      ((゙")) ))
       i、゚ー゚ibノ
      (/ \†ヽ
       〉=ニ==∪ヽ
      | | |〜'
      (_(__)

 悪魔討伐の為地下に来た、ソノムラパパ(仮名)は
 マキさんに一目惚れし、二人の仲を引き裂き
 マキさんをセンターに連れて行きました。
 こんな地下で生きるより、その方がマキさんは幸せに
 なれると考えてのことでした。

322 :エピソード144 11/17:2007/02/23(金) 21:28:44 ID:BWfAYS1W

   丶゙ヽY"'
   lリl((゙")).     ╋
   ゝdi- -ノi     ┃
   (/ (S)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 やがて、二人の間に子供が出来ました。
 でも、この子供は生まれる前に氏に、
 マキさんも、二度と子供の生めない身体になりました。
 ソノムラパパ(仮名)は、愛する二人の仲を引き裂いた
 事に対する罰だと考えました。
 罰なら、自分に…なぜ愛する妻に…彼は何日も祈りました。

323 :エピソード144 12/17:2007/02/23(金) 21:29:19 ID:BWfAYS1W

    ∧,,∧
   ミ,, ゚Д゚ミ
   (ミつF〈ミつ
    |ミ|__|ミ    ゞミ⌒ヽー─ 、
    ∪ ∪     ⊂⊂l__ノ(  -へ,

 一方、フッサール隊長も別の女性と結婚し双子が生まれました。
 でも、一人は身体が弱く、満足な治療も出来ない地下では
 助からないと思われていました。
 その事を知った、ソノムラパパ(仮名)は何度も頭を下げ、
 どうかその子を自分達に譲って欲しいと懇願しました。
 子供なら、他からでも手に入るのに、あえて隊長の子を望んだのは
 罪滅ぼしの気持ちもあっての事です。

324 :エピソード144 13/17:2007/02/23(金) 21:29:54 ID:BWfAYS1W

     │隊長も、その気持ちが痛いほどわかり、
     │また、子供の為にと手放しました。
     │それが、マイちゃんです。
     └────────v────────
│そして、地下で家族と暮らして
│いるのがアキちゃんです。
└───v─────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|-дノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

325 :エピソード144 14/17:2007/02/23(金) 21:30:29 ID:BWfAYS1W

     │隊長はその後、家族の為にと
     │センターの戦士になりました。
     │でも…一度もソノムラ家には近づきません。
     └────────v──────────
│いづれ、家族をセンターに呼ぶ
│その時に、その時こそみんなで会おう。
│そう言っているそうです。
└───v─────────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|-дノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

326 :エピソード144 15/17:2007/02/23(金) 21:31:13 ID:BWfAYS1W

            │恨んではいませんか?
            └────v─────
│誰をですか???
│パパもママもマイちゃんを本当の子供以上に
│本当の子供として育ててくれています。
│本当のパパもママもマイちゃんの事を思って
│手放したのです。
└───v───────────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|`ヮ´ノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

327 :エピソード144 16/17:2007/02/23(金) 21:31:50 ID:BWfAYS1W

│マイちゃんは、パパとママが自慢出来る
│ような立派な大人になりたいのです。
│アキちゃんや本当のママをセンターに
│呼べるぐらいに。
└───v─────────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|゚ ヮ゚ノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

328 :エピソード144 17/17:2007/02/23(金) 21:32:25 ID:BWfAYS1W

     │あなたの気持ちはわかりました。
     │あなたなら真のメシアンになれるでしょう。
     │未来をあなたにも託します。
     │最終結界を教えます。
     └────────v─────────
│最終結界?
└───v───
      │本当は教えてはいけないのですが…
      │ギコネさんには「特訓の最中は覗かない」ようにと
      │釘は刺してありますし、見付かることはないでしょう。
      └────────v─────────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|゚ ヮ゚ノリ        i、‐ ゚ リbハ>
   ⊂li<†>iつ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

エピソード145へ

329 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/23(金) 21:33:38 ID:ra3Kb7t2
リアルタイム乙!
パパってもしや神取?

330 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/24(土) 00:40:27 ID:BMLAGtm+
更新乙であります!

331 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/24(土) 07:18:13 ID:UhcQuhog
乙です!

332 :エピソード145 1/17:2007/02/25(日) 11:19:19 ID:uZgCH1Wc

       ⊂⊃
       ∧ ∧
      ( ・∀・)
     ノ⌒⊃ ⊃
     川 |  ノ
    l  UU  l
    | || | | || | |
    | l| | | ll | |
    l l l l l l l
            │    Come here!ペルモナ!
     ∞  ̄ ヽ │ミ
     /l ソ)ソンリ)┼
   |l . | |(l|゚ ー゚ノi∩ .|
   ||li |.⊂li<†>iノ . l |
   |||l |__|くんハゝ .l|| | ←ピラピラ…
  (((   .ヒヒ!   )))
   ミミニ三三二彡

  ( ゚∪゚) オオッ!

333 :エピソード145 2/17:2007/02/25(日) 11:19:58 ID:uZgCH1Wc

               │テレビを下から見ても、スカートの中は
               │見えないよ。
               └────────v────────
     ______ ♪
      |┌──┐|o |  ♪            __
      |│    │|o |              '"o-o ヽ、
      |└──┘|= |            ((゙"))ノノ l
     || ̄ ̄ ̄ ̄||~      _/\_ .リ´∇`リb |
     ┌⌒ヽ         .\<0> /  .u''u_ヽ从
      〈(   )〉        .|/\|   ~UU~

334 :エピソード145 3/17:2007/02/25(日) 11:20:36 ID:uZgCH1Wc

│ワシとエルーたんのラブラブタイムを
│邪魔しおって!
└──v─────────────
      │正直、すまんかった。
      │して、例の剣は?
      └────v─────
                             . '"⌒ヽ
   r+               .__       | ノ"゙ヽ |      ._____
 \(#゚∪゚)ノ           '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
  ( ζζ)          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   .| W |     _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    ||~||     \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД      |/\|   ~UU~              大 U .U 大

335 :エピソード145 4/17:2007/02/25(日) 11:21:13 ID:uZgCH1Wc

 │寝る間も惜しんで、作っているが、
 │まだまだかかりそうじや。
 └──────v───────
                  │テレビ見てたくせに…。
                  └────v──────
           r+/\                  __
          (゚∪゚ )ノ\/\            '"o-o ヽ、
          (ζζ) ./  /           .((゙"))ノノ l
          | W | .\/      _/\_ .リ´∇`リb |
           ||~||           \<0> /  .u''u_ヽ从
          ДД            |/\|   ~UU~
    __ニニ__
    >  <

336 :エピソード145 5/17:2007/02/25(日) 11:21:51 ID:uZgCH1Wc

│いいじゃろ〜老い先短い年寄りの
│唯一の楽しみじゃ!
│そうそう、先程ニュースでやっていたが、
│ファクトリーが開放エリアを宣言したそうじゃ。
└──v────────────────
        │ファクトリーが開放!?
        └─────v──────
                       (!)
                        .∨        . '"⌒ヽ
   r+             (!)    .__       .| ノ"゙ヽ |      ._____
  ( ゚∪゚)            ∨    '"o-o ヽ、  /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
 〈( ζζ)〉              ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | W | \/\    _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   ||~||  /  /    .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД \/       .|/\|   ~UU~              大 U .U 大

337 :エピソード145 6/17:2007/02/25(日) 11:22:28 ID:uZgCH1Wc

<ファクトリー>
                             |i::..l;i:.
         ,-‐ ' ヾ,   ,,     ,,     |i,,::i i::.
゙  ,,   , ゙ lハi''゙ソ´ ,            |l:,..;l i::..
       "' "''"    ,,-‐ 'ヾ,       , |l::,,:i ;l::..
 "   ''    '        ゙lハ;i''゙ソ ,,,,  ,,    |l,::..l i::,,.
┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─'i゙l:.:.:i ,l::..:
┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─'i'`::.l  l.w:::.
.::..:.wWw.::..:..::wWw.::..:..::..:.wWw.::..:..wWw.::..:..:/  i:.::..:.
"~" '''"" ~""' ''"" ~" "'''" "' ''"" ~" "'''" "   /.::Ww.

338 :エピソード145 7/17:2007/02/25(日) 11:23:03 ID:uZgCH1Wc

│もう、今までみたいに重労働しなくても
│いいんです。
└──v──────────────
                              . '"⌒ヽ
  /⌒ヽ                __       | ノ"゙ヽ |
⊂ ̄ ̄ ̄⊃             '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 ( ´∀`)            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
 ( )U( )     _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  |__i._|     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
 (__)_)      |/\|   ~UU~              大 U .U 大

339 :エピソード145 8/17:2007/02/25(日) 11:23:41 ID:uZgCH1Wc

  │こんな悪魔の牛じゃなくって、本物の牛を
  │育ててみたいわ…。
  └────────v────────
                                          . '"⌒ヽ
               A A   ニクコプーンいる?    __.       | ノ"゙ヽ |      _____
   ___ AA.   ⊂ノハヾ)⊃             '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
*〜/MS-14⊂ 。。P  ノハ ゚ー゚) __         ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
  (   ノ y(__Α)  ○))__))つ〔牛〕  _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  /ノ ̄//フ/    *〔_〕____ゝ.   ̄   \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
 /ノ /ノ /ノ       (_)_)        |/\|   ~UU~              大 U .U 大

340 :エピソード145 9/17:2007/02/25(日) 11:24:18 ID:uZgCH1Wc

        │本物の牛か…
        └────v───
│もう何処にもいないよ。
└────v─────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大


341 :エピソード145 10/17:2007/02/25(日) 11:24:52 ID:uZgCH1Wc

│'  ~~;;   ;~''
│ :: || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'l|..::_____
│:;  ||   。    l| |゚  bar   ゚|
│ :: ||  ._ /_\._  l| |。  しぃ2  。|'
│  ||  l. 開店 .| l|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;
│ .. ||  ~ ̄ ̄ ´' l| ::;''~~;;;~'';:::   :
│ ̄''||        l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
│.._||_____,l|_ __ _ _____.|

342 :エピソード145 11/17:2007/02/25(日) 11:25:35 ID:uZgCH1Wc

│まったく、ザインのヤツも酷いことをするものですな。
└─────────v────────────

日 凸  U  日 凸  ∧∧
≡≡≡≡≡≡≡≡≡(゚д゚ )
 U ∩ [] U [].  ) (_
_________( __/ )__
               ι
――――――――――――――
   ._/\_
   .\   /  .━┳━
 ̄ ̄ ̄|/\| ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───^───
│まったくだな。

343 :エピソード145 12/17:2007/02/25(日) 11:26:12 ID:uZgCH1Wc

        │良い事なんじゃないの?
        └────v──────
│ファクトリーの住人にとってはな。
│でも、他のエリアの住人は?
│今まではファクトリーが重労働で生産を
│支えてきた、それが無くなると…
└────v─────────────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

344 :エピソード145 13/17:2007/02/25(日) 11:26:48 ID:uZgCH1Wc

│ヴァルハラ消失によってミレニアムの人口は減っていますが
│ファクトリーの生産力低下による食糧不足…大勢が餓死する
│可能性もありますね。
│流石にセンターも見逃せないようですよ、街頭TVを見て
│下さい。
└─────────v────────────────

日 凸  U  日 凸  ∧∧
≡≡≡≡≡≡≡≡≡(゚д゚ )
 U ∩ [] U [].  ) (_
_________( __/ )__
               ι
――――――――――――――

345 :エピソード145 14/17:2007/02/25(日) 11:27:24 ID:uZgCH1Wc

    ┌───────────┐
    │┏━━━━━━━━━┓│
    │┃      │  │      ┃│
    │┃      │  │      ┃│
    │┃───∧_∧───┃│
    │┃     ( ´Д` )     ┃│
    │┃──-.∩ ̄ ̄ハ.-──┃│
    │┃    | | † ⊂.    ┃│
    │┗━━━━━━━━━┛│
    └─┬┬─────┬┬─┘
        │..|\      /|..│
        │..|\\.  .//|..│

 ザインは速やかにセンターに出頭せよ!
 本日中に出頭しない場合は、
 ホーリータウンへの空気の供給をストップする!

346 :エピソード145 15/17:2007/02/25(日) 11:28:01 ID:uZgCH1Wc

                     │食糧危機なので、食う気(空気)を
                     │無くすと。
                     └────────v──────
 │誰がうまいこと言えと!
 └────v──────
                    │空気嫁!
                    └──v──

                       . '"⌒ヽ
               __      | ノ"゙ヽ|        _____
             . '" o-oヽ /\| リ゚ー゚)|ノ\   |◎ |
             |☆((゙")ノノ.レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_  | cリ´∇`リ    ∪), 'ヾヽ   ‖ |====| ‖
     .\ <0>/ .从/_u''u、     (__,.へ_)_)  .○〈=∧=〉○
       |/\|    ~UU~             .大 U .U 大

347 :エピソード145 16/17:2007/02/25(日) 11:29:55 ID:uZgCH1Wc

        │本気じゃないよね?
        │駆け引きだよね?
        └────v──────
│どうかな…
│出頭すれば、逮捕拘禁の後ファクトリーに
│兵を送り、元の状態に戻す。
│出頭しなければ、ホーリタウンを切り捨て、
│全てザインの所為にする。
│連中は本気だろう。
└────v─────────────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

348 :エピソード145 17/17:2007/02/25(日) 11:30:50 ID:uZgCH1Wc

      │………センターに行こうよ。
      │放って置けないよ。
      └─────v──────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

エピソード146へ

349 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/25(日) 12:44:56 ID:uvVcu9Rj
更新乙です!
>テレビを下から見ても、スカートの中は見えないよ。
ワロス!

350 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/25(日) 21:50:09 ID:qwEvDh1E
更新乙であります!

351 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/26(月) 01:22:07 ID:hPTJj3tr
ザインって悪いやつだったっけ?

352 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/26(月) 06:35:28 ID:85WztiNp
単純に善悪で分けれないだろう・・・

353 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/27(火) 02:02:05 ID:LR01zEpm
>351
そういう善悪論もよそでやるんだ相棒。
下手するとロウカオス議論よりも荒れる。

354 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/27(火) 02:24:50 ID:dL/C/ctH
>>284
>>353
誰も彼も追い出して
それで何も話すなと

どっちが荒れる元なのかね


355 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/27(火) 07:21:07 ID:xvtIivdM
シジマの理は荒れはしないのだ

356 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/27(火) 14:23:47 ID:Ep6hjhlQ
ショッカーって悪いやつだったっけ?

357 :エピソード146 1/15:2007/02/27(火) 21:26:13 ID:fipcvhPO

<センタービル>

         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|
         |/|ニニ|\|

358 :エピソード146 2/15:2007/02/27(火) 21:26:56 ID:fipcvhPO

|__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|

________________________,,
                                    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 三|| |::||            |            ||::::| ;;三|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  . '" ⌒ ヽ
  |   ☆ノノ
  |  lcリ´ノ  ._/\_
 从从 uヽ  . \    /
   ~UU~    |/\|
┌──^─────────
│あれ?見張りがいないよ。

359 :エピソード146 3/15:2007/02/27(火) 21:27:33 ID:fipcvhPO

        │本当に侵入するの?
        └────v─────
│あの女剣士に又会ったら、ガクブル…
└──v───────────────
                     │まぁ、大丈夫だろこの前の場所に
                     │行かなければ。
                     └───────v──────
             '"⌒ ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \<0> /
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

360 :エピソード146 4/15:2007/02/27(火) 21:28:12 ID:fipcvhPO

   ┏━┳━━━━━┳━┓
   ┃  ┃          ┃  ┃
   ┃  ┃          ┃  ┃
   ┃  ┃≡      ≡┃  ┃シャーーー
   ┃  ┃≡      ≡┃  ┃
   ┃  ┃≡      ≡┃  ┃
   ┃  ┃ _/\_.. ┃  ┃
   ┃  ┃ \ <0> /...┃  ┃
   ┃  ┃  .|/\|   ┃  ┃
   ┻━┻━━━━━┻━┻━

361 :エピソード146 5/15:2007/02/27(火) 21:28:52 ID:fipcvhPO

│ようこそ、センターへ。
└──v────────
        │いきなり、遭遇してるし…
        └────v──────

                                . '"⌒ヽ
  γ"⌒ ヽ'"               __..      | ノ"゙ヽ |      _____
 §ミ〃ノノ))              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 <人cリ゚ ‐ノ!、            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   〈、^~(〃ミシ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   /三非 .|.|.|     .\<0>;./  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  ''7ッ‐++、|.|.|       |/\|   ~UU~              大 U .U 大
       ∨

362 :エピソード146 6/15:2007/02/27(火) 21:29:35 ID:fipcvhPO

│少し遅かったですね。
│先程、「メシア」がセンターの支配者を惨殺して、
│ホーリータウンへ向かったところです。
└──v──────────────────
       │センターの支配者って…まさか!
       └─────v────────
│ええ、3大天使をです。
└──v───────
                                . '"⌒ヽ
  γ"⌒ ヽ'"               __..      | ノ"゙ヽ |      _____
 §ミ〃ノノ))              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 <人cリ゚ ‐ノ!、            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   〈、^~(〃ミシ     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   /三非 .|.|.|     .\<0>;./  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  ''7ッ‐++、|.|.|       |/\|   ~UU~              大 U .U 大
       ∨


363 :エピソード146 7/15:2007/02/27(火) 21:30:15 ID:fipcvhPO

│司教も逃げ出すし…おかげで、センターの
│上層部は大混乱ですよ。
│今、悪魔に攻められたら、困る事になるでしょうね。
└──v──────────────────
       │それで、見張りをしてるのか?
       └─────v────────
│いいえ、それは私の仕事じゃ
│ありません。
└──v─────────
          ∧
          | |                      . '"⌒ヽ
  γ"⌒ ヽ'" |              __..      | ノ"゙ヽ |      _____
 §ミ〃ノノ))| |            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 <人cリ゚ ‐ノ!.ニ⊃          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   (.^ 傘)二Ei    ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   /三非ヽ      \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   7ッ‐++_,ゝ       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

364 :エピソード146 8/15:2007/02/27(火) 21:31:06 ID:fipcvhPO

             │「ホーリータウンに向かった」って
             │何かあったの?
             └─────v────────
│知りたければ、自分で行って
│確かめてみなさい。
└──v─────────
          ∧
          | |                      . '"⌒ヽ
  γ"⌒ ヽ'" |              __..      | ノ"゙ヽ |      _____
 §ミ〃ノノ))| |            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 <人cリ゚ ‐ノ!.ニ⊃          ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   (.^ 傘)二Ei    ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   /三非ヽ      \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   7ッ‐++_,ゝ       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

365 :エピソード146 9/15:2007/02/27(火) 21:31:56 ID:fipcvhPO

                                  │わかった、そうする。
                                  └──────v──
                            │隊長、元気にしてたよ。
                            └────v─────
│……そう…。
└──v───
                         . '"⌒ヽ
  γ"⌒ ヽ'"       .____        | ノ"゙ヽ|        __
 §ミ〃ノノ))       .| ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  '"o-o ヽ、
 <人cリ゚ ‐ノ!、     ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ((゙"))ノノ l
   〈、^~(〃ミシ    ‖ |====| ‖    ∪), 'ヾヽ    リ´∇`リb |   _/\_
   /三非 .|.|.|    ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)    u''u_ヽ从  \ <0>/
  ''7ッ‐++、|.|.|    大 U  U 大              ~UU~     |/\|
       ∨

366 :エピソード146 10/15:2007/02/27(火) 21:32:43 ID:fipcvhPO

│センターって実は3大天使が
│支配してたの?
└──v─────────
     │うん、まぁそうなんだけど…。
     └────v────────
             │メシアに倒されたのよね。
             └─────v─────
     │この機会に勢力バランスを
     │少しCHAOS側に傾けよう。
     └────v────────
                    . '"⌒ヽ
     __             | ノ"゙ヽ |      _____
   . '" o-oヽ        /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   |☆((゙")ノノ       レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | cリ´∇`リ _/\_    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  .从/_u''u、 \ <0>/   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ~UU~    .|/\|              大 U .U 大

367 :エピソード146 11/15:2007/02/27(火) 21:33:21 ID:fipcvhPO

   │…という訳です。今ならセンターに
   │大打撃を与えられますが。
   └────v──────────

         \                          ∈≡∋
           \               †       .∧ 从´∀`从  .Ω
            \     ___     C ((  ))_。_.   (゚Д゚)∞∞∞ヽ__‖
              \ /◎\……< (´∀`) <  ._ノ |彡\__) -Φ
                \ ̄ ̄ ̄|   C ( ≡ )/\ `ソ´ヽ彡彡彡彡) .‖
     __          \    |   //\/\\.     |\彡彡/| .‖
   . '" o-oヽ           \  |   \\   //    (_) 〜 (_)
   |☆((゙")ノノ       i   \.   ̄       ̄
   | cリ´∇`リ _/\_[]    \
  .从/_u''u、 \ <0>/         \
    ~UU~    .|/\|           \
                  ┌─────^───────
                  │残念だか、それは無理だ。

368 :エピソード146 12/15:2007/02/27(火) 21:34:04 ID:fipcvhPO

             │例の造魔な、あいつらのせいで魔界も
             │混乱しておる。
             │通路を閉鎖したり、門番を配置したりで
             │手一杯だ。
             └────────v────────
         \                          ∈≡∋
           \               †       .∧ 从´∀`从  .Ω
            \     ___     C ((  ))_。_.   (゚Д゚)∞∞∞ヽ__‖
              \ /◎\……< (´∀`) <  ._ノ |彡\__) -Φ
                \ ̄ ̄ ̄|   C ( ≡ )/\ `ソ´ヽ彡彡彡彡) .‖
     __          \    |   //\/\\.     |\彡彡/| .‖
   . '" o-oヽ           \  |   \\   //    (_) 〜 (_)
   |☆((゙")ノノ       i   \.   ̄       ̄
   | cリ´∇`リ _/\_[]    \
  .从/_u''u、 \ <0>/         \
    ~UU~    .|/\|           \
      ┌─────^─
      │やはり…

369 :エピソード146 13/15:2007/02/27(火) 21:34:46 ID:fipcvhPO

             │だが案ずるな。
             │こちらも、やられっ放しではない。
             │既にモナロクが動いている。
             └────────v────────
         \                          ∈≡∋
           \               †       .∧ 从´∀`从  .Ω
            \     ___     C ((  ))_。_.   (゚Д゚)∞∞∞ヽ__‖
              \ /◎\……< (´∀`) <  ._ノ |彡\__) -Φ
                \ ̄ ̄ ̄|   C ( ≡ )/\ `ソ´ヽ彡彡彡彡) .‖
     __          \    |   //\/\\.     |\彡彡/| .‖
   . '" o-oヽ           \  |   \\   //    (_) 〜 (_)
   |☆((゙")ノノ       i   \.   ̄       ̄
   | cリ´∇`リ _/\_[]    \
  .从/_u''u、 \.;<0>/         \
    ~UU~    .|/\|           \
      ┌─────^────────
      │ま、待ってください!
      │モナロクって…何をする気です!

370 :エピソード146 14/15:2007/02/27(火) 21:35:35 ID:fipcvhPO

             │…すまぬ、これは我等では止められん。
             │モナロクに命令を出したのは我等では
             │無いんだ…。
             └────────v────────
         \                          ∈≡∋
           \               †       .∧ 从´∀`从  .Ω
            \     ___     C ((  ))_。_.   (゚Д゚)∞∞∞ヽ__‖
              \ /◎\……< (´∀`;).<  ._ノ |彡\__) -Φ
                \ ̄ ̄ ̄|   C ( ≡ )/\ `ソ´ヽ彡彡彡彡) .‖
     __          \    |   //\/\\.     |\彡彡/| .‖
   . '" o-oヽ           \  |   \\   //    (_) 〜 (_)
   |☆((゙")ノノ       i   \.   ̄       ̄
   | cリ´∇`リ _/\_[]    \
  .从/_u''u、 \.;<0>/         \
    ~UU~    .|/\|           \
      ┌─────^────────
      │…まさか、モナファーさま?
      │それとも、天使と取引したとか?

371 :エピソード146 15/15:2007/02/27(火) 21:36:28 ID:fipcvhPO

   │ワタシの予想以上に事態は
   │急激に動いているようだ。
   └──────v────────

     __
   . '" o-oヽ 
   |☆((゙")ノノ
   | cリ´∇`リ _/\_
  .从/_u''u、 \<0> /
    ~UU~    .|/\|

エピソード147へ

372 :おまけ:2007/02/27(火) 21:37:15 ID:fipcvhPO
マターリしよう。
>>1に書いてあるように、ここは本スレの雑談もオケな場所なのです。
むしろ、その為に立てたようなものでもあるのです。
というのはですね、フグス氏のモナー戦争のスレを見てると
結構、雑然としてる訳です。
雑談、悪魔AA貼付、議論など…その中で、誰かがモナゼブブ(人型)の
AAを創り、作者が気に入って使い出したとかもあるのです。
作った人も、使ってもらえて嬉しかったと思う訳です。
他の作者さんも「黙って鑑賞してろ」ってタイプは少ないと思ういますし、
雑談から、ネタを仕入れたり、期待に答えたり、裏切ったりするのは
作者の楽しみの一つであり、作品を創る意欲にもなっていると思います。
ただ容量の問題もあるので、AA長編スレの場合は、ほどほに…
だからと逝って、「赤い色はナゼ3杯なのか!」とか議論されても困るけど。

373 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/27(火) 23:04:12 ID:N+oZ5XOA
更新乙です
3天使が真だって事は
青い唯ちゃんもお亡くなりかな?

374 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 00:31:27 ID:CQ6HY6wi
更新乙であります!


375 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 01:49:29 ID:2KkHLKga
何故メシアが三大天使を殺したん?

376 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 02:33:56 ID:DsbeH74q
乙です

ミカエモナー達
素顔すら出さないままに、復活後の生を終えたか・・・

377 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 03:12:02 ID:QSpDIjlI
この場合のメシアって本スレのアレフの事?

378 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 07:06:10 ID:jR8wYvhX
更新早いなー。乙です!

>>377
だろうね。


379 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 11:34:35 ID:MHgBgt5j
           ?????
         ????????
           ????????
            ????????
         ????????
  ?????    ?????????
 ???????? ????  ?   ▼?
 ???????????? ?    ? ??
?????????■???┃   ??■ ?   ミッキーマウスだよ♪
 ?■??■??? ?〓  ┃   ?? ??????
         ?  ??       ???   ???
           ??  ???         ┃
            ??  ?????    ???
           ????? ????? ?????
        ???■??????????■????
      ????   ???■■■??  ????
     ?????   ????????????■?
     ??? ? ?????????????? ???
   ??〓? ??? ???????????? ┃ ?
  ???━?  ?? ????????????????
   ??  ?  ??????????????
     ???????????????????
          ???▲??〓???〓?
  ??━??     ?????    ????
??〓???::::??  ?????     ????
??:::: ????::::??????     ????
?::::??::::???? ????  ??????????
 ????:::: ?▲::::??? ?::::??■??::::??::::??
   ????::??▲?::::??????::::?????:::::?
     ?????▼????::::???????::::?◆
         ????▼  ?????〓??〓??


380 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 12:46:42 ID:wHeLo+n6
更新乙です。

381 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/02/28(水) 21:15:30 ID:QZyHKHqd
>>375
別にザインを支持してたわけじゃないが、センタービルに逝ったら
有無を言わさず、3大天使と戦闘になっちゃたんだもん
まてまて、どっちかというと、あんたらの方を支持するぞと
思ったのだが…選択肢が欲しかったなぁ

382 :エピソード147 1/15:2007/03/01(木) 20:44:08 ID:DDl4sY8H

 |______________| |
 |:::::: |     /   \       | |\
 |:::::: |     |二二二 |         | |\\
 |:::::: |     |l| 日 |l|         | |  \\
 |:::::: |     |l| 替 |l|         | |   \\
 |:::::: |     |l| 定 |l|         | |     \|\
 |:::::: |     |l| 食 |l|         | |       |\
 |:::::: |     |二二二 |         | |       |
 |:::::: |     0    0        | |       |
 |:::::: |____ _ ______ | |       |
 |::::::/     __)''( _        | |       |
 |/     /_(~~~)_/       :| |     :0 |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |       | 0
  ̄ ̄ ̄γ"⌒ ヽ'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.     |
    §ミ〃ノノ))
     <人cリ゚ ‐ノ!   __ ∬
      (つ丱つ __/_/旦 カタカタ…
      と_) _) |みかん| ̄|
            ̄ ̄ ̄ ̄~
┌─────^──────
│やはり、ホーリータウンは…

383 :エピソード147 2/15:2007/03/01(木) 20:44:48 ID:DDl4sY8H

            人从人从人从人从人从人从人从
           <                    >
           < お姉さま大変ですぅ!      >
           < ホーリータウンで奇病が…! >
           <                    >
            Y⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y
│モチツキなさい。
└──v─────
                        __
                        r===`、
      γ"⌒ ヽ'"           〈(从从)〉 l
    §ミ〃ノノ))           リ、`O´|l)从 ─
     <人cリ゚ ‐ノ!   __ ∬    ⊂i<†>ilつ ──
      (つ丱つ __/_/旦      〈_l_ヾ>  ─
      と_) _) |みかん| ̄|      (/ ヽ)
            ̄ ̄ ̄ ̄~

384 :エピソード147 3/15:2007/03/01(木) 20:45:28 ID:DDl4sY8H

│ホーリータウンの事よくわかりましたね、
│センターの放送ではやってないでしょう?
└────v─────────────
         │エルーに教えてもらった、DDS-NETで
         │流れていたんですぅ。
         └───────v─────────

                   /\ミ
                 /  /
                 \/∩_ はっ!
      γ"⌒ ヽ'"       ,'´   rミ、
    §ミ〃ノノ))        l    从)〉
     <人cリ゚ ‐ノ!        从从从ノ    )ヽ
       ( i丱〉         (li l il/   (  ⌒ヽ ペッタンペッタン
       /二i          〈_l__l_〉   )ー─(
        ヒヒi          (丿 ヽ)   |;;;;;;;;;; |

385 :エピソード147 4/15:2007/03/01(木) 20:46:12 ID:DDl4sY8H

         │大教会が中心らしいですけど、
         │いったい何が起こってるんでしょか?
         │前に空気を止めるとか言ってた事と
         │関係が?
         └───────v────────
│起こっている事それ自体は単純です。
│悪魔の攻撃で住人の生体マグネタイトが
│抜かれただけです。
│もう、モチはいいですよ。
└────v─────────────

                     _ はっ!
      γ"⌒ ヽ'"       ,'´   rミ、
    §ミ〃ノノ))        l    从)〉 ミ
     <人cリ゚ ‐ノ!        从从从ノ    | ̄|
       ( i丱〉         (li l ilニ⊃=⌒ヽ〃 ドスン!
       /二i          〈_l__l_〉   )ー─(
        ヒヒi          (丿 ヽ)   |;;;;;;;;;; |

386 :エピソード147 5/15:2007/03/01(木) 20:46:49 ID:DDl4sY8H

│生体マグネタイトは全ての生き物が持っている物で
│悪魔がヒトを襲うのも、これが目当てなんです。
│通常量を100とした場合、90に減ると身体がだるくなり不調になります。
│70まで減ると病気、50がボーダーライン生死の分かれ目です。
│30なら瀕氏、0で完全な氏、復活は出来ません。
└────v─────────────────────────

      γ"⌒ ヽ'"
    §ミ〃ノノ))
     <人cリ゚ ‐ノ!
      ⊂ .i丱〉つ
       /二i
        ヒヒi

387 :エピソード147 6/15:2007/03/01(木) 20:47:26 ID:DDl4sY8H

│ある程度の減少なら、時間が経てば自分の力で
│回復しますが減りすぎると、自己回復は無理です。
│だから生体マグネタイトを戻してあげれば
│助けられます。
└────v────────────────
         │本当ですか!
         │じゃあ早速、センターの指導部に
         └───────v────────
│センターは動きませんよ。
│ホーリータウンの現状を隠してるのが
│その証拠です。
└────v─────────────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))       .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!       リ、゚ヮ ゚|l)从
       ( i丱〉        ⊂i<†>il)
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

388 :エピソード147 7/15:2007/03/01(木) 20:48:12 ID:DDl4sY8H

         │で、でも有効な方法を知らないだけとか。
         └───────v─────────
│司教に代わり今センターを支配…
│指導しているのは、ザインですね。
│少なくとも彼は知っています。
└────v─────────────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))       .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!       リ、゚д ゚|l)从
       ( i丱〉        ⊂i<†>ilつ ))
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

389 :エピソード147 8/15:2007/03/01(木) 20:48:52 ID:DDl4sY8H

         │大教会に近づくと二次災害が起きるから…
         └───────v───────────
│天使の羽根を加工した、装飾品です。
│これを付けていれば、生体マグネタイトは
│抜かれません。
│センターの研究室に沢山ありました。
└────v─────────────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))∩     .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!.Y      リ、゚д ゚|l)从
       ( i丱〉つ      ⊂i<†>ilつ ))
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

390 :エピソード147 9/15:2007/03/01(木) 20:49:37 ID:DDl4sY8H

│ファクトリーの「開放」によって生産性が落ちています。
│今の人口を維持できないのです。
│ファクトリーを締め付ければ、ファクトリーから反発されます。
│だからといって、ヒト減らしをすれば、やはり反発されます。
│悪魔の行動を放置しておけば、合理的に人口を減らせます。
│あるいは、悪魔と何らかの取引を行ったか、最悪ザインが
│事件を起こした黒幕という事もありえます。
└────v─────────────────────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))       .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!       リ、゚д ゚|l)从 ………
       ( i丱〉        ⊂i<†>ilつ
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

391 :エピソード147 10/15:2007/03/01(木) 20:50:19 ID:DDl4sY8H

│いずれにせよ、センターは動きません。
│それでも助けに行くなら、仲間を集めてきなさい。
│私も協力しましょう。
└────v────────────────
                        │はい!
                        └──v──
                            __
      γ"⌒ ヽ'"               ,'´r==ミ、
    §ミ〃ノノ))           ── l 〈(从从)〉
     <人cリ゚ ‐ノ!              ○(l| `0´ノ○
       ( i丱〉           ──  \_li市i/
       /二i              ── </_l_〉
        ヒヒi                 (/ (ノ

392 :エピソード147 11/15:2007/03/01(木) 20:50:58 ID:DDl4sY8H

<CONTACT>
  <頼む>

│お願い、私を助けて!
└────v──────
          │フッ、まかせろ!
          └────v────
     __
   ,'´r==ミ、
   l 〈(从从)〉       (((((((
   从(l|゚ ヮ゚ノリ        (O__O-)
    (∩∩         ( ノ1>† )
     </_l_〉         | | |
     ヒヒ!         (_(__)

393 :エピソード147 12/15:2007/03/01(木) 20:51:41 ID:DDl4sY8H

  <おだてる>

│さすがヒーロー!
└────v────
          │おうよ!オレ様にまかせとけ!
          └────v─────────
     __
   ,'´r==ミ、
   l 〈(从从)〉      (〇=ノノ))
   从(l|゚ ヮ゚ノリ      ∩(・∀・,,)
    (li<†>iつ       ヽ ▽† ) 
     </_l_〉        | | |
     ヒヒ!         .(_(__)

394 :エピソード147 13/15:2007/03/01(木) 20:52:18 ID:DDl4sY8H

  <怯えるフリ>

│いや〜来ないで!
└────v────
          │ぜ〜たい付いて行くもんね!
          └────v─────────

     __        (§⌒i⌒§ )
   ,'´r==ミ、        ))⌒⌒( (
   l 〈(从从)〉      ((d、∀・ノb))
   从(l|´д`ノリ       ( <V>† )
     l l<†>iつ       <_/_l_ヽ_>
     U/つ_/つ      (_(__)

395 :エピソード147 14/15:2007/03/01(木) 20:52:53 ID:DDl4sY8H

  <でまかせ>

│協力してくれたら、おっぱいうp!
└────v─────────
          │ぺ、ぺ、ぺ、ぺ、ぺ、ペルモ〜ナ!
          └────v──────────
     __
   ,'´r==ミ、        /尚 ヽ
   l 〈(从从)〉       |ニニニ@ ハァハァ
   从(l|`ヮ´ノリ       (´∀`=)
   ⊂li<†>iつ       (.〈l-l〉† )G)
     </_l_〉        | | |
     ヒヒ!        (_(__)

396 :エピソード147 15/15:2007/03/01(木) 20:53:30 ID:DDl4sY8H

         │あと、エルーを入れて全部で
         │6人ですぅ。
         └───────v──────
│了解です。
│移動手段を確保してきます。
└────v────────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))       .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!       リ、゚ヮ ゚|l)从
       ( i丱〉        ⊂i<†>il)
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

エピソード148へ

Kフロスト「ヒ〜ホ〜!今年の風邪もキツイよ!」

397 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/01(木) 21:37:40 ID:OIpbcGP2
モチつきのキネが抜けなくなる事を期待したのは俺だけではないハズ!

398 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/02(金) 00:00:32 ID:db1nO2la
悪魔扱いのペルソナメンバーワロタ
更新乙であります!

399 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/02(金) 11:51:48 ID:tGsJCz4B
このメンバーひでぇwwww

400 :エピソード148 1/15:2007/03/03(土) 17:03:38 ID:B9QC+2ia

<ホーリータウン>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__i___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.::...:.:.::.:::.:   ::..:::......; :.:.:.::...:.:.::.... :. :: ....:::......:...::|.:.::..:.|   ::......:. :.:.::...:.:.::...
   .:.::...:.:.::.:::     i!    ::......:... .. ... :..:.:. .:...:.|.:.::..:.|:.:.::...:. :::::: :::::::::::::::::::::::.:.::.
  ___       X .:.:.::...:.:.::     ____i_,.::i-───────┐
  |    |ヽ     XX   ::......:.:   |         |\ ..:..lilXil二ilXi  |
::::..:::.::::: ..:. .|;;;;|    ,i'ili'i,         | iココ iコiコ  |";:l: .: lilXil二ilXi  |
__i___ ̄'i\___ |lilXil| .. . .. .... .... _| iココ iコiコ  |";:i. .: lilXil二ilXi .::...:::.
 ┐┐┐ |\i:Y ___)llliXil||              .:.:.. |:.: l. .: lilXil二ilXi  |
 ┐┐┐ |;:...l |;;i::;:,i|liliXil|l,|:.:.:..ロ  ...:.:. ロ  ロ  ロ  ソ二) ' ̄ ̄ ̄\\.: |
..:.::...:.:. ::. :::.||' ̄|:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i':.:| lコ lコ lコ |Li|,.:|
 ┐┐┐ || lX|:;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.::.| lコ lコ lコ ||L|; |
 ┐┐┐ || lX|:;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;l.:.:| lコ lコ lコ ||Lil,.|_
 ┐┐┐ || lX|;;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ::.:.::.:.:.:.::: ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li,|
 ┐┐┐ || lX|;;iXil二ilXil二ilX |:.:..ロ  ロ  ロ  ロ  |;i.:.:| lコ lコ lコ ||Li|Li.|
,._____,,||_l_,,|________|_________,,|,i,,,,|______||____|_

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大
    ┌─────^────────
    │空気がよどんでる感じがするね。
               ┌─────^────
               │このエリアも大変ね。
               │前は氷付けになってたし。

401 :エピソード148 2/15:2007/03/03(土) 17:04:20 ID:B9QC+2ia

    ∧
  / || \
  "l" "l"
   |   |
  .l    l
  |    |    †
  l     l  /\ ←大教会
  |     |  | 田 |
"::::::::::::::::::::::::::""""""""
┌─┐ | ̄ ̄|
│≡│ |    |              '"⌒ヽ デカイワネ…
│≡│| ̄| ....|       _____((.   | ___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. '" ⌒ ヽ___./\ (゚リ  |ノ\ __
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ((( (   |  レ' VVV|ノWi|VVヽ!
    ._/\_  (`リb   |     へ!  (
    .\   /  ./u从从从   (/ \__)__) 
      |/\|   ~UU~
 ┌─────^───
 │モナロクの尻尾だ。
      ┌─────^────
      │何がおこっているの?
 ┌─^────────────
 │あの尻尾で、生体マグネタイトを
 │吸い取っているんだ。

402 :エピソード148 3/15:2007/03/03(土) 17:04:57 ID:B9QC+2ia

  │あまり近づくと、ワタシ達も
  │「喰われる」ぞ。
  └─────v──────
│立入禁止とかにも
│なってないし…
│センターは何を考えてるんだろ?
└───v───────────
        │そうね、誰がモナロクにこんな事を
        │命じたか…案外センターだったりして。
        └────────v────────
                    . '"⌒ヽ
     __             | ノ"゙ヽ |      _____
   . '" o-oヽ        /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   |☆((゙")ノノ       レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | cリ´∇`リ _/\_    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  .从/_u''u、 \ <0>/   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ~UU~    .|/\|              大 U .U 大

403 :エピソード148 4/15:2007/03/03(土) 17:05:33 ID:B9QC+2ia

              救急車が通りま〜す!御注意ください! >

                  (!)
     (!)           ∨          (!)
     ∨             . '"⌒ヽ      ∨
     __     (!)     | ノ"゙ヽ|        _____
   . '" o-oヽ    ∨   /\| リ゚ー゚)|ノ\   | ◎|
   |☆((゙")ノノ       .レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ⊂[  y  ]⊃
   | cリ´∇`リ ._/\_    ∪), 'ヾヽ   ‖ |====| ‖
   .从/_u''u、 .\ <0>/    (__,.へ_)_)  .○〈=∧=〉○
     ~UU~    |/\|            .大 U .U 大
┌────^──────────
│よかった、ちゃんと助けに来てるよ。

404 :エピソード148 5/15:2007/03/03(土) 17:06:14 ID:B9QC+2ia

 おばけの救急車が通りま〜す!なんちゃって!

  フッ、黄色い救急車だろ。

    おばけじゃなくて、マウスですわ。

      もう、みんなふざけないで!

    ヴッヂューー!!      
           __|「 ̄|
  〓|二|二二二(_/ ゚ヽ∃|
      ,,-兩___/.__||□|_
    / ◎  )/=ヽ ../=ヽ\
   ●三 __ノ |(◎)|=|(◎)| || ) ) )
       ̄ ̄ヽ.【ii 个 ii _ii个 ii .||
         巛|||ゞ  巛|||ゞソ

          .'"⌒ヽ
   ____     .|  ノノ
   |  | /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ

405 :エピソード148 6/15:2007/03/03(土) 17:06:50 ID:B9QC+2ia

│最近の救急車って…
│変わった形だね。
└───v──────
      │違うだろ、常識的に考えて。
      └───v─────────
             │ちょっとカワイイかも。
             └───v───────
                    . '"⌒ヽ
     __             | ノ"゙ヽ |      _____ あ、戻ってきた!
   . '" o-oヽ        /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   |☆((゙")ノノ       レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | cリ´∇`リ _/\_    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  .从/_u''u、 \ <0>/   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ~UU~    .|/\|              大 U .U 大

406 :エピソード148 7/15:2007/03/03(土) 17:07:26 ID:B9QC+2ia

 ちょー、マジヤべ〜じゃん!

  もっとスピード出せよ!

   フッ、法定速度は守らないとな!

    氏んじゃってるんじゃないの?アヤセもう帰るぅ〜!

            ヴッヂューー!!
          | ̄]|__
          |E/゚ ヽ_)二二二|二|〓
        _|□||__ヽ____i>-、
      //=ヽ  ./=ヽ(  ◎ \
 ((((  || |(◎)|=|(◎)| ヽ__ 三●
       || ii 个 ii _ii个 ii】/ ̄ ̄
      ヽゞ|||》》  ゞ|||》》

          .'"⌒ヽ
   ____     .|  ノノ
   |  | /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ

407 :エピソード148 8/15:2007/03/03(土) 17:08:06 ID:B9QC+2ia

│追いかけよう、あのねずみ。
└───v───────
       │そうだな。
       └──v──
                    . '"⌒ヽ
     __             | ノ"゙ヽ|        _____
   . '" o-oヽ        /\| リ゚ー゚)|ノ\   | ◎|
   |☆((゙")ノノ       .レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ⊂[  y  ]⊃
   | cリ´∇`リ ._/\_    ∪), 'ヾヽ   ‖ |====| ‖
   .从/_u''u、 .\ <0>/    (__,.へ_)_)  .○〈=∧=〉○
     ~UU~    |/\|            .大 U .U 大

408 :エピソード148 9/15:2007/03/03(土) 17:08:48 ID:B9QC+2ia

<モナ条医院(モナ条グループ)>

     ┌―――――――‐:、
     | モ ナ 条 医 院  | \
     |              |  |
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTiヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|  \
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |
冂冂 冂冂 |  || 冂冂 冂冂 冂冂 冂冂  .|   |
二二二二二|  |l二二二二二二二二二二二二!   |

409 :エピソード148 10/15:2007/03/03(土) 17:09:25 ID:B9QC+2ia

   ∧_∧    ∧_∧                             /尚 ヽ
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧    |ニニニ@
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )   (´∀`=)
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃⊂〈l-l〉† )G)
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒) ( (  -へ,

   ∧_∧
  ( -Д(〇=ノノ))        (((((((
  ノ  つ(;・∀・)        (O__O-) l⌒i⌒l
 (   ⊂  ▽†)      ━⊂ ノ1>† つ⌒⌒
 (_ノ(_ノ| | |        .| | |
     (__)_)        (_(__)

┌────^────────
│そっち、もっと詰めてくれよ!
             ┌────^──────────────
             │その患者は急を要しない、向こうの部屋だ。

410 :エピソード148 11/15:2007/03/03(土) 17:10:02 ID:B9QC+2ia

  │急を要するのは、100人ってとこですね。
  └──────v───────────

        `ヽ '"⌒ ヽ
         ((从ハ )ミ§
          i、゚‐ ゚リbハ>
          〈丱i )
          i二ヽ
          .ヒヒi
   ∧_∧    ∧_∧
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒)

411 :エピソード148 12/15:2007/03/03(土) 17:10:39 ID:B9QC+2ia

│ぐすっ…教会の周りでは大勢氏んでて…
│もっと助けてあげたかった…
└────v─────────────
         │仕方がありません、全てのヒトの氏について
         │まで責任は持てません。
         └───────v───────────
     __
   ,'´r==ミ、       `ヽ '"⌒ ヽ
   l 〈(从从)〉       ((从ハ )ミ§
   从(l|Tд⊂ヽ       i、‐ ゚ リbハ>
    (li<†>i ノ        〈丱i )
     </_l_〉          i二ヽ
     ヒヒ!           ヒヒi

412 :エピソード148 13/15:2007/03/03(土) 17:11:15 ID:B9QC+2ia

      │忙しい所、申し訳ないが
      └───v───────
│私達に手伝える事は
│ありませんか?
└──v───────
            │ありませんね、どうしても手伝いたいなら、
            │原因の方をなんとかしてきて下さい。
            └───────v───────────
      │モナロクを…か。
      └───v────
     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_         〈丱i )
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

413 :エピソード148 14/15:2007/03/03(土) 17:11:53 ID:B9QC+2ia

│どうやって助けるんですか?
└──v──────────
            │失った生体マグネタイトを補充するだけです
            │難しいことはありません。
            └───────v───────────
│生体マグネタイト…。
└──v───────
     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_         〈丱i )
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

414 :エピソード148 15/15:2007/03/03(土) 17:12:39 ID:B9QC+2ia

│これ、使って下さい。
│生体マグネタイトです。
└──v──────────
            │それはあなた達も、必要な物でしょ?
            │半分だけで結構です。
            │たとえ全部もらっても、圧倒的に足りないんです。
            └───────v─────────────

     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`iw  _/\_        〈丱i )
  .从/_u''っ.≡ \ <0>/        i二ヽ
    ~UU~(_)  |/\|          .ヒヒi

エピソード149へ

415 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/03(土) 21:21:48 ID:s9exz2sc
乙!今回は特にギャグ無しか…

416 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/03(土) 22:38:56 ID:hM30Vk+s
ねずみの救急車のやりとりはギャグにしか見えんw

417 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/04(日) 07:17:47 ID:ugin5UXY
更新乙です!

418 :エピソード149 1/18:2007/03/05(月) 21:13:34 ID:vkctQwHJ

  │ここで大きな問題があります。
  │今有るマグネタイトでは、完全に元気にしようと
  │すれば、30人程しか救えません。
  │残り70人は確実に氏にます。
  └──────v─────────────

         γ"⌒ ヽ'"
        §ミ( ハ从))
        <ハcl!゚ ‐゚ノl
         ⊂ .i丱〉
          /二i
           ヒヒi
   ∧_∧    ∧_∧
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒)

419 :エピソード149 2/18:2007/03/05(月) 21:14:23 ID:vkctQwHJ

  │一方、全員に均等に分け与えると、
  │ほぼ生死を分けるボーダーラインになります。
  │あとは、本人の気力しだいで30人よりも多く助かる
  │可能性もありますが、最悪全員氏ぬ可能性も
  │あります。
  └──────v──────────────

         γ"⌒ ヽ'"
        §ミ( ハ从))
        <ハcl!゚ ‐゚ノl
          ( i丱〉つ
          /二i
           ヒヒi
   ∧_∧    ∧_∧
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒)

420 :エピソード149 3/18:2007/03/05(月) 21:15:00 ID:vkctQwHJ

  │どうします?
  │好きな方を選びなさい。
  └──────v─────

         γ"⌒ ヽ'"
        §ミ( ハ从))
        <ハcl!゚ ‐゚ノl
         ⊂ .i丱〉つ
          /二i
           ヒヒi
   ∧_∧    ∧_∧
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒)

421 :エピソード149 4/18:2007/03/05(月) 21:15:36 ID:vkctQwHJ

              │優秀な者から順番に、確実に
              │30人救うべきだな。
              └─────v────────
│待てよ!全員に分けるべきだ!
└──v───────────
     │優秀とか言われたら、オレ確実に
     │棄てられる方だから、全員にしよう!
     └─────v───────────
                         │確実に救うべきですわ!
                         │ただし、将来の有る若い者順に!
                         └─────v────────

  / 尚ヽ                           r  ̄ ∞    (§⌒i⌒§ )
  |ニニニ@     (〇=ノノ))      (((((((     (ソ)ソンリ lヽ    ))⌒⌒( (
  (=´∀`)     (,,・∀・)      (O__O-)     i、゚ー ゚|l)| |   ((d、∀・ノb)) アヤセ、決められな〜い!
(G(. 〈l-l〉†つ   .(  ▽†つ     ( ノ1>† )    ⊂i<†>ilつ|    ( <V>† )
  | | |    .| | |      | | |      〈_l_ヾ>|__|    <_/_l_ヽ_>
  (__)_)    (__)_)     (_(__)      ヒヒ!      (_(__)

422 :エピソード149 5/18:2007/03/05(月) 21:16:17 ID:vkctQwHJ

│マイちゃん、あなたはどう考えます?
└────v─────────────
         │…全員に分ける方ですぅ!
         │大勢助かる可能性が有るなら、
         │それに賭けたいです!
         └───────v──────
│可能性に賭ける、ね。
│わかりました。
└────v─────
                    __
      γ"⌒ ヽ'"       r===`、
    §ミ〃ノノ))       .〈(从从)〉 l
     <人cリ゚ ‐ノ!       リ、`ヮ´|l)从
       ( i丱〉        ⊂i<†>ilつ
       /二i          〈_l_ヾ>
        ヒヒi          ヒヒ!

423 :エピソード149 6/18:2007/03/05(月) 21:16:57 ID:vkctQwHJ

            │マグネタイトをくれたので、あなたの意見
            │も聞きましょう。
            │御坊聖、あなたはどう考えます?
            └───────v──────────
     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_         〈丱i )
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

    30人を確実に救うべきだ!
  ≫全員に均等に分けよう!
    決められない!

424 :エピソード149 7/18:2007/03/05(月) 21:17:36 ID:vkctQwHJ

│均等に分けよう。
│後は本人の気力しだいなんでしょ?
│本人が「生きたい」と思っているなら、きっと助かるよ!
│「生きたいと思っていないヒト」は、助からないけど
│そんなヒトは、生きている価値ないよ。
└───v───────────────────
            │私と同意見です。
            │全て、オンブにダッコでは、生きている価値は
            │ありません。
            │最後は自分の力で頑張ってもらわないと。
            └───────v───────────

     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_         〈丱i )
  .从/_u''u、 \<0> /         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

425 :エピソード149 8/18:2007/03/05(月) 21:18:18 ID:vkctQwHJ

            │ちなみに、一番上を選択すると、属性値が-24され
            │真ん中は+24、一番下は変化無しです。
            │属性値が0〜111でLAW、144〜255でCHAOS、
            │その間がNEUTRALになります。
            └───────v─────────────
│いや、そんな隠しパラメータの話を
│されてもですねぇ…。
└───────v───────

     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_       ⊂〈丱i )
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

426 :エピソード149 9/18:2007/03/05(月) 21:19:00 ID:vkctQwHJ

  │処置は私が行いますので、
  │みんなは別室で休憩していて下さい。
  └──────v──────────

         γ"⌒ ヽ'"
        §ミ( ハ从))
        <ハcl!゚ ‐゚ノl
          ( i丱〉つ
          /二i
           ヒヒi
   ∧_∧    ∧_∧
  ( -Д-)   ( -Д-)                     ∧_∧
   (,O  O    (,O  つ             ∧_∧    (-Д- )
   ヽ 入丶    ヽ 入丶     (⌒ーO-( -Д-)   ⊂  ⌒  ⊃
    (⌒)(⌒)   (⌒)(⌒)   (⌒) ⌒__つノつ    (⌒)  (⌒)

427 :エピソード149 10/18:2007/03/05(月) 21:19:41 ID:vkctQwHJ

│マイと同じ意見だった。
│やはり二人は結ばれる運命。
└───v─────────
        │エルーと意見分かれたな、ショック…
        └────v───────────
                │やはり愚鈍な大衆には、オレの考えが
                │理解できなかったか。
                └──────v─────────
     / 尚ヽ                        ┃        ┃
     |ニニニ@    (〇=ノノ))      (((((((   ┃        ┃
     .(´∀`=)     (・∀・,,)     (O__O-)    ┃        ┃
     (〈l-l〉† )G)   ( ▽† )     (ノ1>† )   ┃o.       ┃
     ゝ .人     〈 〈 〈      〈 〈 \   .┃        ┃
     (__)__)    (__(__)      (__)_)   .┃        ┃

428 :エピソード149 11/18:2007/03/05(月) 21:20:34 ID:vkctQwHJ

              │あ、「エルーたん」さん?
              │サインお願いします。
              └─────v──────
                        │ソーリー、そういうの事務所を通しませんと…
                        │でも、今日は特別ですわよ。
                        └────────v──────────

                                         .┏━━━━┓
             '"⌒ ヽ                        .┃        ┃
    _____         | ノ"゙ヽ|        __           r  ̄ ∞        .┃
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ        (ソ)ソンリ lヽ       .┃
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ.        i、゚ー ゚|l)| |      .┃
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ _/\_   i<†>il). |o     ┃
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''っ□ \<0> /   〈_l_ヾ>|__|     ..┃
 大 U  U 大              ~UU~   .|/\|    ヒヒ!...┃        ┃

429 :エピソード149 12/18:2007/03/05(月) 21:21:29 ID:vkctQwHJ

                        │本当に特別ですわよ。
                        │一人にすると、他の大勢のファンにも
                        │せがまれてしまいますので。
                        └────────v────────
│漏れも、この背中に
│サイン、サイン!
└──v───────

            .'"⌒ ヽ                        
    _____      | ノ"゙ヽ|        __           r  ̄ ∞
    |   |  /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ        (ソ)ソンリ lヽ
 ⊂[   ヽ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ.        i、゚ー ゚|l)| |
 ‖ |====|     .∪), 'ヾヽ   ! cリ´∇`リ _/\__━⊂i□⊂). |
 ○〈=∧=〉     (__,.へ_)_)  从/_u''u、 \ <0>/   〈_l_ヾ>|__|
 大 U  U              ~UU~   .|/\|    ヒヒ!
             __
            r===`、
           〈(从从)〉 l
           .リ、゚ヮ ゚|l)从 < あれ?今の声、私の王子様?
            (li<†>i)    気のせいかな…?
             </_l_〉
             ヒヒ!

430 :エピソード149 13/18:2007/03/05(月) 21:22:13 ID:vkctQwHJ

               │処置は終りました。
               │後は、本人達しだいですが…
               │もう一つ、手を打ちましょう。
               │そこに隠れてるヒト!
               └──────v───────

     __                `ヽ '"⌒ ヽ               |_
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§             .|ミミ彡) 
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>               .|∀`)
   | cリ´∇`リ _/\_         〈丱i )                  |⊂ノ ビクッ!
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ                 |
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi                 |

431 :エピソード149 14/18:2007/03/05(月) 21:22:53 ID:vkctQwHJ

                            │ヒト違いだ、オレはただの弾き語りで…
                            └──────v──────────
               │感情が高ぶってる時は、
               │マグネタイトが作られ易いのです。
               │嬉しかったり、悲しかったり…
               │歌を聞かせるのも効果的です。
               └──────v────────
                            │オレの歌を聴きたいって?よっしや!
                            └──────v─────────
               │伴奏だけで結構です。
               └──────v────

     __                γ"⌒ ヽ'"         __
   . '" o-oヽ             §ミ〃ノノ))         .(ミミ彡ミl
   |☆((゙")ノノ             <人cリ゚ ‐ノ!         .(´∀`;.)
   | cリ´∇`リ _/\_         ( i丱〉つ        (つ≡(=O=◇
  .从/_u''u、 \ <0>/         /二i           .|⌒|`~ |
    ~UU~    .|/\|           ヒヒi          (_(__)

432 :エピソード149 15/18:2007/03/05(月) 21:23:37 ID:vkctQwHJ

        │それじゃ、マイちゃんが
        └─────v─────
                 __
   ∞  ̄ ヽ       ,'´r==ミ、
   /l ソ)ソンリ)       l 〈(从从)〉
   | |(l|゚ ー゚ノi       从(l|゚ ヮ゚ノ∩
   | .(li<†>i)        .(li<†>iノ
   |__|</_l_〉          </_l_〉
     .ヒヒ!          .ヒヒ!

433 :エピソード149 16/18:2007/03/05(月) 21:24:21 ID:vkctQwHJ

  │シャラップ!黙れやがれこの雌豚、ですわ。
  │歌といえば私、私といえば歌ですわ!
  └──────v────────────
                 __
     アタッ! ∞  ̄ ヽ ,'´r==ミ、
          /l ソ)ソンリ) 〈(从从)〉
          | |(l|゚ ー゚ノiσ)`ヮ´ノ∩
     ≡≡ ..| .(li<†>iノ (li<†>iノ
          |__|</_l_〉   </_l_〉
            .ヒヒ!   .ヒヒ!

434 :エピソード149 17/18:2007/03/05(月) 21:25:06 ID:vkctQwHJ

               │まぁ何でも良いので、仲良くね。
               │何か?
               └──────v───────

     __                `ヽ '"⌒ ヽ
   . '" o-oヽ               ((从ハ )ミ§
   |☆((゙")ノノ               i、‐ ゚ リbハ>
   | cリ´∇`リ _/\_ じっ…    〈丱i )
  .从/_u''u、 \ <0>/         i二ヽ
    ~UU~    .|/\|          .ヒヒi

435 :エピソード149 18/18:2007/03/05(月) 21:25:43 ID:vkctQwHJ

  │いや鎧姿と違って、そんな格好していると、
  │普通の女の子だなぁ〜とか思って。
  └──────v────────────
               │ば、ばかな事言わないで下さい。
               └──────v───────

     __                γ"⌒ ヽ'"
   . '" o-oヽ             §ミ〃ノノ))
   |☆((゙")ノノ             <人cリ"‐ノ!
   | cリ´∇`リ _/\_         ( i丱〉
  .从/_u''u、 \ ,,<0>/         /二i
    ~UU~    .|/\|           ヒヒi

エピソード150へ

436 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/05(月) 21:43:54 ID:vXlJ09zh
更新乙です
懐かしき隠しパラメータktkr
何度属性をニュートラルにするために温泉を使った事か…

437 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/05(月) 21:53:29 ID:rkykNffd
いつも楽しみにしています

438 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/05(月) 22:39:38 ID:ZhIwtMe6
そうか…マイちゃんお王子様は…。
弱いはずだw

439 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/06(火) 07:23:04 ID:2mgeK0Zl
ヤバい・・・
南条君と同じ答えだった・・・
オレはLaw サイドの人間だったのかorz


440 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/06(火) 18:00:43 ID:uhooSPFC
セ・・聖夜の属性値はこれでCHAOSよりになったんじゃ

441 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/06(火) 18:34:03 ID:xL4R0/EG
全員が助かる道を模索するというのはLAWだとも言える。
南条やエルーの意見も助かる者だけ助ける、ある種の弱肉強食的判断とすればCHAOSとも言える。

…と言う具合に荒れる可能性があるから属性談義はお勧めできない。

442 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/06(火) 20:34:39 ID:8Sw5V2k+
堕天使、夜魔、ガイアーズ
元のキャラは全員CHAOSだな

この話には関係ないけど

443 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/07(水) 00:25:31 ID:DQjBzFK8
>>441
また追い出し房が出たか

444 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/07(水) 01:24:36 ID:l+qP6/zD
>443
お前もそうやって過剰反応イクナイ

445 :エピソード150 1/15:2007/03/07(水) 20:22:52 ID:8OduDnIi

<ファクトリー郊外>
                .____
                |  |  .|
                | /゜ |
                  ̄ ̄

   r+
  ( ゚∪゚)y━・~
 〈( ζζ) プハァ!
   | W |        ,,-∬-、
   ||~||       (  旦  )
   ДД        `ii‐-‐ii´

446 :エピソード150 2/15:2007/03/07(水) 20:23:32 ID:8OduDnIi

 │ああ忙しい!忙しい!
 │休憩もせず、やってるがまだ終らん!
 └──────v─────────
                                         . '"⌒ヽ
           r+/\                  __.       | ノ"゙ヽ |      ._____
          (゚∪゚ )ノ\/\            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
          (ζζ) ./  /           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
          | W | .\/      _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
           ||~|| 彡         \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
          ДД            |/\|   ~UU~              大 U .U 大
    __ニニ__
    >  <

447 :エピソード150 3/15:2007/03/07(水) 20:24:20 ID:8OduDnIi

│すまんのう、まだまだかかりそうじゃ。
│あと、20の新月を見るぐらい。
└──v─────────────
               │早くしてくれたら、コレあげるよ。
               │「エルーたん」さんのサイン色紙。
               │キスマーク付だよ。
               └───────v────────
  (!)
   .∨
      なんじゃと!                      . '"⌒ヽ
   r+                      __       | ノ"゙ヽ |      ._____
  ( ゚∪゚)                    '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
 〈( ζζ)〉                 ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | W | \/\    _/\_  □リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   ||~||  /  /    .\<0> /   ⊂''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД \/       .|/\|     ~UU~              大 U .U 大

448 :エピソード150 4/15:2007/03/07(水) 20:24:57 ID:8OduDnIi

 │15分じゃ!15分待っておれ!
 └──────v───────
                                         . '"⌒ヽ
           r+/\                  __.       | ノ"゙ヽ |      ._____
      //  .(゚∪゚ ).ノ\/\            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |
    ___  /(/ζ) /  /           .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
    |  |/  | W | .\/      _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |  |    ||~||  彡        \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    )ヽノし,   ДД            |/\|   ~UU~              大 U .U 大
    __ニニ__
    >  <  ドカンドカン!

449 :エピソード150 5/15:2007/03/07(水) 20:25:33 ID:8OduDnIi

│完成!
│聖剣ギコカリバーと魔槍ゲイボルグを
│合わせた様な感じでの武器で、
│撲殺バット、ギコカリボルグ!
└──v──────────────
        │それ、とある天使(?)の武器だよね…。
        └─────v───────────

                                . '"⌒ヽ
   r+                   __       | ノ"゙ヽ |      ._____ ぴぴるぴるぴる
  ( ゚∪゚)                 '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\    |◎ |    ぴぴるぴ〜♪
 〈( ζζ)ノ-++#####        ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   | W |         ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
   ||~||         .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
   ДД          .|/\|   ~UU~              大 U .U 大

450 :エピソード150 6/15:2007/03/07(水) 20:26:08 ID:8OduDnIi

│ドク口ちゃんの
│水色の縞パン最高!
└──v───────
     │ワタシは純白が好きだな。
     │フリル付とか。
     └───v───────
               │いちごパンツは?
               └────v───
      │それ、肉丸!
      └───v───
   r+                _____
  ( ゚∪゚)ノ              |◎ |
 〈( ζζ)            ⊂[  y  ]⊃
   | W |    _/\_   ‖ |====| ‖
   ||~||    \<0> /   ○〈=∧=〉○
   ДД     |/\|    大 U .U 大

451 :エピソード150 7/15:2007/03/07(水) 20:26:44 ID:8OduDnIi

│勝負下着とか逝って、
│赤や紫のレースとかってどうよ
└──v───────────
     │黒も、レースとかバリバリだとな〜
     │シンプルなのなら良いけどな。
     │紺ブルマとか。
     └───v────────────
│ブルマの話はスレ違いじゃ。
└──v─────────
               │穿いてない、これが最強!
               └────v───────
                        │漏前ら、パンツの話で盛り上がってないで
                        │さっさと話を進めろ!
                        └────────v─────────
                                              . '"⌒ヽ
   r+                 _____             __       | ノ"゙ヽ |
  ( ゚∪゚)y━・~            |◎ |            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 〈( ζζ)            ⊂[  y  ]⊃         ((゙"))ノノ#l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
   | W |    _/\_   ‖ |====| ‖         .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
   ||~||    \<0> /   ○〈=∧=〉○          u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
   ДД     |/\|    大 U .U 大           ~UU~

452 :エピソード150 8/15:2007/03/07(水) 20:27:20 ID:8OduDnIi

                        │…で?本当の武器はドレなの?
                        └────────v──────
│コレじゃよ。
└──v────

                                              . '"⌒ヽ
   (:::::) ←             (:::::) ←            __.       | ノ"゙ヽ |
  (;゚∪゚)               |;◎|            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 〈( ζζ)ノ   ↓      .⊂[  y  ]⊃         ((゙"))ノノ#l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
   | W |    _(:::::)\__.   ‖ |====| ‖         .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
   ||~||    \.;<0>/   ○〈=∧=〉○          u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
   ДД     |/\|    大 U .U 大           ~UU~

453 :エピソード150 9/15:2007/03/07(水) 20:27:56 ID:8OduDnIi

     │は…?何も無いが…
     │まさか、風王結界とか!?
     └───v────────
│DQNとお子様には見えない剣じゃ。
│ん、まさか…見えんのか!?
└──v────────────
      │…み、見えるとも!
      └───v──────
                           │も、もちろん見えるよ。
                           └─────v─────
            │見える、漏れにも敵が見えるぞ!
            └──────v───────
                                             . '"⌒ヽ
   (:::::)               (:::::)              __.      | ノ"゙ヽ |
  (;゚∪゚)               |◎ |            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 〈( ζζ)ノ           .⊂[  y  ]⊃         ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
   | W |    _(:::::)\__.   ‖ |====| ‖         .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
   ||~||    \<0> /   ○〈=∧=〉○          u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
   ДД     |/\|    大 U .U 大           ~UU~

454 :エピソード150 10/15:2007/03/07(水) 20:28:31 ID:8OduDnIi

│なんじゃと!
│何も持っていないのに、見えるじゃと!
│これが、電波というヤツか!
└──v──────────────

   (:::::)
 \( ゚∪゚)ノ ケケケ!
  ( ζζ)
   .| W |
    ||~||
   ДД

455 :エピソード150 11/15:2007/03/07(水) 20:29:07 ID:8OduDnIi

                           │言いたい事は、それだけかな?
                           └─────v────────
│いやその、寂しい年寄りの、茶目っ気じゃ。
│ほれ、神剣「天之尾羽張(アマノオハバリ)」。
│火之迦具土神を斬った、神殺しの剣じゃ。
└──v────────────────

   (::) ←
   .(:::)                                         . '"⌒ヽ
  (::(:::::)               (:::::)             .__.      | ノ"゙ヽ |
  (;゚∪゚)               |◎#|            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 〈( ζζ)ノ=||ニニニ>    .⊂[  y  ]⊃         ((゙"))ノノ#l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
   | W |    _(:::::)\__.   ‖ |====| ‖         .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
   ||~||    \<0>#./   ○〈=∧=〉○          u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
   ДД     |/\|    大 U .U 大           ~UU~

456 :エピソード150 12/15:2007/03/07(水) 20:29:41 ID:8OduDnIi

│相手の強さを攻撃力に転化できるんじゃ。
│相手が強いほど、威力が増すんじゃよ。
└──v────────────────

   (::)
   .(:::)                                         . '"⌒ヽ
  (::(:::::)               (:::::)              __.      | ノ"゙ヽ |
  (;゚∪゚)               |◎ |           .∧ '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\
 〈( ζζ)ノ           .⊂[  y  ]⊃         | |(゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi
   | W |    _(:::::)\__.   ‖ |====| ‖          | |リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪
   ||~||    \<0> /   ○〈=∧=〉○         ==⊂''u_ヽ从   (_(_/、_ソ
   ДД     |/\|    大 U .U 大         ∪ ~UU~

457 :エピソード150 13/15:2007/03/07(水) 20:30:17 ID:8OduDnIi

     │じゃあ、約束のサイン色紙。
     └────v───────
│うひょ〜!
│キスマーク、ハァハァ…
└──v────────

    (::)
   .(:::)
   (::(:::::)      __
 \( ゚∪゚)ノ    '"o-o ヽ、
  ( ζζ)   ((゙"))ノノ l
   .| W |    リ´∇`リb |
    ||~||   □⊂''u_ヽ从
   ДД     ~UU~

458 :エピソード150 14/15:2007/03/07(水) 20:30:52 ID:8OduDnIi

│何かあれば、また来るが良い!
└──v───────────

   r+
 \( ゚∪゚)ノ
  ( ζζ)
   .| W |
    ||~||
   ДД

459 :エピソード150 15/15:2007/03/07(水) 20:31:28 ID:8OduDnIi

    │キスマークなんて、付けてもらったっけ?
    └──────v──────────
               │軽く、捏造しますた。
               └────v─────
│うふ〜ん(はぁと)
└──v─────
            │「キスマーク付」とは逝ったけど、
            │「エルーたんの」とは逝ってないよ。
            └───────v───────
                     │…聖は悪魔だと思いますた。
                     └──────v──────
             '"⌒ ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ   _/\_ パペノカヨ!
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、   \ <0>/
 大 U  U 大              ~UU~     .|/\|

エピソード151へ

460 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/07(水) 20:35:02 ID:Ivnx431i
更新乙です
爺哀れ也

461 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/07(水) 23:56:20 ID:BIx2WRZQ
更新乙です!
20の新月ワロタwwww
ギコフグス氏・・・

462 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/08(木) 00:41:42 ID:QLILJ4li
ギコフグス氏がどうした?

463 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/08(木) 02:18:42 ID:IsJ85YOn
更新乙だります
やる気って重要だなあw
>>20の新月
初代作者、ギコフグス氏の復活の際の謳い文句でしたね
氏のまとめサイトにも載ってます

464 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/08(木) 23:59:44 ID:CbGSJ7Ir
乙であります

>20の新月
泣いた

>キスマーク捏造
まさか聖のか!

465 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/09(金) 02:20:30 ID:O4qxovgX
>>464
マイちゃんの王子様のです

466 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/09(金) 14:50:09 ID:SrFpv1t4
アマノオハバリ所有者(聖)vsヒノカグツチ所有者で因縁の対決とかあるんだろうか
wktk

467 :エピソード151 1/15:2007/03/09(金) 20:42:22 ID:aLWo9HWg

          │わっ、地震!
          └──v───
                       . '"⌒ヾ トンデルワタシガナゼユレルノ
               __       | ノ"゙ヽ ||       _____
              '"o-o ヾ、 /\ |(゚ー゚; |ノ\\   |◎;||
           ( ((゙"))ノノ ll レヘ,⊂( ( .l |VVヽi (⊂[  y  ]⊃)
     ._/ヾ_  リ´∇`;b ||   //ソ丶.(∪l   | ‖ |====| ‖|
     .\<0>;./  iu''u_ヽ从   ((_(_/、_ソノ    ( ○〈=∧=〉○)
       |/\||   ~UU~              i 大 U .U 大ヽ

      /  ̄/ //   ̄ ̄    /  ̄/ //   ̄ ̄
          /      ̄ ̄/       /      ̄ ̄/ ● ● ●
        _/     . _/      _/     . _/

468 :エピソード151 2/15:2007/03/09(金) 20:43:03 ID:aLWo9HWg

       │最近、地震が多いよね。
       └────v──────
│うん、実はホーリタウンの事件
│モナロクと、この地震は関係が有るんじゃ
│ないかと思っている。
└────v─────────────

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

469 :エピソード151 3/15:2007/03/09(金) 20:43:39 ID:aLWo9HWg

│この世界の大地の気の流れ、実はこれは
│神霊クズギコという悪魔そのものの事なんだ。
│クズギコは普段眠っているが、目覚めさせようと
│しているんではないだろうか。
└────v───────────────

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

470 :エピソード151 4/15:2007/03/09(金) 20:44:17 ID:aLWo9HWg

       │生体マグネタイトは、その為に?
       └────v─────────
│それ以外に、大量のマグネタイトを
│必要とする事柄は思いつかない。
└────v───────────

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

471 :エピソード151 5/15:2007/03/09(金) 20:44:58 ID:aLWo9HWg

       │もし、クズギコが目覚めたら、
       │どうなるの?
       └────v─────────
│寝返りをうつだけで、こんな地震が
│おきるんだ。
│もし目覚めたら…天変地異がおきる。
└────v───────────

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____ な、なんだってー(AAry)
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚; |ノ\   .|◎;|
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`;b |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

472 :エピソード151 6/15:2007/03/09(金) 20:45:44 ID:aLWo9HWg

       │阻止するよ!
       │ホーリータウンにレッツゴー!
       └────v─────────
│まて!
│あれは、マグネタイトを吸収する
│器官にすぎない。
│本体は、魔界にいるはずなんだ。
└────v───────────

                       . '"⌒ヽ
               __      | ノ"゙ヽ|        _____
             . '" o-oヽ /\| リ゚ー゚)|ノ\   | ◎|
             |☆((゙")ノノ.レ' VV| l. ) )⊃ヽ! ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_  | cリ´∇`リ    ∪), 'ヾヽ   ‖ |====| ‖
     .\ <0>/ .从/_u''っ、     (__,.へ_)_)  .○〈=∧=〉○
       |/\|    ~UU~             .大 U .U 大

473 :エピソード151 7/15:2007/03/09(金) 20:46:28 ID:aLWo9HWg

       │いる「はず」ってどういう事?
       └────v─────────
│姿は見えるが近づけないんだ。
│結界とかでもないし…
│たぶんあれはヤツの影で、
│本体は魔界のどこかに隠れているんだ。
└────v─────────────

                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

474 :エピソード151 8/15:2007/03/09(金) 20:47:36 ID:aLWo9HWg

<センター 人工進化研究所>

 ┌─┬─┬─┬───────────┬─┬─┬─┐
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤                ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤  -=≡三( ● )三≡=-  ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤        ∧_∧        ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|       ( ´∀` )       |<0>!|<0>!|<0>!|
 └─┴─┴─┴───- ( <y> ). ───┴─┴─┴─┘
                 .| | |
                 (_(__)

       ┌───────^─────────
       │魔界は大混乱、センターの権力委譲も
       │すっきり片付いた。作戦は成功だ。

475 :エピソード151 9/15:2007/03/09(金) 20:48:15 ID:aLWo9HWg

│また二名の尊い犠牲を
│出してしまった…。
└────v──────
         │それで済んだのは、お前の
         │指揮のおかげだな。
         │だから、褒美をやるぜ。
         └─────v─────

   γ~三ヽ
   (三彡0ミ)        ∧_∧
   ( ´∀`). ┓      (´∀` )
   (    つ|‡      ( <y>  )
   | | |  | ¶@    .| | |
   (__)_) .し      (_(__)

476 :エピソード151 10/15:2007/03/09(金) 20:48:58 ID:aLWo9HWg

<シャッフラー>
          \\ ________ // バシン!
              || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
              ||           .||
              || γ~三ヽ    ..||
              || (彡0ミ三)    .||
              || (´∀`;.). ┓......|| < なっ!
              || (    つ|‡  ||   何のつもりだ!キョウジ!
              || | | |  | ¶@||
              || (_(__) .し... ||
              ||   CARD    ||
              ||_______||    NEW_IN_CARD
          //  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\

     ∧_∧
    (    ) 从
    (    つ そ
    | | |  W
    (__)_)

477 :エピソード151 11/15:2007/03/09(金) 20:49:35 ID:aLWo9HWg

│もう、お前たちは不要なんだよ。
│生き残るのは、俺一人で十分だ。
└──v────────────

   ∧_∧
  ( ´∀`)
  (  <y> つ
  | | |
  (__)_)

478 :エピソード151 12/15:2007/03/09(金) 20:50:11 ID:aLWo9HWg

<アギダイン>

              ._人;;从;;;;:人_  ボン!
              ;:(´⌒;人;;从;;;;:人;;.
              ´⌒;:⌒`〜;;从;;人;;
            ´;⌒;从;;人;;;⌒`)⌒;;从;..|
              | (彡0ミ三)    .|
              人;;从;;;;:人;;:.`)";:   グワァァァァァ!!!!!
             "(´´∴人;;ノ;⌒`)`)从
              | |;从;;;;:人;;:.`)";:(|
             从;;ノ;;⌒`);";⌒`)`)从
            从;;人;;;⌒`;:人;;:....,,ノ;⌒;
           从;;人;;;⌒`;:人;;:....,,ノ;⌒;从;;人


     ∧_∧
    (    ) 从
    (    つ そ
    | | |  W
    (__)_)

479 :エピソード151 13/15:2007/03/09(金) 20:51:17 ID:aLWo9HWg

    |_
    |ミミ彡) 
    |∀`)
    |⊂ノ ヒッ!
    |
    |

   人从人从人从
  <         >
  <  助けて!  >
  <         >
   Y⌒YY⌒Y⌒YY
      __
     (ミミ彡ミl
     (´Д`;.)  ────
     ⊂〈l-⊂ヽ  ̄ ̄  ──
       Y  人 __ ̄ ̄
       (_)`J

480 :エピソード151 14/15:2007/03/09(金) 20:51:54 ID:aLWo9HWg

  キョウジ、一匹逃げたみたいだぞ。
 ┌─┬─┬─┬───────────┬─┬─┬─┐
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤                ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤  -=≡三( ● )三≡=-  ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 ├─┼─┼─┤                ├─┼─┼─┤
 ..|<0>!|<0>!|<0>!|                      |<0>!|<0>!|<0>!|
 └─┴─┴─┴───────────┴─┴─┴─┘
             ∧_∧
       [o三lll> (´∀` )  チッ!
          ヽ]⊂ <y> )
            | | |
            (_(__)

481 :エピソード151 15/15:2007/03/09(金) 20:52:37 ID:aLWo9HWg

<SUMMON_モナ94L>

 ( \       / )
 (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
 (ニ(_(     )_)ニ)
  \ 0‐oー'ーノ彡、
     〉 全 〈 ヽつ
    | |> >
    (__)|_/
    i  i   i
     i   i
      i i
    ヽ二V二l    ∧_∧
       ヾ三lll> (´∀` ) < あいつを始末して来い!
          ヽ]⊂ <y> )
            | | |
            (_(__)

エピソード152へ

482 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/09(金) 21:39:27 ID:RLBHvQOU
更新乙です
94Lって何かなぁと思ったらあの水色顔無しのクシエルか

483 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/09(金) 23:10:20 ID:EWgSdgMP
全身タイツのな。

484 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/10(土) 00:20:11 ID:ddZcI708
セクシーダイナマイツ

485 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/10(土) 00:46:18 ID:5eo4hou1
更新乙であります!

486 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/10(土) 19:31:49 ID:aGbG7Acu
そういやクシエル、サリエルって真2でしか見たことないな

487 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/10(土) 23:32:25 ID:q9AXkp5j
更新乙だります
さすがキョウジだ、仲間をキョウジコンボで殺してもなんともないぜ
そういえば>>476でNOWでなく
NEW_IN_CARDなのは演出意図なのでしょうか

488 :エピソード152 1/16:2007/03/11(日) 11:20:49 ID:DDl4sY8H

<センター 聖夜の部屋>

   γ'"⌒ ヽ'"
   §ミ〃ノノ)) もっきゅもっきゅ
   <人cリ Oノ!
  _ |〃,う= つ
  \ ̄ ̄旦~ ̄(<ミ彡田>) ̄     ピンポ〜ン♪
   \      ゝ二二ノ        ピンポン、ピンポン、ピンポ〜ン♪

489 :エピソード152 1/16:2007/03/11(日) 11:21:28 ID:DDl4sY8H

  │ハイハイ、今出ますよ!
  └────v──────

        ,∧_∧
        X ノ ハヘ X
        |゚ノ ^∀^)
       §,    つ
        !!|  Y |
        (__)_)

490 :エピソード152 3/16:2007/03/11(日) 11:22:05 ID:DDl4sY8H

              │キャロルJって方が
              │かくまって欲しいと。
              └───v─────
│キャロルJ…?
│まぁ、会いましょう。
└────v──────

   γ'"⌒ ヽ'"
   §ミ〃ノノ))
   <人cリ゚ ‐ノ!
  _ |〃,う= つ
  \ ̄ ̄旦~ ̄(<ミ彡  >) ̄
   \      ゝ二二ノ
                  ,∧_∧
                 X ハヘ ヽ X
                  (^∀^ ヾ|
                  (   、§
                  | Y   |!!
                  (_(__)

491 :エピソード152 4/16:2007/03/11(日) 11:22:41 ID:DDl4sY8H

│あなたでしたか。
└────v───
           │あ、姐さん。
           │すまねぇしばらく、匿ってくれ!
           └──────v───────
│私の方が年下だと、
│何度言えば…
└────v────

     γ"⌒ ヽ'"       __
    §ミ〃ノノ))       (ミミ彡ミl
    <人cリ゚ ‐ノ!        (´∀`;.)
      ( i丱〉       ⊂〈l-l〉⊂)
       /二i         | | |
       .ヒヒi         (_(__)

492 :エピソード152 5/16:2007/03/11(日) 11:23:19 ID:DDl4sY8H

           │だめだ!キタ──(゚∀゚)──ッ!!?
           └──────v───────

     γ"⌒ ヽ'"        __
    §ミ〃ノノ))        l彡ミミ彡)
    <人cリ゚ ‐ノ!        (.;´∀`)
      ( i丱〉       ⊂〈l-l〉⊂)
       /二i         | | |
       .ヒヒi         (_(__)

493 :エピソード152 6/16:2007/03/11(日) 11:23:56 ID:DDl4sY8H

                │ヒトの子よ、争いは望みません。
                │その男をこちらに渡して下さい。
                └──────v───────
│断ります。
│助けを求めて来た以上、義に反します。
│このまま帰ってもらえませんか?
└───────v─────────

                      ( \       / )
   __   γ"⌒ ヽ'"        (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
  l彡ミミ彡)§ミ〃ノノ))        (ニ(_(     )_)ニ)
 (.;´∀`) <人cリ゚ ‐ノ!         ⊂ニlー'ー ノ彡、/
 (つ〈l-l〉つ  ( i丱〉             .〉 全 〈 ヽつ
 | | |    /二i              | | |
 (__)_)   .ヒヒi              (_(__)

494 :エピソード152 7/16:2007/03/11(日) 11:24:34 ID:DDl4sY8H

                │子供の使いではありません。
                │このまま帰っては、主人に叱られます。
                └──────v─────────
│では、倒したと報告しなさい。
│これは、命令です!
└───────v─────
                │あなたの命令などに従ういわれは…
                │くっ…なぜだ、強い強制力を感じる…
                │いや、しかしそれは出来ない…。
                └──────v─────────
    │では、戦いますか?
    │レモナさん。
    └────v─────

                      ( \       / )
   __   γ"⌒ ヽ'"        (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
  l彡ミミ彡)§ミ〃ノノ))        (ニ(_(    .;)_)ニ)
 (.;´∀`) <人cリ゚ ‐ノ!         ⊂ニlー'ー ノ彡、/
 (つ〈l-l〉つ  ( i丱〉つ           .〉 全 〈 ヽつ
 | | |    /二i              | | |
 (__)_)   .ヒヒi              (_(__)

495 :エピソード152 8/16:2007/03/11(日) 11:25:11 ID:DDl4sY8H

 │了解!
 │やっと、本来の仕事ができるのね。
 └──────v────────

        ,∧_∧
        X ノ ハヘ X
        |゚ノ ^∀^)
       §,    )
        !!|  Y |
        (__)_)

496 :エピソード152 9/16:2007/03/11(日) 11:25:48 ID:DDl4sY8H

   \/
    \   ,∧_∧      /
        X ノ ハヘ X    ./  ./  / |〃││ / |〃││
        |゚ノ    )  \/\/  /  |   ノ /  |   ノ
       §,    )
        !!|  Y |  \
    /  (__)_)  く\

497 :エピソード152 10/16:2007/03/11(日) 11:26:26 ID:DDl4sY8H

  │レモナ改め、
  │大天使ネカマエルよ
  │きゃはっ☆
  └────v─────

               /
    /⌒) ,∧_∧  ./
   /   ( X ノ ハヘ X./
   | レ /ヽ |゚ノ ^∀^)/つ
   レレ  §,、__〃つ
        !!/三非ヽ
        7ッ‐++_,ゝ

498 :エピソード152 11/16:2007/03/11(日) 11:27:06 ID:DDl4sY8H

                   │ネ、ネカマエル様!
                   │なぜこんな所に!?
                   └────v─────
 │モナンシパリティは、料理以外ダメだから
 │あたしが掃除洗濯やってるのよ。
 │ところで、あたしに勝てると思っているの?
 │このぺけのカチューシャは伊達じゃ
 │ないのよ。きゃっ☆
 └─────v────────────
                │それはカチューシャじゃなくって、
                │髪飾り…いえ何でもありません。
                └───────v──────

               /      .( \       / )
    /⌒) ,∧_∧  ./       (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
   /   ( X ノ ハヘ X./        (ニ(_(    .;)_)ニ)
   | レ /ヽ |゚ノ ^∀^)/つ        ⊂ニlー'ー ノ彡、/
   レレ  §,、__〃つ            〉 全 〈 ヽつ
        !!/三非ヽ            | | |
        7ッ‐++_,ゝ            (_(__)

499 :エピソード152 12/16:2007/03/11(日) 11:27:48 ID:DDl4sY8H

│モナ94Lさん、争いは望みません。
│倒した事にして、帰って下さい。
│これを証拠の品にしなさい。
└───────v─────────

         γ"⌒ ヽ'"
  ∧_∧  §ミ〃ノノ))
 (.;´∀`) <人cリ゚ ‐ノ!  __
 (つ〈l-l〉つ  ( i丱〉つl彡ミミ彡)
 | | |    /二i
 (__)_)   .ヒヒi

500 :エピソード152 13/16:2007/03/11(日) 11:28:28 ID:DDl4sY8H

│わ、わ、私も争いは望みません。
│私はその男を殺した…しかし誰かが
│知らない間に、生き返らせた。
│これで口裏を合わせましょう。
└──────v──────────

     ( \       / )
     (\ 〉 ∧_∧ 〈 /)
     (ニ(_(    ;)_)ニ)
      \ 0‐oー'ーノ彡、  __
         〉 全 〈 ヽつl彡ミミ彡)
        | |> >
        (__)|_/

501 :エピソード152 14/16:2007/03/11(日) 11:29:11 ID:DDl4sY8H

  │あ〜ん、戦えると思ったのに。
  │もういじわるなんだから☆
  └────v─────────

               /
    /⌒) ,∧_∧  ./
   /   ( X ノ ハヘ X./
   | レ /ヽ |゚ノ ^∀^)/つ
   レレ  §,、__〃つ
        !!/三非ヽ
        7ッ‐++_,ゝ

502 :エピソード152 15/16:2007/03/11(日) 11:30:10 ID:DDl4sY8H

│すまねぇ、助かった。
└──v───────
      │ホーリータウンの時のお礼です。
      └─────v─────────
│あんたもデビルサモナーだったのか?
│COMPは持ってないみたいだが。
└──v───────────────
      │COMPは召喚や報酬のやり取りを
      │補助してるに過ぎません。
      │昔のサモナーはCOMP無しで召喚してましたし、
      │要は、確かな信頼関係が有れば良いのです。
      └─────v──────────────

            `ヽ '"⌒ ヽ
  ∧_∧       ((从ハ )ミ§
 ( ´∀`)       i、‐ ゚ リbハ>
 (つ〈l-l〉つ      〈丱i )
 | | |        i二ヽ
 (__)_)        ヒヒi

503 :エピソード152 16/16:2007/03/11(日) 11:31:02 ID:DDl4sY8H

      │大体の予想はつきますが、何があったか
      │話して下さい。
      └─────v────────────
│お、おう。
└──v──
            `ヽ '"⌒ ヽ
  ∧_∧       ((从ハ )ミ§
 ( ´∀`)       i、‐ ゚ リbハ>
 (つ〈l-l〉)     ⊂〈丱i )
 | | |        i二ヽ
 (__)_)        ヒヒi

エピソード153へ

>>487
仕様です
・・・
      ∧,,,∧
     (・ω・` )
     / y/ ヽ
 ━(m)二フ⊂[_ノ
     (ノノノ l l l )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

504 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/11(日) 13:03:32 ID:ONZQKcOR
更新乙であります!

505 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/11(日) 17:44:12 ID:k/rsgwqU
更新乙です
けど切腹はダメダヨー

506 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/11(日) 21:00:53 ID:vr03W4EM
入_in_card
カードの中に入るんだよ

507 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/12(月) 07:23:26 ID:9PID2XCq
更新乙であります!
カマエルは貧乳のとこに居たのかー。


508 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/12(月) 07:48:20 ID:Vf2QYE4B
キャロルはヅラだったのかw

509 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/12(月) 13:10:20 ID:ZzSyhpFX
カチューシャじゃなくて髪飾りワロタwwwwww
レモナ発祥の時の話とか覚えてる香具師いるのかな?

と。AAイラスト化サイトにて、魔王モナファーがイラスト化
されてますた。

510 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/12(月) 21:12:07 ID:guEdZgyL

  γ"⌒ ヽ'" 龍には一枚だけ逆さに付いている鱗があります。
 §ミ〃ノノ))  これに触られた場合には激高し、
 <人cリ゚ ‐ノ!  触れた者を即座に殺すとされています。
         まさに、「逆鱗にふれる」という事ですね。

「冥界破―――!!!」        -__-__-__=_--_-__=__=__ _ __ ___ _____
 .    ,'´"⌒ ヽ'"    -;     〃         ∧ .::;   ジュッ
      §ミ〃ノノ))  //     〃         (´.;;;''.:: ;;,. .:>>507
     <人cl!゚ ロノl.、//      〃          (  .;; . .: ; ;;
       く^y傘)~つ<       〃           ;;.. .;;, ..:;;, ..:
      /三非〆        〃           (_.;; . .: ;;
      7ッ-++_,ゝ        -__-__-__=_--_-__=___ _ __ ___ ______

 べ、別に貧乳とか言われて怒ってる訳じゃないんだからね、
 逆鱗にふれただけなんだからね。
 これがツンデレってやつです…よね?

>>509
モナファー様が…こんな普通に魔王してるなんて…
どちらかというとfusianasan仮面の方が好きなのに。

511 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/13(火) 00:20:29 ID:0fgSz2t8
せきしき?

512 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/13(火) 01:11:55 ID:NZdbLgwH
>511
いやいや、メガテンの技にあるんだよ。
蟹の力なんか必要ないのさ。あじゃぱー。

513 :エピソード153 1/21:2007/03/13(火) 20:59:57 ID:RjlzdgnM

>翌日
                  │私はレモナ♪あなたのレモナ♪
                  │掃除、洗濯、オナヌー、セクロス、
                  │あなたが望めばなんだってしちゃうわ♪
                  └───────v──────────
│………
└────v──────

   .γ'"⌒ ヽ'"       パタパタ
   §ミ〃ノノノ))           彡ミ   ,∧_∧
   <人dl━_━l! .::::::..         \ X ハヘ ヽ X
  _ |〃,う= つヽ二フ          \(^∀^ ヾ|
  \ ̄ ̄旦~ ̄⊂⊃ 、@@@, ̄ ̄ ̄    ⊂ i゙‐゙i 、§ ←裸エプロン
   \          ̄ ̄         | l____l |!!
                         (_(__)

514 :エピソード153 2/21:2007/03/13(火) 21:00:40 ID:RjlzdgnM

│さっさと学校に逝って来なさい!
└─v────────────
              ,∧_∧
              X ノ ハヘ X
___          |゚ノ ^∀^)   あ〜れ〜☆
     |         ⊂ li<†>iつ
     |         !!</_l_i_〉
     |\V/     (_ノ、_ノ
    o.|  ,、 そ   彡
     |ニノ そ
     |彡∧ヽ  ドカッ!
     |
 ̄ ̄ ̄

515 :エピソード153 3/21:2007/03/13(火) 21:01:19 ID:RjlzdgnM

  │逝って来ま〜す!
  │転校の初日はやっぱ、食パンかじって
  │遅刻よね☆
  └────v────────────

          ,∧_∧
    ───  X ノ ハヘ X
          |゚ノ ^∀∠フ
  ───   §, li<†>iつ
   ───   !!</_l_/γヽ
          (__丿\__ノ

516 :エピソード153 4/21:2007/03/13(火) 21:02:09 ID:RjlzdgnM

│…何ですか、ありゃ?
└───v──────
         │レモナさん。
         │今日から、聖十字白百合学園中等部に
         │通います。
         └─────v───────────
│護衛ですか、ソノムラ・マイの。
│しかし、大天使ネカマエル様を
│掃除や洗濯で使うというのは…
└───v──────────

                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    ( ´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )         〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

517 :エピソード153 5/21:2007/03/13(火) 21:02:47 ID:RjlzdgnM

         │モナンシパリティさんが料理以外が
         │下手過ぎるからです!
         │あなたの教育がなってないからですよ!
         └─────v───────────
│そ、そんな事言われましても…
│それなら、御自分でなさったら
│宜しいでしょう。
└───v──────────

                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( つV> つ       ⊂〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

518 :エピソード153 6/21:2007/03/13(火) 21:03:27 ID:RjlzdgnM

         │私は地下世界で生まれ育ちました。
         │地下では生きる事、もうそれ自体が
         │戦いでした。
         └─────v──────────
    はぁ…
                 γ"⌒ ヽ'"
     彡⌒ミ        §ミ〃ノノ))
    ( ´_ゝ`)       <人cリ゚ ‐ノ!
    ( <V> )         ( i丱〉
    | | |          /二i
    (__)_)          ヒヒ!

519 :エピソード153 7/21:2007/03/13(火) 21:04:06 ID:RjlzdgnM

       ∠⌒ゝΛ
      (,,;:..:・∀・)
      (;;';(つ:〕:)
       |_/l;ll:l)
       (..:;;..)..:.:.)

 私は、「盗る猫」という少年がリーダーを努める
 グループに属していました。

520 :エピソード153 8/21:2007/03/13(火) 21:04:45 ID:RjlzdgnM

                     キ メ.
.                      「「「lメ
        キ    .|      ,「「「「「l/
        |+|  .|  |     ,「「「「「「l/
        |+ww| 「l|    |「「「「「「/
        |「「「「「「l|    |「「「「「「l/ ;;,,      ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;;illlllll|||||l!
        |「「「「「「l|    |「「「「「「l/ :||||llliii;;.___ィiillll||||||||||||||||||||||||||
, _,./~,ノ i ,    .;.;;;;...........;;;.;..;;;;.:;;;;;;;;;;.:;..........;;.........;..;.

 私達は、瓦礫の中から金属を集めそれを盗る猫に、
 盗る猫はその辺りを縄張りにしている大人に売り、
 僅かなお金を得ていました。

521 :エピソード153 9/21:2007/03/13(火) 21:05:24 ID:RjlzdgnM

      __
     /   ,/|      ∧_∧
     | ̄ ̄|/|      ( ・∀・ )
     | ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄|\ /i|`i:´|i'ヽ, (・∀・)
     | ̄ ̄| |___|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ///,/|
     | ̄ ̄| |___|__________| ̄ ̄ ̄|/|
     | ̄ ̄                     |      ||::::|
     |       モララーの武器屋     ..|      ||::::|
     |                         |___||/

 薬莢とかが手に入った時は、盗る猫に渡さず
 直接武器屋に持って行きました。
 結構良い値で買ってくれたんですよ。

522 :エピソード153 10/21:2007/03/13(火) 21:06:04 ID:RjlzdgnM

         │簡単に手に入る所のは、とっくの昔に
         │大人達に回収されていましたが、
         │身体が小さい利点を生かし、
         │大人が入れない狭い隙間を狙っていました。
         └─────v──────────────
│なるほど。
│賢いですね。
└───v───
         │いいえ、大人達が子供を上手く
         │利用していたに過ぎません。
         └─────v─────────
                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    ( ´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )         〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

523 :エピソード153 11/21:2007/03/13(火) 21:07:05 ID:RjlzdgnM

           人
          `Y´
  人   ∠二|\
 `Y´   \|__|/
          人
         `Y´

 何人も、そう私が知っているだけでも、3人が生埋めになった
 危険な場所を発掘していた時、私は宝石を手に入れました。
 捨て値で売っても1万魔貨はしたでしょう。
 しかし、盗る猫、大人、大人のボスと渡って行って、
 結局私の手に入ったのは、200魔貨でした。
 もっとも当時は、宝石の値段なんて知らないし、200魔貨は大金でした。

524 :エピソード153 12/21:2007/03/13(火) 21:07:41 ID:RjlzdgnM

         │そのお金を母に渡すと、母は喜びました。
         │その時初めて肉というのを食べました。
         │「デミなんでや」の肉との事でしたが…違うでしょうね。
         │他の悪魔か、ヒトの肉かどうせそんな所でしょう。
         └─────v────────────────
│………
└───v───
         │肉と言えば、こんな話もあります。
         └─────v─────────
                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    ( ´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )         〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

525 :エピソード153 13/21:2007/03/13(火) 21:08:18 ID:RjlzdgnM

   ∧_∧  / ̄ ̄\
   /__ ゚Д゚ヽ  | イッテ.   |
  〃,,从 从,)∠  ヨシ! |
  从リ ゚д゚ノリ  \__/
   ○゛   )
   │ │ │
   (__)_)

 近所にギンコって女の子が住んでいたんですが、
 ある日いなくなりました。
 地下世界ではよくある話です。
 近所の肉屋の裏口に、その娘の髪飾りが落ちてましたし、
 新しく肉が手に入ったからと、安売りしていましたので、
 子供心に、あの娘は今、肉屋の店先を飾っているのだと思いました。

526 :エピソード153 14/21:2007/03/13(火) 21:08:58 ID:RjlzdgnM

│し、しかしそれはあなたの
│思い過ごしかも…
└───v─────────
         │その出来事だけならね。
         │日々の出来事を考え合わせれば、
         │そう確信するしかありません。
         └─────v─────────

                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( つV> つ        〈丱i )
    | | |          .i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

527 :エピソード153 15/21:2007/03/13(火) 21:09:40 ID:RjlzdgnM

│………
│申し訳ない…
└───v───
         │何を謝るのです?
         └─────v─────
│地下世界がそんな状況なのも
│かつての大破壊が原因。
│私も天使の端くれとして責任が
│あります。
└───v─────────
       │過去の積み重ねの上に今が有るのです。
       │過去の出来事が無ければ、私は生まれて
       │いないでしょう。
       └───────v──────────

                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )         〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

528 :エピソード153 16/21:2007/03/13(火) 21:10:37 ID:RjlzdgnM

   │私は物心ついた時から父がいませんでいた。
   │母は、父はミレニアムにいると言っていましたが、
   │しつこく聞くと、困ったような、悲しいような顔をしました。
   │地下ではヒトの氏は日常風景、氏んだのならそう言う筈です。
   │地下は暴力、略奪、強姦など日常風景です。
   │だから、母は…私の父であるヒトはきっと…
   └───────────v──────────────
│いや、もうそれ以上は…
└───v───────

                 γ"⌒ ヽ'"
     彡⌒ミ        §ミ〃ノノ))
    (,;´_ゝ`)       <人cリ゚ ‐ノ!
    ( つV> つ        ( i丱〉
    | | |          /二i
    (__)_)          ヒヒ!

529 :エピソード153 17/21:2007/03/13(火) 21:11:17 ID:RjlzdgnM

         │私の母は地下では珍しく、メシア教徒でした。
         │いえ、今でもそうですが。
         │だから私も今生きていられるのでしょう。
         │そうでなければ、生まれてこなかったか、
         │生まれてすぐ、肉屋の店先を飾っていたでしょうね。
         └─────v───────────────

                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )         〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

530 :エピソード153 18/21:2007/03/13(火) 21:12:19 ID:RjlzdgnM

         │私はミレニアムには感謝してるんですよ。
         │ファクトリーとの取引、ヴァルハラの闇商人の
         │おかげで、地下世界の住人は生きてこれたんです。
         │ミレニアムがなければ地下世界はとっくに滅んでました。
         │3大天使や他の天使にも感謝したいですね。
         └─────v──────────────────
│そう言ってもらえると
│助かります。
└───v──────
         │一方、ザインはどうでしょうか?
         └─────v─────────
                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    ∩;´_ゝ`)         i、‐ ゚ リbハ>
    ( <V> )       ⊂〈丱i )
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

531 :エピソード153 19/21:2007/03/13(火) 21:13:19 ID:RjlzdgnM

         │ファクトリーの開放?ミレニアムの立て直し?
         │はっ!立派ですね!
         │ファクトリーの住人は重労働かもしれませんが、
         │油断すると、氏んでいる…そんな地下世界を
         │救ったらどうです!
         │それとも、地下世界の住人など初めっから、
         │ヒトとも思っていないのですか!
         └─────v──────────────
│あの、ザインの事、
│お嫌いですか?
└───v─────
         │ええ、嫌いです。
         │過去の因縁もありますので…
         │もっとも向こうは知らないでしょうが。
         └─────v──────────
                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ         .((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)         i、O ゚ リbハ>
    ( つV> つ       ⊂〈丱i つ
    | | |          i二ヽ
    (__)_)         ヒヒ!

532 :エピソード153 20/21:2007/03/13(火) 21:14:03 ID:RjlzdgnM

         │そんな訳で、洗濯や掃除なんて
         │やっている余裕は無かったので、
         │得意ではありません。
         │料理もあまり…
         └─────v─────────
│あっ、その事の説明だったん
│ですか…。
└───v─────────
                 γ"⌒ ヽ'"
     彡⌒ミ        §ミ〃ノノ))
    (,;´_ゝ`)       <人cリ゚ ‐ノ!
    ( <V> )         ( i丱〉
    | | |          /二i
    (__)_)          ヒヒ!

533 :エピソード153 21/21:2007/03/13(火) 21:14:51 ID:RjlzdgnM

     │でも、目玉焼きだけは得意なんですよ!
     │卵料理は料理の基本です!
     └─────────v───────
│(焼くだけやんか…)
│今度食べさせてください。
└───v────────
                `ヽ '"⌒ ヽ
     彡⌒ミ        : ((从ハ )ミ§
    (,;´_ゝ`)      : (..)i、ロ" リbハ>
    ( <V> )       : ヽ〈丱i )
    | | |          .i二ヽ
    (__)_)         ヒヒi

エピソード154へ

>>511
積尸気冥界「波」、デスマスクとな?
黄泉比良坂とかあったから、あながち関係が無いとも…ないない
>>512
蟹…魔獣キャンサーは硬かった

534 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/13(火) 21:32:00 ID:KucUNBma
トルネコ…今に始まったことじゃないが色んな世界が繋がってるな。
さすがは地下世界。

535 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/13(火) 21:56:35 ID:b1YoU9FB
更新乙です
あぁリサが肉に…

536 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/14(水) 07:20:52 ID:90OSgZpC
更新乙であります。

>>515
エヴァネタナツカシスw


537 :エピソード154 1/17:2007/03/15(木) 21:00:30 ID:eNr7rc4P

<魔界>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'''::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;
::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./\::::::..::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.\:::::::::::/\::::::::
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::::::::::::::/\::::::::::./;;;;;;;;;;;\./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.\/;;;;;;;;;;;\:::
;;;;;;:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\_/;;;;;;;;;;.\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ー−;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大
 ┌──^─────────────
 │造魔たちのお陰で、あちらこちらで
 │通行止めになってるなあ。

538 :エピソード154 2/17:2007/03/15(木) 21:01:22 ID:eNr7rc4P

│検問だ。身分証を提示せよ!
└────v─────────

          ―━―━―━━―━―━―━◎━―━
     ∧_∧△                  ||∧_∧
__/|\( `∀´ )/|\             ./|\( `∀´ )/|\__
 ⌒⌒ (    ) ⌒⌒/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\⌒⌒ (    ) ⌒⌒
   .←( ) )  ./             \  .( ( )→
      ∪∪  /                \  ∪∪
         /                   \

539 :エピソード154 3/17:2007/03/15(木) 21:02:11 ID:eNr7rc4P

        │手前は、ちりめん問屋の隠居のモラ衛門。
        │後ろは供の、聖とリム。
        │オマケの、にさんが六兵衛です。
        └─────v────────────
│うむ、モララビア伯爵家の
│正式文書だ。
│通って良し!
└────v──────

                                . '"⌒ヽ
     ∧_∧              __       | ノ"゙ヽ |      _____
 /|\( `∀´)/|\         '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
 ⌒⌒ (    つ□⌒        .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   .←( ) )      _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
      ∪∪      \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
                |/\|   ~UU~              大 U .U 大

540 :エピソード154 4/17:2007/03/15(木) 21:02:58 ID:eNr7rc4P

         <   >
          |` ´|
      <<<   ヘ../   >>>
      \\/  \//
 ;      /     ヽ    ;
  )`、     |      |     )`、
  ( (    |      |     ( (
  | ̄| """""'''''''---'''''''"""""  | ̄|

                       '"⌒ヽ
                      ((.   |
            . '" ⌒ ヽ  /\ (゚リ  |ノ\
           ((( (   |  レ' VVV|ノWi|VVヽ!
    ._/\_  (`リb   |     へ!  (
    .\   /  ./u从从从   (/ \__)__) 
      |/\|   ~UU~

 ┌──^─────────────
 │見えてきたぞ、あれがモナロクだ!

541 :エピソード154 5/17:2007/03/15(木) 21:03:44 ID:eNr7rc4P

             │オレ様に何か用か?
             └────v─────

                    <  >
               巛ゝ  ( ´∀` )  >>>
               \\ /    \//
                 /       \
                /          ヽ
               |             |
 ; :   (  ;      /              ヽ       ; 
    ';   )ヽ ;    |               |      )ヽ
      ) ( (      |               |      ( ( )ヽ
    ( ( ) )    /                ヽ     ) )  )
   ;  )   ヽ    |                 |     ( ;;  ;)
     | ̄ ̄ ̄|  """""'''''''−−-----−−'''''''"""""     | ̄ ̄ ̄|
     |      |                           |      |

542 :エピソード154 6/17:2007/03/15(木) 21:04:32 ID:eNr7rc4P

                  │ホーリタウンから生体マグネタイトを
                  │集めるのを止めろ!
                  │さもなければ、お前を倒す!
                  └───────v────────

             '"⌒ ヽ
    _____         | ノ"゙ヽ|        __
    | ◎|    /\| リ゚ー゚)|ノ\  . '" o-oヽ 
 ⊂[  y ]⊃ レ' VV| l. ) )⊃ヽ! |☆((゙")ノノ
 ‖ |====| ‖    .∪), 'ヾヽ   | cリ´∇`リ _/\_ ビシッ!
 ○〈=∧=〉○     (__,.へ_)_)  从/_u''u、 \ <0>/
 大 U  U 大              ~UU~   .|/\|

543 :エピソード154 7/17:2007/03/15(木) 21:05:22 ID:eNr7rc4P

        │面白い、やれるものなら、やってみろ!
        └────────v────────

                    <  >
               巛ゝ  ( ´∀` )  >>>
               \\ /    \//
                 /       \
                /          ヽ
               |             |
 ; :   (  ;      /              ヽ       ; 
    ';   )ヽ ;    |               |      )ヽ
      ) ( (      |               |      ( ( )ヽ
    ( ( ) )    /                ヽ     ) )  )
   ;  )   ヽ    |                 |     ( ;;  ;)
     | ̄ ̄ ̄|  """""'''''''−−-----−−'''''''"""""     | ̄ ̄ ̄|
     |      |                           |      |

544 :エピソード154 8/17:2007/03/15(木) 21:06:11 ID:eNr7rc4P

 <SWORD>
                    <  >
               巛ゝ  ( ´∀` )  >>>
               \\ /    \//
                 /       \
                /          ヽ
               |             |
 ; :   (  ;      /              ヽ       ; 
    ';   )ヽ ;    |               |      )ヽ
      ) ( (      |               |      ( ( )ヽ
    ( ( ) )    /                ヽ     ) )  )
   ;  )   ヽ    |                 |     ( ;;  ;)
     | ̄ ̄ ̄|  """""'''''''−−-----−−'''''''"""""     | ̄ ̄ ̄|
     |      |                           |      |
                     ザシュッッッッ…
              /´⌒ヽ
        //  /  ☆) ハッ!
      <ニニ[⊂/   /ノ
            ノハ从ノハ〉
           (/   ヽ)

 >ダメージを与えられない!

545 :エピソード154 9/17:2007/03/15(木) 21:07:05 ID:eNr7rc4P

 <ブフダイン>
                    <  >
          ヾ    巛ゝ∧ ( ´∀` ) il  /|   //
             :*:: \∨ / ./\ l>  .|/
          <l    +     |:l | |   il| ,、 ::::*::::
              liー、  ∧ /゙、.:| |   ///   凵@ ,,,.-‐'''゙
          ::+::  ゙、ヾ、 |i /∧ 、 ./〉/ //  __    _
 ; :   (  ;        ヽ ゙/ヽ| | | |//'゙ //O/´./  _∠/-‐''''´
    ';   )ヽ ;   l\:|\丶゙. ゙| l l |/ :/:// /_     )ヽ
      ) ( (  *: \、ヽ 、ベ..::i i i ! /::/'´ ./ ̄ /    ( ( )ヽ
    ( ( ) )   __,\ \ ゙.<´..:::..\../ / ;:ィ´ く>   ) )  )
   ;  )   ヽ  `>  \ヽ\ .......::::::::::::.....,三三三>   ( ;;  ;)
     | ̄ ̄ ̄|  `´⌒ヽ/\_  /ヽ、/ヽィー'´''''"""""  | ̄ ̄ ̄|
     |      |                           |      |
         \∧/
         <  >
     .'"⌒ヽ/∨\
     |  ノノ∩                         ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ            ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\_  ‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /  ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

 >ダメージを与えられない!

546 :エピソード154 10/17:2007/03/15(木) 21:07:56 ID:eNr7rc4P

 <メギド>
                    <  >
                __,,:::========:::,,__
             ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
           ..‐´      ゙          `‐..
          /                    \
        ,:'´                       ヽ.
       .'             +              ヽ
      /            +     *               ゙:
      ;゙                                ゙;
     i                                ;,
     i                                ;l
      :::;;;;...                         ...;;;;:::
        :::;;;;...                     ...;;;;:::
          '''''''::::::;;;;;,,,,,,,,,,,,,..    ..,,,,,,,,,,,;;;;;::::::'''''''
                   ''''''''''''''''''

     .'"⌒ヽ                   どうだ!
     |  ノノ                           ____
 /\ |  リノノ\    . '" ⌒ ヽ              .  |  |
 レ' VV|ノWi| VVヽ!.  |   ☆ノノ  <メギド>  从 ⊂[    ]⊃
     )  !へ    |  lcリ´ノ      _/\Σ て‖ |====| ‖
     (__(_//ヽ)  从从 uヽ     . \    /W. ○〈=∧=〉○
               ~UU~        |/\|   大 U .U 大

 >ダメージを与えられない!

547 :エピソード154 11/17:2007/03/15(木) 21:08:47 ID:eNr7rc4P

             │それで?もう終わりか?
             └────v──────

                    <  >
               巛ゝ  ( ´∀` )  >>>
               \\ /    \//
                 /       \
                /          ヽ
               |             |
 ; :   (  ;      /              ヽ       ; 
    ';   )ヽ ;    |               |      )ヽ
      ) ( (      |               |      ( ( )ヽ
    ( ( ) )    /                ヽ     ) )  )
   ;  )   ヽ    |                 |     ( ;;  ;)
     | ̄ ̄ ̄|  """""'''''''−−-----−−'''''''"""""     | ̄ ̄ ̄|
     |      |                           |      |

548 :エピソード154 12/17:2007/03/15(木) 21:09:41 ID:eNr7rc4P

  │やはり無理か。
  │よし、いったん引き上げ!
  └───v───────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

549 :エピソード154 13/17:2007/03/15(木) 21:10:28 ID:eNr7rc4P

               _____         |      | |____,|
;::::   ;゙     ;;   ,. '|| .       ||  ____ |      |
:;    ;  ;        '||        .|| |;:BAR;::::゙|..|      |
;:::  ゙λ.     ;   ;;  .' || _/゚\_  || |;:makai:: |..|      |┬─┬─┬─┬─┬─| :cafe |
   ;  ;     ;  ;  .|| l営業中l.O||   ̄ ̄ ̄" .|\    |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬|  ζ  |
:;         , ,',',''  ,..  ||.  ̄ ̄ ̄ ;:||         . :|  \  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴| ヽ_l).:|
''~~;;;~'';:::  :::.. ,  , ,  '||_____!||_____|   \'┴─┴─┴─┴─┴─|┌─┐|
~ ̄ ̄ ゙̄ ̄"" ̄ ̄~ ゙̄~'―――――`i

550 :エピソード154 14/17:2007/03/15(木) 21:11:21 ID:eNr7rc4P

  ,__________      ,ii、      ___
  ll::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll  ,ll、 l l      |MENU |
  || ,ii、. ,ii、:::::::::::::::::::::::::::::::::::||   l,_,l |__| [] [] [] [] |== ,|
  || |l,,| li,,il::▽::▽::U:::U::::::::||.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,==|
  || l,_,l l,_,l::⊥::⊥:⊥:⊥::[]::||.               |,_,__,| ノノノノノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧_∧           ( ○○)
                   (:Д::::#::)              (||||)
   ∧∧            目と   、ヽ          (    )
  ̄(  *)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. γ,/´__,,ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    l ∪,         ┳    (_(_)´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 〜'(  l   ━   ━┻━   ━┻━ ──────────┘
   し`J

 >誰の話し掛けますか?
     釣神様
     くたびれた客
   ≫女性客

551 :エピソード154 15/17:2007/03/15(木) 21:12:09 ID:eNr7rc4P

│モナロクは姿は見えるけど、
│倒せないわよ。
└───v────────
       │知ってますよ。
       │本体はどこに?
       └───v──────
                             . '"⌒ヽ
       ヒヒヒ            __       | ノ"゙ヽ |      _____
    ∧∧            . '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   (*゚∀。)           ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   ⊂゚ 。゚つ=[ニフ _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    |。゚。゚|     .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    し`J       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

552 :エピソード154 16/17:2007/03/15(木) 21:13:02 ID:eNr7rc4P

 ≫くたびれた客

│モナロクの事か?
│万魔殿のエロイ方なら知ってるんじゃないか?
│それより、メチルアルコールおごってくれよ。
└───────v───────────

        ∧_∧
        (:Д::::#::)
      目と   、ヽ   
   ̄ ̄ ̄ ̄.γ,/´__,,ノ  ̄ ̄
   ┳    (_(_)´  ̄ ̄
 ━┻━   ━┻━ ──

553 :エピソード154 17/17:2007/03/15(木) 21:14:03 ID:eNr7rc4P

 ≫釣神様

│モナロクに詳しいヒトがいたのねん。
│確か、きのこる先生って名前
│だったのねん。
└──────v────────

    |,_,__,| ノノノノノ
        ( ○○)
          (||||)
        (    )
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
 ─────────┘

エピソード155へ

554 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/15(木) 21:14:13 ID:x3/zCBXj
リアルタイムキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

555 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/15(木) 21:41:35 ID:gb86ryEd
乙!

リ ア ル タ イ ム ノ ガ シ タ   _ノ乙(、ン、)_

556 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/16(金) 01:28:11 ID:1rn0Irk9
一体どれだろうか

557 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/16(金) 07:08:31 ID:fvCcpyz6
更新乙であります!
ご隠居さまご一行だったのかw

558 :エピソード155 1/15:2007/03/17(土) 20:34:12 ID:L5NTVrEC

<万魔殿>
                 A
                  |::|
                 .|:::|
               ..l|l|l|l|l
                |。。|
              ∧ |:::::|∧
             ∧  l∧l  ∧
             |゚゚゚|二||O||二|゚゚゚|
            〔ニニ〕 ||⌒|| 〔ニニ〕
             .| | ||  || | |
            而而而而而而而
             WV WVVWW
              WVVWVWW
               VWWV
                VW
          /\   WV  /\
        へ    \  VW
                WV

559 :エピソード155 2/15:2007/03/17(土) 20:35:00 ID:L5NTVrEC

               ___________
              /          | |l |       \
            /            | |l |        \
             |           | |l |          |
             |           | |l |          |
             |           | |l |          |
             |           | |l |          |
             |           | |l |          |
             |          「 .|l |           |
   /l   ∧_∧   . |           |.[!|l.[!|         .|  ∧_∧  lヽ
  /,ヘ\( `∀) ↑|            |_. |l ._|          .|↑(∀´ )/,ヘ`
 // //ヽ(    つ|..|           | |l |          |..|⊂    )'ヽ\ヽ`、、
/ ,-v''"  .( ) ) | |           | |l |          | | ( ( )  "''`v-、 |
|/      ∪∪   |_______,| |l |_______,|   ∪∪      ヽ|
     / ̄ ̄ ̄|`i                        i"| ̄ ̄ ̄ヽ
     /     | .|                        .| .|     ヽ

 >扉は固く閉ざされている。

560 :エピソード155 3/15:2007/03/17(土) 20:35:35 ID:L5NTVrEC

│ダメみたいだな。
└────v───
        │じゃあ、後は…きのこる先生だね。
        │確か、ろっぽんぎーに居たよね。
        └─────v─────────
│あ、借りてた本も返さなくっちゃ。
└────v─────────
                       . '"⌒ヽ
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

561 :エピソード155 4/15:2007/03/17(土) 20:36:34 ID:L5NTVrEC

<モララビアの館>
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:;:;:::;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;::;;:;;::;;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;;;:;::;:;: /ハヽ ;;:;:;;:;:;;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;::;; i'l/li|;;;; 只 :;:;::;:;:;:;:;:;:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;;:;:;
;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;::;::;:;; |lllIIトLLLヒー、i! ;:;:;;:;::;;:;:;::::;;:;:;:;:;:;:;:;;:;::::::;:;;:;:;:;;:;:;:.::;:
;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ,、,、__|lll| i`三三三'i'il1_i!__i!,、:::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::;:;:;;:;:;:;:;:;;::;
;:;:;::;::;;:;;:;:;::;:;::; ixYx .!;;;IIロ|[| トrrrrトHlHlhihihi1:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:
:::: :::: :::: :::: :::: | []X]|[ IIロ|品| | | |´l l l l|,,|||||||;:;:;:;::;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:: ::::: ::::: : :. ,,,|ト.LL.![[[ | ,;;⌒";;⌒ヾ"⌒;:゛;,i,;,''";;,,  :::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:::
:::::,,,,,,,:::,;;'⌒;;;⌒゛"''⌒''' ⌒;:;"⌒^^ ;:;⌒ヾ⌒   ⌒^;;) :::;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:

562 :エピソード155 5/15:2007/03/17(土) 20:37:16 ID:L5NTVrEC

    │御主人様!お帰りなさいませ!
    └──v──────v────
    ||||||                ||||||
    ||||||                ||||||
    ||||||                ||||||
    ||||||                ||||||
──||||||───────────||||||──
    ` ̄ ̄´                 ` ̄ ̄´
      .∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩
      l l| 从从 |l l  l l| 从从 |l l
      リ リ ゚ヮ^リ リ   リ リ ゚ヮ^リ リ
       /.{|==|}ニつ   /.{|==|}ニつ
       ∪〉l l〈     ∪〉l l〈
        <E___ヨゝ    <E___ヨ ゝ
        ~i_ll_i~      ~i_ll_i~

563 :エピソード155 6/15:2007/03/17(土) 20:38:03 ID:L5NTVrEC

             │えっと、なに?その格好?
             └─────v──────
│冥途ですよ、冥途。
│今、流行ってるそうです。
└──v──────v──
              │普段とあまり変わらないやん。
              └─────v───────

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩                     . '"⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l             __..      | ノ"゙ヽ |      _____
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   /.{|==|}ヽ    /.{|==|}ヽ          .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   ∪〉l l〈∪   .∪〉l l〈∪    _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    <E___ヨゝ    .<E___ヨゝ     \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ~i_ll_i~      ~i_ll_i~     . |/\|   ~UU~              大 U .U 大

564 :エピソード155 7/15:2007/03/17(土) 20:38:38 ID:L5NTVrEC

             │この前の本返さなくっちゃ
             │逝けないんだが。
             └─────v──────
│いいですよ、あれから更に
│もう一つプログラム組みました。
└──v──────v────
                │どんなやつ?
                └───v────
│COMP上で2身合体できる
│物です。
└──v──────v────

  ∩=ニニ=∩  ∩=ニニ=∩                     . '"⌒ヽ
  .l l 从从〉.l   l l 从从〉.l             __..      | ノ"゙ヽ |      _____
  .リゝリ゚ヮ゚リ リ   リゝリ゚ヮ゚リ リ            '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
   /.{|==|}ニつ  /.{|==|}ニつ        .((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
   ∪〉l l〈     .∪〉l l〈      _/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
    <E___ヨゝ    .<E___ヨゝ     \<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
    ~i_ll_i~      ~i_ll_i~     . |/\|   ~UU~              大 U .U 大

565 :エピソード155 8/15:2007/03/17(土) 20:39:18 ID:L5NTVrEC

│COMPで合体とは、便利な世の中に
│なってきたなぁ。
└────v───────────
        │魔法継承は出来ないみたいだね。
        └────v──────────

                       . '"⌒ヽ ドウセコノスレデハ、ツカワナイワ…
               __       | ノ"゙ヽ |      _____
              '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎*|  ガッタイ…ハァハァ…
            ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
     ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
     .\ <0>/ ⊂''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
       |/\|   ~UU~              大 U .U 大

566 :エピソード155 9/15:2007/03/17(土) 20:42:26 ID:L5NTVrEC

<ろっぽんぎー 図書館>
                   /\
       ________//\\________
     //////////┌┐\\\\\\\\\\
   //////////  └┘  \\\\\\\\\\
    ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~           ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
     || 田田 田田 田田  ______.  田田 田田 田田 ||
     || 田田 田田 田田   |   |   田田 田田 田田 ||
     ||                  |   |                  ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

567 :エピソード155 10/15:2007/03/17(土) 20:43:01 ID:L5NTVrEC

  │本の返却に来たが、きのこる先生は?
  └─────v───────────
│先生は今、モナ新宿に
│出かけているよ。
└──v───────
     │今度はモナ新宿か、ヤレヤレ…。
     └───v──────────
                           . '"⌒ヽ
                  __.       | ノ"゙ヽ |      _____
   ∧_∧          '"o-o ヽ、 /\ |(゚ー゚リ |ノ\   .|◎ |
  ( ・∀・)        ((゙"))ノノ l レヘ,⊂( ( .l |VVヽi ⊂[  y  ]⊃
  (  __) ._/\_ .リ´∇`リb |    /ソ丶.(∪    ‖ |====| ‖
  | |   .\<0> /  .u''u_ヽ从   (_(_/、_ソ     ○〈=∧=〉○
  (__)     |/\|   ~UU~              大 U .U 大

568 :エピソード155 11/15:2007/03/17(土) 20:43:35 ID:L5NTVrEC

<モナ新宿>

          ノノノノノ
          /ノ@@/ヘノノ
         / ヾ@@ト丿//ノ
         //\ \/  キXXノノ ノメノ       | キ    >llllll
        / \/\  /\  メ メメ::/     .ヽhhwmwllllllllli
       //\ \/;:  \/\メ:メ:::::/   /~~ |lllllllllllll llllllllllll
       / \/;::  /\;:: .\//::::::::/  / ./ .|lllllllllllll llllllllllll
      //\ ;::;:  \/\ ;:/::::::::/   | /  .|lllllllllllll llllllllllll
      / \/\: /\ \/ /::::::::/   | ||/ ..|lllllllllllll llllllllllll
     /\ \/ ;::\/\ ./::::::::/   .| ||/ ..|lllllllllllll llllllllllll
ヾゝゝヾゞ\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、 | ||/ ..|lllllllllllll llllllllllll
 ゞヾゞヽゞヾ:l//\;::;/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_llllllllll llllllllllll

     │キングレオも大した男ではありませんでしたネ。
     │はてさて、モナ新宿の不穏な動きとハ?
     └─────v──────────────

            ∧_∧
           (´∀` )  
           ( η  つ ̄~/
            |__ハ__|≡∋
           (_(__)

569 :エピソード155 12/15:2007/03/17(土) 20:44:09 ID:L5NTVrEC

              │アキちゃん元気出すホ〜。
              └───v────────
   │いつもみたいに、足でグイグイ
   │踏み付けて欲しいホ〜。
   └─────v────────

                    ∧
     __            / ヽ
    r===`、  へ-o--へ  <====> ヒーホー
   〈(ハルヒ)〉 l  (∀・ )   (ww゚))))
    リ、゚−゚|l)从  /WWW    m A ⌒ ̄ノ
   へ.,へ⊂)  (,( ⊂ )   旦 ヽ   /
   ヒ! ヒ!_ゞ>    (ノヽ)       \|ヽノ

570 :エピソード155 13/15:2007/03/17(土) 20:44:54 ID:L5NTVrEC

                           │お嬢さん、探しましたヨ。
                           └──────v─────
│誰よ、あんた。
└───v────
                           │私は、シド=モナビス。
                           │キングレオさんの知り合いでス。
                           └──────v───────
│だから何?
│キングレオだか何だか、もうどうでもいいわ。
└───v───────────────
                       ∧
     __               / ヽ
    ,'´r==ミ、  へ--o-へ     <====> ヒーホー     ∧_∧
    l 〈(ハルヒ)〉  ( ・∀)      ((((゚w)         (´∀` )
   从(l|゚−゚ノリ  /WWW    ヽ ̄⌒ Am         ( η  つ ̄~/
   へ.,へ⊂)  (,( ⊂ )   ヽ   /旦          |__ハ__|≡∋
   ヒ! ヒ!_ゞ>    (ノヽ)    ヽ /|/          .(_(__)

571 :エピソード155 14/15:2007/03/17(土) 20:45:37 ID:L5NTVrEC

                           │こちらが用があるんですヨ。
                           └──────v─────

                          / ̄ / ̄\ ̄\    / ̄ / ̄\ ̄\
                         <    (  ●。 )   >  <    (  ●。 )   >
                          \_ \_/_/    \_ \_/_/
                       ∧
     __               / ヽ               カッ!
    ,'´r==ミ、  へ--o-へ     <====> ヒーホー     ∧_∧
    l 〈(ハルヒ)〉  ( ・Д)      ((((゚д)         (´∀` )
   从(l|゚ o゚ノリ  /WWW    ヽ ̄⌒ Am         ( η  つ ̄~/
   へ.,へ⊂)  (,( ⊂ )   ヽ   /旦          |__ハ__|≡∋
   ヒ! ヒ!_ゞ>    (ノヽ)    ヽ /|/          .(_(__)

572 :エピソード155 15/15:2007/03/17(土) 20:46:12 ID:L5NTVrEC

  │さて、私の可愛い人形たチ。
  │これから沢山働いてもらいますヨ。
  │ククク…
  └──────v────────

            ∧_∧
           (´∀` )  
           ( η  つ ̄~/
            |__ハ__|≡∋
           (_(__)

エピソード156へ

573 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/18(日) 00:15:01 ID:ITyksUB8
乙一番乗り

574 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/18(日) 11:23:36 ID:/41ZRiqV


  合  体




575 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/18(日) 11:25:12 ID:/hgIlvGq
シドは変態にしか見えぬ

576 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/18(日) 12:15:27 ID:otuJvz5l
露出狂ですね

577 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/19(月) 07:19:46 ID:T2+vnjJB
更新乙であります!

578 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/19(月) 18:28:23 ID:WZ23WMxY
>COMPで合体
フライディのことかー!

オデノナバ フダイデイ ヨドジク

579 :エピソード156 1/18:2007/03/19(月) 20:49:53 ID:Ff+/yOcK

<センター ソノムラ家>

│ふぁ〜、パパおはよう!
│また食事しながら新聞読んで、
│行儀悪いよ。
└─────v────────
         __
        r   `、
       〈(从从)〉 l
        リ、゚ヮ ゚|l)从
       .⊂i|`i:´|i)
        〈_ハ_,>
         し' J

580 :エピソード156 2/18:2007/03/19(月) 20:50:34 ID:Ff+/yOcK

│おはよう、お寝坊さん。
│マイこそパパのシャツをパジャマ代わりに
│するのはやめなさいって言ってるのに。
└────v──────────────

     丶゙ヽY"'
     lリl((゙"))      ____
     ゝdi゚ー゚ノi      |      |
    |(O ̄| ̄⊂)     |      |
/ ̄ ̄ ̄|_|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    旦~    ⊂⊃ 、@@@,       \
                ̄ ̄         \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|

581 :エピソード156 3/18:2007/03/19(月) 20:51:17 ID:Ff+/yOcK
       ____ 
       |        |
       |[]      |   _   ____
       |____|/| ||   |  ⊆⊇  |
       |:|三三三 ||/| ||   | ̄ ̄ ̄ ̄|
       |:|___ ||  | ||   | ロロロ ::oo |  
   .___   |:|    ...||  | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,'´    '、 |:|只只只 ||  | ||   | ̄~|~ ̄|  |
 .l     .l.|:|凵凵凵 ||\| ||  .. |  ゚.|.゚  |  |
 从从从从  ̄ ̄ ̄ ̄ \| || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .(li l il)つ         ̄
   (__i___)  牛乳牛乳っと。
   `´`´
┌──^─────────────
│ラブリーな中学生の着たシャツだよ。
│プレミアがつくよ〜。

582 :エピソード156 4/18:2007/03/19(月) 20:51:54 ID:Ff+/yOcK
     __
   ,'´   `、 ごっきゅごっきゅ
   l 〈(从从)〉
   从(l|゚ ヮi;'TTl
    .(i|`i: t_厂
     <,_ハ_〉
     し' J

     __
   ,'´   `、 プハー
   l 〈(从从)〉 =3
   从(l|゚ ヮ゚ノリ ハ
    .(i|`i:´|iつ ,|
     <,_ハ_〉  ̄
     し' J

583 :エピソード156 5/18:2007/03/19(月) 20:52:29 ID:Ff+/yOcK

│どこがラブリーだか、
│色気の欠片も無いぞ。
└────v──────

     丶゙ヽY"'
     lリl((゙"))      ____
     ゝdi゚ー゚ノi      |      |
    |(O ̄| ̄⊂)     |      |
/ ̄ ̄ ̄|_|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    旦~    ⊂⊃ 、@@@,       \
                ̄ ̄         \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|

584 :エピソード156 6/18:2007/03/19(月) 20:53:08 ID:Ff+/yOcK

│それより、この前どこかに
│旅行に逝っていたんだって?
└────v────────
        │え、ああ…えっと、エルーのロケに
        │ついて逝ってただけだよ。
        │も、もちろんセンターエリア内だよ。
        └──────v─────────
│しばらくはセンターエリアから
│出ない方がいいな。
└────v────────
      __
   〜(___†__)        __
    lリl((゙"))∩      r   `、 .o0(この前ホーリタウンに逝った事か)
    ゝdi゚ー゚ノi l      〈(从从)〉 l
   ハ†/  ̄ ノ       リ、゚д゚|l)从
   /∪==ニ=〈       .⊂i|`i:´|i)
  '〜| | |        〈_ハ_,>
    (__)_)        し' J

585 :エピソード156 7/18:2007/03/19(月) 20:53:59 ID:Ff+/yOcK

│それとパパ部隊、センター警備隊は
│しばらく休暇は無しになった。
└────v───────────
          │…何か有ったの?
          └────v──────
│大した事は無いよ。
│大丈夫。
└────v─────
     __
  〜(___†__)         __
    lリl((゙"))        r   `、
    ゝdi゚ー゚ノi       〈(从从)〉 l
   ハ†_/ \)       リ、゚д゚|l)从
   /∪==ニ=〈       .⊂i|`i:´|i)
  '〜| | |        〈_ハ_,>
    (__)_)        し' J

586 :エピソード156 8/18:2007/03/19(月) 20:54:39 ID:Ff+/yOcK

          │…そうだ、今度大教会の
          │見学がしたいんだけど
          └────v──────
  人从人从人从人从人
<             >
< 駄目だ!       >
< ホーリタンは!   >
<             >
 ⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y
          │何があったの、教えて。
          └────v──────
     __
  〜(___†__)         __
    lリl((゙"))        r   `、
    ゝdi゚ ロ゚ノi       〈(从从)〉 l
   ハ†_/  ̄ニつ     .リ、゚ヮ ゚|l)从
   /∪==ニ=〈       .⊂i|`i:´|i)
  '〜| | |        〈_ハ_,>
    (__)_)        し' J

587 :エピソード156 9/18:2007/03/19(月) 20:55:20 ID:Ff+/yOcK

          │私、パパの事嫌いになりたく
          │ないの…
          └────v────────
│…何が起こっているのか
│パパも知らない。
│ホーリータウンの避難民を
│一人も入れるなとの命令だ。
└────v────────
     __
  〜(___†__)         __
    lリl((゙"))        r   `、
    ゝdi゚−゚ノi       〈(从从)〉 l
   ハ†_/ \)       リ、゚−゚|l)从
   /∪==ニ=〈        (i|`i:´|i)
  '〜| | |        〈_ハ_,>
    (__)_)        し' J

588 :エピソード156 10/18:2007/03/19(月) 20:56:08 ID:Ff+/yOcK

│大量の難民が押し寄せるなんて
│よほどの事があったのだろう…。
│パパだってこんな事はしたくないんだ。
│でも、センターエリアの住人をマイ達を
│守るのがパパの仕事なんだ…。
└────v───────────
          │ううん、パパごめんね…
          │大好きよ!
          └────v──────
    丶゙ヽY"'          _
    lリl((゙"))        r   `、
    ゝdi- -ノi       〈(从从)〉 l
   (/つ(__†__)      リ、゚−゚|l)从
   / 〉==ニ=〈        (i|`i:´|i)
  '〜| | |        .〈_ハ_,>
    (__)_)        .し' J

589 :エピソード156 11/18:2007/03/19(月) 20:56:46 ID:Ff+/yOcK

<センター 聖夜の部屋>

          │パパも、辛いんだと思いますぅ。
          └──────v───────
│避難民の中にはマイちゃんと
│同じ年頃の娘もいるでしょうし、
│「せめて子供だけでも」と頼まれたら、
│やるせないでしょう。
└────v───────────
                    __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!――――― リ、゚- ゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠i□と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

590 :エピソード156 12/18:2007/03/19(月) 20:57:31 ID:Ff+/yOcK

│先日のホーリタウンの住人、
│32人が回復、8人が脂肪しました。
│残りはまだ意識不明ですが、
│半数以上は助かるでしょう。
└────v───────────
              │良かった…。
              └───v──
                    __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!――――― リ、゚ヮ.゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠i□と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

591 :エピソード156 13/18:2007/03/19(月) 20:58:14 ID:Ff+/yOcK

│そのケーキどうですか?
└────v──────
           │美味しいです。
           │どこで買ったんですか?
           │あれ、お姉さまの分は?
           └─────v─────
│私はいりません。
│これは実験なので。
└────v──────
                    __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p- リ、゚ヮ.゚|l)从
    |\i  つ□    ∠iヨ=と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

592 :エピソード156 14/18:2007/03/19(月) 20:58:51 ID:Ff+/yOcK

           │じ、実験って…?
           └─────v─────
│ああ、安心なさい。
│ケーキ自体はアフロの新作です。
│モニターをやっているのです。
│私は、ニートではありません。
└────v──────────
                    __  ブー!!!
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p-≧゚ っ.゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠iヨ=イレ''  )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

593 :エピソード156 15/18:2007/03/19(月) 20:59:36 ID:Ff+/yOcK

│他にも、30分で特製ラーメン
│2杯食べたら500魔貨進呈とか。
│そういうバイトを。
└────v─────────
           │(それ、バイトになるんですか…?)
           │す、すごいですね。
           │じゃあ、実験というのは?
           └─────v─────────
│「誰もが幸せになれる世界」は
│本当に創れるか。
└────v────────
                    __  ???
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p- リ、゚ヮ.゚|l)从
    |\i  つ□    ∠iヨ=と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

594 :エピソード156 16/18:2007/03/19(月) 21:00:39 ID:Ff+/yOcK

               │え〜と…
               └──v───
│「ノモラカ・タノママ」この呪文
│どうやら、本当のようです。
└────v───────
               │???
               └──v───

                    __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p- リ、゚ヮ.゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠iヨ=と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

595 :エピソード156 17/18:2007/03/19(月) 21:01:44 ID:Ff+/yOcK

│少し危険ですが、私と一緒に
│モナ新宿に行ってくれませんか?
│あなたの人生と世界の命運の為に。
└────v───────────
               │世界の命運って…
               │私が…?
               └──v──────
│あなた「も」です。
│世界は一人の英雄が救う
│訳ではありません。
│そうであってはならないのです。
└────v─────────
                    __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p- リ、゚Д゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠iヨ=と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

596 :エピソード156 18/18:2007/03/19(月) 21:04:26 ID:Ff+/yOcK

           │ところで、呪文といえば、今学校で
           │「モホハツ・ジハパパ」って
           │いうのが流行ってるんですぅ。
           └─────v────────
│いい話でも台無しになりそうな
│呪文ですね。
└────v────────
     ∧
    (__)             __
    γ"⌒ ヽ'"        r===`、
   §ミ〃ノノ))       〈(从从)〉 l
    <人cリ゚ ‐ノ!―――□p- リ、゚ヮ.゚|l)从
    |\i  つ c□  .∠iヨ=と   )i
    |\|、  ,\    (└┘)   .\ノ_|
      .| ̄ |-' `┰―――――┰' .|
           ┃       .┃

エピソード157へ
ヤバイ。風邪ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。

597 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 00:23:37 ID:H3sU5zve
更新乙です

風邪ひいたんですか?
今年の風邪はマジヤバイですよ。
無理しないようにしてくださいね

598 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 00:58:04 ID:HOqEpNEM
乙であります

>モホハツ・ジハパパ
Ω ΩΩ<な、なんだってー!!

599 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 07:30:10 ID:wBcpDP+h
更新乙であります!

>モホハツ・ジハパパ
これはあかんやろwww

600 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 11:15:38 ID:Vv9zsPPb
乙ですよぉ〜!
リロイセン・シハラモ!



601 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 11:46:09 ID:virgf4re
シンシイタ・ンヘハペパ

602 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/20(火) 23:58:34 ID:E1Fg0VeB
乙です〜

ホーリタンハァハァ

603 :エピソード157 1/15:2007/03/21(水) 12:47:18 ID:wwZF7C2O

<モナ新宿_某所>

 ____
 || ̄ ̄ ̄||
 ||      ||    ∧_∧
 ||      ||□  ( ´∀`)
 ||.0     ||   (つ=#∩#
 ||      ||   | | |
 ||      ||   (__)_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

604 :エピソード157 2/15:2007/03/21(水) 12:48:08 ID:wwZF7C2O

          │扉を開けてちょうだい。
          └────v───────
│ダメダメ。
│いくらフッサールさんの娘さん
│だからって、この先はダメだよ。
│ん?そちらのヒトは…?
└────v─────────


                   __
          #       r===`、
   ∧_∧   #      〈(ハルヒ)〉 l    ∧_∧
  ( ´∀`)  #       リ、゚−゚|l)从   (´∀` )
  (    つ/       ⊂li市ilつ    ( η  つ ̄/
  | | |           0,l_ヾ>     |__ハ__|≡∋
  (__)_)           `J     (_(__)

605 :エピソード157 3/15:2007/03/21(水) 12:48:46 ID:wwZF7C2O

 スッツ!

     ∧_∧ ミ
    ( ´∀`)   ごきゅ
    ( <⌒⊂ ミ
      <         グハッ!
      (    つヽ#
      | | |   #
      (__)_)   #

606 :エピソード157 4/15:2007/03/21(水) 12:49:22 ID:wwZF7C2O

     │パスコードは何番ですカ?
     └────v───────
              │8931831、白菜野菜。
              └───v───────


 ____
 || ̄ ̄ ̄||              __
 ||      ||             r===`、
 ||      ||□  ∧_∧    .〈(ハルヒ)〉 l
 ||.0     ||   ( ´∀`)    リ、゚- ゚|l)从
 ||      ||   ( η  つ ̄/  (li市il)
 ||      ||    |__ハ__|≡∋  〈_l_ヾ>
  ̄ ̄ ̄ ̄   (_(__)     ヒヒ!

     ⊂ ´⌒つ。 A 。)つ=###
          ∨ ̄∨

607 :エピソード157 5/15:2007/03/21(水) 12:50:01 ID:wwZF7C2O

        │いいですカ。
        │幸せになりたかったラ、他人を蹴落としなさイ。
        │全てのヒトが幸せになれる世界なんてありえないのでス!
        │一つの饅頭は一人しか食べれませン。
        │他のヒトが食べたラ、あなたは食べれませン。
        │食べたけれバ、他人を蹴落として先に食べるのでス!
        └────────v───────────────

     l]]]]]]]]]][]
    ._______
    |       |       |
    |       |       |                 __
    |       |       | _              r===`、
    |       |       | |iヨ|    ∧_∧    .〈(ハルヒ)〉 l
    |       |       | |iヨ|   .(´∀` )    リ、゚- ゚|l)从
    |       |       |  ̄    ( η  つ ̄/  (li市il)
    |       |       |      |__ハ__|≡∋  〈_l_ヾ>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   (_(__)     ヒヒ!

608 :エピソード157 6/15:2007/03/21(水) 12:50:43 ID:wwZF7C2O

     []]]]]]]]]]]
    ._______
    |       |       |
    |       |       |
    |       |       | _ チーーーーン!
    |       |       | |iヨ|
    |       |       | |iヨ|
    |       |       |  ̄
    |       |       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

609 :エピソード157 7/15:2007/03/21(水) 12:52:13 ID:wwZF7C2O

        ガガガガ…
                      __
                      ||  J
                     ___#ロ|
              __#__#   |ロロロロ|
              |LLL|  |ロロロロ|     △△△   あれが、「第参真2ちゃんねる」ですカ。
              |LLL|       △
          △            ;;;;;~~",'´  ̄ '、''' ∧_∧"~"''''~'';;;;;~"''''~::;;
                 ;;"''''~~"''''"~"''''~l     .l  (    )      ''''"~"'''''"~"",,,;;
             ;;"''''~          从从从从  (    )          "~"'  ::::;,,,;;
           ;;;;''''"~    "~"'       (li l il)   | | |              ""'"~"
         ´ゞ::~,,,     "~"'        .〈_l__l_〉   (__)_)               ~ "'"~";:;
      〃;;~~::::,,  "~"''            ヒヒ!              "~"'        ″::::;,,,;;ヾ
     ´;;;^;;~;~;;;;"  "~"'       "~"'                          "~"'' ; ~;;~"~;;;ヽ
   ´,~~~"

610 :エピソード157 8/15:2007/03/21(水) 12:52:51 ID:wwZF7C2O

  │地下世界のさらに地下ニ、誰も知らない
  │町を造っテ、生き延びるつもりですカ。
  │ククク…
  └──────v──────────────
                     __
                    r===`、
           ∧_∧    .〈(ハルヒ)〉 l
          (´∀` )    リ、゚- ゚|l)从
          ( η  つ ̄/  (li市il)
           |__ハ__|≡∋  〈_l_ヾ>
          (_(__)     ヒヒ!

611 :エピソード157 9/15:2007/03/21(水) 12:53:28 ID:wwZF7C2O

  │でも残念でス。
  │私に見付かったのガ、運の尽きでス。
  │ククク…
  └──────v──────────────
                     __
        サバト!       r===`、
           ∧_∧    .〈(ハルヒ)〉 l
        从 (´∀` )    リ、゚- ゚|l)从
      Σ  ⊂ η  つ ̄/  (li市il)
        W  .|__ハ__|≡∋  〈_l_ヾ>
          (_(__)     ヒヒ!

612 :エピソード157 10/15:2007/03/21(水) 12:54:07 ID:wwZF7C2O

<第参真2ちゃんねる_臨時管制室>

      .'⌒⌒丶
カタカタ  (从 从 i      (( (V) )) カタカタ
      パ- ゚< ./     (ロ_ロ__)
    _| ̄ ̄||_)_ _| ̄ ̄||_ )._
  /旦|――||// /旦|――||/./ /|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
  |_____|三||_____|三|/

613 :エピソード157 11/15:2007/03/21(水) 12:54:52 ID:wwZF7C2O

 │そっちの調子どうだ?
 └────v───────
          │大体は、これで一応結界が
          │張れるな。
          └─────v──────
 │町全体を覆う結界なんて…
 │町全体に対する攻撃が
 │あるのかな?
 └────v────────
          │さあな、外部からの侵入を防ぐ為って事だが、
          │ヴァルハラの事を考えれば、無いとは言えない。
          └─────v───────────────

      .'⌒⌒丶
     ′从 从)     (( (V) ))
     ヽゝ゚ -゚ν     (ロ_ロ__)
    _| ̄ ̄||_)_ _| ̄ ̄||_ )._
  /旦|――||// /旦|――||/./ /|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
  |_____|三||_____|三|/

614 :エピソード157 12/15:2007/03/21(水) 12:55:35 ID:wwZF7C2O

 │お弁当持って来たよ。
 │今日は、妖精の女王様の手作りだって。
 └────v────────────

      ハ_ハ
    〜(___†__)
     ( ´∀`)
     ハ†/  ̄つ
     ∪==ニ=〈∩
     | | | .□
     (__)_)

615 :エピソード157 13/15:2007/03/21(水) 12:56:13 ID:wwZF7C2O

        │やった、ラッキー!
        └────v─────
                │妖精の料理なんで心配してたが、
                │意外と美味いんだよな。
                └────v──────────
 │うん、材料の事さえ考えなければね。
 │あと作ってる所も見なければ…。
 └────v────────────

      ハ_ハ    ..'⌒⌒丶
    〜(___†__)  (从 从 i    (( (V) ))
     ( ´∀`)   パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)
     ハ†/  ̄つ ⊂ ̄ \†ヽ   (/ \†ヽ
     ∪==ニ=〈∩ .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ
     | | | .□ | | |〜'   | | |〜'
     (__)_)   (_(__)   .(_(__)

616 :エピソード157 14/15:2007/03/21(水) 12:56:49 ID:wwZF7C2O

    人从人从人从人从人从人从人从人从人
  <                         >
  < 緊急事態発生!             >
  < 第参真2ちゃんねる内に悪魔侵入!  >
  <                         >
   ⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒YY⌒Y⌒

617 :エピソード157 15/15:2007/03/21(水) 12:57:24 ID:wwZF7C2O

│オレ達も逝くぞ!
└────v────
           │ああ!
           └──v──
                          │待ってよ〜〜。
                          └───v────
      .'⌒⌒丶                     ハ_ハ
     (从 从 i    (( (V) ))            (__†___r〜
     パ- ゚< ./    (ロ_ロ__)           .(´∀` )
     (/ \†ヽ   (/ \†ヽ          ⊂ ̄ \†ヽ
     .〉=ニ==∪ヽ   〉=ニ==∪ヽ           〉=ニ==∪ヽ
      Y  人〜'   〈 〈 \〜'           | | |∩'
     (__)__)    (__)_)           (_(__□

エピソード158へ

>>600-601
どかーん!
(⌒⌒⌒)
 || おこったぞう         _____
                      .|◎#|
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        ⊂[  y  ]⊃
| ・ U      |  _/\_ ‖ |====| ‖
| |ι        |つ\<0>#./ ○〈=∧=〉○
U||  ̄ ̄ ||   |/\|  大 U .U 大
   ̄      ̄

618 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/21(水) 14:06:49 ID:7AMIavqh
更新乙であります!

619 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/21(水) 14:51:22 ID:VQATgrgH
更新乙であります
おこったぞうには癒されるぜぇ

620 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/21(水) 17:49:40 ID:mbDTqlk7
更新乙です!

>おこったぞう
そうですか、下半身の象さんが怒張してるわけですね  ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

621 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/21(水) 19:51:52 ID:j8oSYyhJ
スッツ!ってなんだスッツ!って

622 :名無しさん@├\├\廾□`/:2007/03/21(水) 21:31:38 ID:E4p+Ttg9
そういえば第三新東京ってミレニアムっぽい建造物あったよね

408 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)